さらっと雪化粧した土津神社に初詣

新年 明けましておめでとうございます
本年も、新会津人のブログをよろしくお願いします。

福島県猪苗代町、土津神社に初詣に行ってきました。
hanitujinjahatu01.jpg
土津神社(はにつじんじゃ)は、会津藩祖・保科正之(ほしなまさゆき)を祀る神社です。
保科様が好きな人ばかりでなく、桜やもみじなど、観光目的で参拝する人も多い神社です。

令和2年元日の初詣は、土津神社へと決めていて、午前10時頃に行きました。
hanitujinjahatu02.jpg
昨夜から今朝にかけて、強風に乗って、雪が舞いました。
日中は、風が弱まり、日が差す天気になりました。
参道の向こうには、猪苗代湖が見えます。
hanitujinjahatu04.jpg
白い鳥居をくぐって、階段を上ると、社務所があります。
積雪というほどの雪の量ではなく、さらっと雪化粧した感じです。
hanitujinjahatu03.jpg
さらに階段を上ると、拝殿の前です。
hanitujinjahatu05.jpg
拝殿は、シートで覆われています。
これは、雪囲いで、風や雪が、中に入らないようにする物です。
会津地方では、ほとんどの神社が、雪囲いを付けています。
シートにも葵の紋があるのが、土津神社らしいところです。

中に入って、二礼二拍手。
hanitujinjahatu06.jpg
賽銭箱には、めでたいが、置いてあります。
hanitujinjahatu07.jpg
拝殿の中には、祈祷の準備がしてあります。

御朱印をお願いしました。
正月は、参拝客が多いので、御朱印帳ではなく別紙に書いたものをいただきました。
初穂料500円です。
hanitujinjahatu10.jpg
参拝者へということで、
御神酒、するめ、お菓子をいただきました。
hanitujinjahatu08.jpg
縁起物をいただいて、うれしいです。

外の日差しは、やわらかく、灯ろうの雪は、解けています。
hanitujinjahatu09.jpg
結びつけられている、おみくじの束が、参拝客が多いことを物語っています。

降った雪は、わずかなので、猪苗代スキー場や、リステル猪苗代は、オープンしないまま年が明けました。
穏やかな正月とも言えますが、雪がほしいな、とも言えます。
天気は、思い通りになりません。

よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

磐梯まつりで火の祭典「磐椅神社」

福島県猪苗代町の磐椅神社(いわはしじんじゃ)を紹介します。
iwahasijinja31.jpg
猪苗代町内の北の方、土津神社の近くに、磐椅神社があります。
iwahasijinja32.jpg
磐椅神社の歴史は古く、始まりは、1500年以上前とも言われています。
神社の歴史は、以前紹介しました。

7月27日に、猪苗代町内で磐梯まつりが行われ、磐椅神社では、火の祭典の神事が行われました。
ふだんは、拝殿や社務所が閉まっていますが、この日は、開いていたので、参拝しました。
iwahasijinja36.jpg
まず、宝の水で、清めます。
iwahasijinja33.jpg
この水は、境内の地下からの湧水です。
iwahasijinja34.jpg
水量は毎分20㍑で、水温は10度弱程度。
夏は冷たく冬は温かくまろやかな飲み口です。

鳥居の前の杉の大木は、樹齢800年と言われています。
iwahasijinja35.jpg
鳥居杉の中ほど二股別れの所に、山桜の寄生木が昭和40年ごろに発見され、毎年花を咲かせます。

木造のりっぱな拝殿です。
iwahasijinja37.jpg
幕やしめ縄がはってあります。
iwahasijinja38.jpg
龍の彫刻がみごとです。
iwahasijinja39.jpg
拝殿の中は、奉納された物がたくさんあります。
iwahasijinja41.jpg
たくさんある額は、三十六歌仙の歌です。
iwahasijinja40.jpg
江戸時代のもので、文化的価値が高いということです。
iwahasijinja42.jpg

社務所が開いていて、火の祭典の準備をしていました。
iwahasijinja43.jpg
御朱印をいただきました。
iwahasijinja46.jpg

鳥居の前には、モミジもあります。
iwahasijinja44.jpg
春は、大鹿桜が、きれいに咲いています。
秋の紅葉もきれいだと思います。
紅葉の季節に、また行ってみたいところです。
猪苗代でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

会津藩祖保科正之が信仰した会津磐梯山の大神「磐椅神社」

福島県猪苗代町の磐椅神社(いわはしじんじゃ)を紹介します。
iwahasijinja01.jpg 
猪苗代町内の北の方、土津神社の近くに、磐椅神社があります。
iwahasijinja03.jpg 
磐椅神社の歴史は古く、始まりは、1500年以上前とも言われています。
10世紀には、全国の格式ある神社の一覧「延喜式神名帳」に耶麻郡一座としてあり、信仰を集めました。
iwahasijinja02.jpg 
磐椅神社を信仰したのは、会津藩初代藩主の保科正之です。
正之は、神道に深い関心を寄せ、神社の保護に力を注ぎました。
万治2年(1659年)、猪苗代湖畔が一望できる磐梯山のふもと見弥山にある磐椅神社に参詣して神事を行います。
正之は、「我死せば磐椅神社の末社となりて永く奉仕せん」との遺言状を残し、末社として、西側に土津大明神(土津神社)が造営されました。正之は、土津神社の奥の院の廟に眠っています。
iwahasijinja04.jpg 
拝殿の奥には、本殿があります。
iwahasijinja05.jpg 
拝殿の中には、三十六歌仙の絵画があります。
iwahasijinja06.jpg 
ふだんは、戸が閉まっていて、見られません。
iwahasijinja07.jpg 
社務所がありますが、参拝者が少ないときは、閉まっています。
iwahasijinja08.jpg 
5月1日は、社務所が開いていて、御朱印をいただきました。
iwahasijinja09.jpg 

鳥居のそばに、大きな杉の木があります。
iwahasijinja10.jpg 
樹齢800年ぐらいとされていて、太くて高い大木です。
iwahasijinja11.jpg 
この鳥居杉の上の方に、山桜が寄生しています。
昭和40年頃に発見されたもので、杉に桜が縁を結んだということで、「えんむすび桜」と命名されています。
5月1日には、満開でした。
iwahasijinja12.jpg 

5月7日、会津で一番遅く咲く「大鹿桜」を見に行きました。
iwahasijinja14.jpg 
花がピンクになりかかっていて、見頃でした。
iwahasijinja15.jpg 
サトザクラの一品種で、樹齢1000年ともいわれる古い桜です。
「会津の五桜」の一つになっています。
iwahasijinja16.jpg 
開花時は、白色で、その後、ピンク色に変わり、最後は、鹿の色に似ることから「大鹿桜」と呼ばれています。
iwahasijinja17.jpg 
花の中心めしべが変化して、葉が生じ、花びらは、70枚以上になる珍しい花です。
iwahasijinja18.jpg 
もうすぐ満開でしたが、この後も長く咲き続けるようで、「翁桜」と呼ばれます。
iwahasijinja19.jpg 

鳥居の近くにも、満開の桜がありました。
iwahasijinja13.jpg 
会津で最も遅く咲く大鹿桜は、磐椅神社の境内にひっそりと咲いていました。
土津神社と一緒に、参拝してみませんか。
猪苗代でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

よかったらこちらをクリック
プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
リンク
QRコード
QR