古の伝統に心をこめて「野沢民芸 会津の張り子」

福島県西会津町、野沢民芸の張り子を紹介します。
nozawamingei01.jpg
西会津町にある野沢民芸では、会津張り子の伝統を絶やすことなく作り続けています。
会津張り子人形の歴史は古く、豊臣秀吉の時代まで遡ります。
豊臣秀吉に仕えていた蒲生氏郷が会津の領主として国替を命じられた際、下級武士たちの糧になるようにと京都から人形師を招き、殖産復興を図ったのが会津張り子の由来と言われています。
以来400年もの間作り続けられてきた歴史は、東北最古と言われています。
nozawamingei02.jpg

現在、会津地方のみやげ店などで売られている張り子で有名なのは、赤べこです。
items_akabeko.jpg
大小いろいろあり、赤くない赤べこや、飾りが付いた物もあります。

起き上がり小坊師は、毎年、会津若松市の初市「十日市」で売られ、家族の人数分+1個を求めて神棚に飾ることで、一年の家内安全を祈願します。
items_koboshi.jpg
この写真は、野沢民芸で作っている起き上がり小坊師です。
線の描き方が不ぞろいですが、これが本物、手作りです。
目や口の線が、きっちりきれいに描いてある物は、輸入品です。
手作りの会津張り子を買いたい人は、要注意です。

今回、見つけたのは、来年の干支、ねずみの張り子です。
nozawamingei01.jpg
高さ7cm、しっかりした箱に入っています。
形は、起き上がり小坊師と同じです。
nozawamingei03.jpg
背中側には、長いしっぽがあります。
そして、手作り本物の証明は、
nozawamingei04.jpg
裏にある製品番号です。
野沢民芸の、丁寧な仕事ぶりです。

会津の張り子で、もう一つ有名なのは、会津天神です。
items_aizutenjin.jpg
四百年余りの昔、時の会津藩主、蒲生氏郷公が京都より人形師を招き、数々の郷土玩具を造らせ庶民の殖産振興を計りしことにより発祥したとされています。
中でも学問・書道の神として振興させる菅原道真公を祀った人形「会津天神」はその顔つきの温和と上品さ、そして愛らしく素朴な感じは、各地の天神人形の中でも屈指のものとして広く知られています。
nozawamingei05.jpg
野沢地区の鳥追観音にも、りっぱな会津天神がありました。
観音様の前に、天神様?
という状態ですが、野沢民芸の会津張り子として、赤べこや、起き上がり小坊師といっしょに奉納されているのでしょう。

会津張り子を作っているのは、野沢民芸と、会津若松市の山田民芸の2店です。
会津のおみやげに、どうですか。
よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

大きな目がかわいい「中ノ沢系こけし」

福島県猪苗代町で作っている「中ノ沢系こけし」を紹介します。
takobouzu01.jpg
中ノ沢系こけしは、大正11年(1922年)に、中ノ沢温泉街に住み着いた木地師岩本善吉が考案し、多くの弟子の手で発展したものです。
中ノ沢温泉は、福島県の安達太良山の西側、猪苗代町内にあります。
takobouzu02.jpg
平成30年7月に、中ノ沢系こけしの呼称が認められ、今年、独立1周年を記念して、猪苗代町図書館で、こけし展が開催されることになりました。

takobouzu03.jpg
大正時代に始まった中ノ沢のこけしは、福島県土湯温泉に近いことから、土湯系亜流とされていました。
構造は、宮城県遠刈田系に近いとされながらも、デザインは、オリジナルであることから、中ノ沢こけし工人で組織する「たこ坊主会」は、独立呼称を訴え、平成30年に認められました。
takobouzu04.jpg

中ノ沢こけしの特徴は、
takobouzu11.jpg
見開いた大きな目
大きな団子鼻
胴の割りに大きな頭
大きな桜やボタンの花の柄
ということで、愛称が「たこ坊主」です。

現在、たこ坊主会の会員は、初代の岩本善吉からつながりのある3人です。
takobouzu05.jpg
工人によって、こけしに微妙な違いがあります。
takobouzu06.jpg
やさしい目です。
takobouzu15.jpg

takobouzu07.jpg
目がぱっちりしています。
takobouzu16.jpg

takobouzu08.jpg
あごが、ちょっと細い。
takobouzu17.jpg

今回は、たくさんのこけしが展示されています。
takobouzu09.jpg
顔や形は、違いますが、どれも、愛嬌があってかわいいです。
takobouzu10.jpg
夫婦でしょうか、ペアのものもあります。
takobouzu12.jpg
胴の絵も、いろいろです。

takobouzu18.jpg
猪苗代町図書館の中に、歴史情報室があります。
ふだんは、猪苗代町内の歴史資料を展示しています。
今回は、特別展ということで、中ノ沢こけしがたくさん展示されていて、さらに、イベントも開催されます。
takobouzu14.jpg
こけしの絵付けや、おめんの絵付けができます。
ろくろや、こけし作りの道具も展示されています。
takobouzu13.jpg
たくさんの中ノ沢こけしを展示しているところは、ないので、今回の展示会は、貴重な機会だと思います。
8月25日まで開催中の中ノ沢こけし展に行ってみませんか。
猪苗代でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

会津美里町特産品「あいづじげん」グッズが当たった

会津のひなめぐりスタンプラリーで、会津美里町特産品が当たりました。
syouhin-misato01.jpg 
3月初めに、福島県会津地方6市町村で、ひな人形めぐりをしました。
syouhin-misato02.jpg 
6か所全部でスタンプを押して、スタンプラリーに応募しました。
syouhin-misato03.jpg 
発表は、発送をもって・・・で、待っていたところ、賞品が配達されました。
syouhin-misato04.jpg 
149名の応募で、30名に当たったようで、5倍の確率をみごとに、クリアしました。

賞品は、会津美里町の特産品詰め合わせです。
①「あいづじげん」のピンバッジと、キーホルダー(根付け)
syouhin-misato05.jpg 
あいづじげんは、合併五周年を迎える会津美里町の創生をイメージし、「卵」を図案化したものです。
卵から何かが出てくるような姿は、新しい町になって五年目で芽(め)が出てきて、さらに数年後には芽が育っていくようなワクワク感、そういった希望・期待を象徴しています。
ということで、あいづじげんは、かわいいです。

②えごまドレッシング
syouhin-misato06.jpg 
会津美里町で作っているドレッシングです。
えごまの香りがおいしいです。

③コシヒカリ 2合
syouhin-misato07.jpg 
会津美里町は、会津盆地のこめどころです。
コシヒカリは、もちもちしていておいしいです。

④手袋
syouhin-misato08.jpg 
あいづじげんがかわいいです。
軍手のつくりですが、3色の組み合わせがかわいいです。

⑤バッグとうちわ
syouhin-misato09.jpg 
これも、あいづじげんがかわいくデザインされています。

きれいなひな人形を見て、特産品をもらって、満足です。
狭い範囲のスタンプラリーは、当たりやすいです。
応募してみることをおすすめします。
会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング
プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
リンク
QRコード
QR