豊作や家内安全を願う「会津彼岸獅子」

2019年3月21日
福島県会津若松市内で、獅子舞が行われました。
higanjisi01.jpg 
長い冬に終わりを告げ、春の彼岸入りとともに、獅子舞が街にやってきます。
三体の獅子が笛と太鼓の音色に合わせ、古式ゆかしい舞を見せながら会津の各地を練り歩きます。
春分の日の最初に演じられる鶴ヶ城に行ってみました。
higanjisi02.jpg 
会津に獅子舞が伝来したのは、寛永年間(1624~1645年)に下野国(栃木県)から「三匹獅子」として伝わったようです。
春の彼岸に舞われる獅子舞を「彼岸獅子」と呼ぶようになりました。疫病が流行したときに、疫病を退散させるために寺社に獅子舞を奉納したのが、春彼岸だったと伝えられています。
獅子団の構成は、獅子3体、小僧1人、弓持1人、棒持1人、笛吹3人、小太鼓3人の計12人です。
higanjisi03.jpg 
鶴ヶ城本丸では、3月21日10:30から、3曲が演じられました。
初めは、3体の獅子が舞います。

天寧獅子保存会のみなさんの獅子舞です。
higanjisi04.jpg 
1曲の時間が、けっこう長く、演じるのが大変そうです。
higanjisi05.jpg 

2曲目は、小僧とのからみがあります。
higanjisi06.jpg 
曲も、舞も、同じパターンの繰り返しではなく、ストーリーがあるようです。
higanjisi07.jpg 
舞う人の息が合っています。


3曲目は、弓とのかかわりがあります。
higanjisi08.jpg 
棒や太鼓の小道具も使っています。
higanjisi09.jpg 

150年前の戊辰戦争(会津戦争)の際、鶴ヶ城が新政府軍に包囲されて、城に戻れなくなった家老・山川大蔵が、小松地区の獅子団と一緒に、お囃子を演奏することで、敵の目をごまかし、入場したと言われています。

彼岸獅子の公演は、3月21日と、3月23日に会津若松市内の店舗や駐車場で行われるほか、喜多方市内や、猪苗代町、磐梯町などでも行われます。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

知恵の菩薩「会津美里町 高田文殊大祭」

2019年2月25日
会津美里町の護国山文殊院清龍寺で、文殊大祭が行われました。
monju01.jpg 
毎年2月25日に、大祭が行われるということで、どんな雰囲気か行ってみました。
午前10時ごろに着きましたが、参拝者は、少なかったです。
monju02.jpg 
護国山文殊院 清龍寺は、地元の人々から「お文殊様」と親しまれ、日本三大文殊のひとつ「筆の文殊」ともいわれています。
monju03.jpg 
午後になると、受験生や親子連れでにぎわうようですが、午前中は、まだ混雑していませんでした。
ここの文殊菩薩は、古い時代からいろいろあったようです。
monju05.jpg 
たくさんの絵馬が奉納されていました。
親がやれることは、「神頼み」でしょうか。
午前中の参拝者は、「孫のために・・・」という感じの人が多かったです。
monju04.jpg 

お寺の入口に、長い行列ができていました。
絵馬の奉納か、と思ったら、違いました。
monju07.jpg 
テントではなく、常設の建物で売っているのは、「合格きんつば」です。
「きんつば」といえば、あんこを固めたお菓子?と思いますが、ここの「きんつば」は、大判焼き(今川焼き)です。
monju08.jpg 
1個100円ですが、並んでいるみなさんは、10個買う人が多いようで、作る速さが追いつかなくて、長い行列になっているようです。
monju09.jpg 
なぜ、10個かというと、おまけの鉛筆がもらえるからです。
興味がありましたが、並ぶ時間がかなりかかりそうなので、買うのは、やめました。
monju10.jpg 
お祭りじゃないときに、行って買いたいです。

お寺の前の道路は、交通規制になっていて、たくさんの出店があり、お祭りのにぎやかな雰囲気でした。
monju06.jpg 

ここから、商店街の方に歩いて行くと、「高田インフォメーションセンター門前横丁 美里蔵」があります。
先日、本郷焼のおひな様を見ました。
monju14.jpg 

この日は、文殊大祭のイベントとして、お楽しみ抽選会100円をやっていました。
monju11.jpg 
折り紙に番号が書いてある素朴なくじです。
気合いを入れて、青い紙を取ったら、
monju12.jpg 
カラン、カラン、カラン、大当たり!
美里蔵の隣の「ピーターパン」の「ピザ1枚」が当たりました。
さっそく、注文しに行ったら、店頭価格780円でした。
Sサイズにしては、大きいミックスピザをおいしくいただきました。
monju13.jpg 
ピーターパンについては、近いうちに詳しく紹介します。

お祭りは、楽しいです。
これから行われる各地の春祭りに行ってみたいです。
会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

楽天カードは、いいですよ↓
よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

会津伝統の火祭り 猪苗代の「歳の神」

福島県の会津地方では、1月15日前後に、各地で火祭りが行われます。
1月15日、猪苗代町東部地区の「歳の神」に行ってきました。
sainokami01.jpg 
「歳の神」は、無病息災を願う会津伝統の火祭りです。
昔は、各地区で行われていたようですが、今は、各地区の正月飾りを回収し、火を燃やせる場所に集めて燃やしています。
猪苗代町の東部地区は、リステル猪苗代の広場で行われます。
sainokami02.jpg 
正月飾りや、しめ縄を燃やすのですが、その量はあまり多くないです。
しめ縄を飾っている家が少ないように感じます。
午後1時に回収した飾りで山を作り、そのまわりにわらを置いて、小山のような形にします。
sainokami03.jpg 

午後6時30分に、点火の儀式が始まります。
神主さんのご祈祷があって、
sainokami04.jpg 
玉串奉天の後、代表の人たちが点火します。
sainokami05.jpg 
丸太の骨組みのまわりに、わらなので、はじめは、勢いよく燃えます。


火を囲む参加者に、餅が配られます。
sainokami06.jpg 
2mぐらいの竹の先に、餅がささっています。
つきたてなので、そのままでも食べられますが、御利益があるように、火であぶります。

火の勢いが強くて、火に近づけないので、餅を焼くのはたいへんです。
sainokami07.jpg 

甘酒と、御神酒のおふるまいがあります。
sainokami08.jpg 
御神酒は、飲む人が少なく、おかわり自由でしたので、2杯いただきました。
sainokami09.jpg 

リステル猪苗代まで来る人は、少ないようで、あまりにぎやかではなかったです。
正月飾りを燃やすということは、必要なことなので、絶やしたくない行事です。
会場は、ここです↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

福島県ランキング