米の香り、米の味 小原酒造「蔵粋一番しぼり 純米生貯蔵」

福島県喜多方市、小原酒造の「蔵粋一番しぼり 純米生貯蔵 一番火入」を紹介します。

蔵元:小原酒造(喜多方市)
蔵粋一番しぼり 純米生貯蔵 一番火入
麹米:国産米「山田錦」
掛米:国産米「山田錦」
アルコール度数:17%
精米歩合:60%
日本酒度:+2
酸度:1.8
アミノ酸度:1.6
obara-junmai01.jpg
購入先:ヨークベニマル猪苗代店(猪苗代町)
販売価格:720ml 1375円
感想:米の香り、米の味。
やや酸味あり。
とろっとして濃い味。
魚料理に合う。

小原酒造は、1717年(享保二年)創業で、10代目蔵元の小原公助氏は独身時代、警察に勤務していました。
その後、養子として小原酒造に入り、その2年後に蔵元を継ぎました。
先代から受け継いだものは酒の造り方ではなく、「お客様に喜んで頂ける酒を造りなさい」という言葉でした。
この蔵で最も特徴的なのは仕込みの際、醪にモーツァルトの曲を聴かせることです。
小原氏は「30歳を過ぎてから何も知らずに酒造りの世界に入ってきましたし、教科書通りの酒造りをする必要はない」といいます。
その考え方が間違っていなかった証拠に、連続で金賞受賞を果たしています。
そして、純米しか造らない蔵になりました。
あえて純米に固執したのではなく、毎年毎年醸造アルコール添加を減らしていったところ、ついには入れる必要がなくなったからです。

純米酒のブランドは、「蔵粋」(クラシック)で、聴かせる曲を変え、マエストロや、アマデウスなどの名前を付けて、多くの種類の酒を造っています。

今回の「純米生貯蔵 一番火入」は、聴かせている曲/ピアノ協奏曲第20番、ピアノ協奏曲第27番。
もろみを搾ったあとに火入れをして0度貯蔵。
瓶詰め時は火入れをせず出荷。
・・・という酒です。

小原酒造の酒は、こちらで売っています↓


よかったらこちらをクリック

日本酒ランキング

福島県ランキング
プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

ランキング参加中
応援おねがいします
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
最新コメント
リンク
QRコード
QR