空から眺める福島 磐梯吾妻スカイライン

吾妻連峰を縫うように走る、磐梯吾妻スカイラインのビューポイントを紹介します。
sukairain01.jpg
福島県福島市、高湯温泉と土湯峠を結ぶ、全長約29km、最高標高1622mの山岳観光道路です。
吾妻連峰を縫うように走る、まさに“空を走る道”です。
眼下には福島の街並みが広がり、作家井上靖氏が命名した「吾妻八景」に代表される景勝地が続きます。

高湯温泉を過ぎたところに、スカイラインの入口があります。
sukairain02.jpg
昨年から冬期間をはさみ、噴火警戒のため、通行止めでした。
2019年6月17日(月)11:00に、吾妻山の噴火警戒レベルが「1」に引き下げられました。
開通後も、夜間通行止めの規制は続いています。
sukairain20.png
東北地方の山岳観光有料道路の草分けとして1959年(昭和34年)11月に開通しました。
料金徴収期間の満了に伴い、2013年(平成25年)7月25日から恒久的に無料開放になっています。

作家の井上靖氏が名付けた「吾妻八景」を順に紹介します。
「つばくろ谷」
sukairain03.jpg
つばくろ谷は、紅葉の名所として知られており、つばくろ谷に架かる長さ170m、高さ84mの不動沢橋からは福島市街地を一望できます。
sukairain05.jpg
現在の不動沢橋は、2000年に架けられた2代目の橋です。
sukairain04.jpg
初代の橋は、外されて、行き止まりになった道路が、駐車場になっています。

スカイラインの標柱
sukairain06.jpg
福島市内が一望できます。
sukairain07.jpg
市街地の真ん中にあるのが、信夫山です。

「天狗の庭」
sukairain08.jpg
昔、天狗が岩を跳んで遊んだという伝説から名付けられました。
sukairain09.jpg
吾妻小富士の稜線がきれいに見えます。
ここから浄土平までは、火山ガスが出ている場所なので、駐停車しないようにという注意書きがあります。

「浄土平」
sukairain10.jpg
一切経山や、吾妻小富士が近いです。
湿原散策もできます。
ただし、有料駐車場500円です。
スカイラインの、ほぼ中間地点です。
ここから土湯峠(箕輪スキー場)まで、下ります。

道路最高点 1622m
sukairain11.jpg
真夏でも涼しいです。

「双竜の辻」
sukairain12.jpg
右に磐梯山、左に安達太良山の雄大な景色を望むスポット。
二つの山が、首をもたげて向かい合う二匹の竜のように見えることから名付けられました。
sukairain13.jpg

「湖見峠」うみみとうげ
sukairain14.jpg
磐梯山を囲むように位置する猪苗代湖、秋元湖、小野川湖、桧原湖の四つの湖を遠望できるスポット。
sukairain15.jpg
猪苗代湖は、かすんでいて見えません。

「天風境」てんぷうきょう
sukairain16.jpg
山肌を覆う木々の間から幕滝が覗き、夏は緑、秋は黄色や赤の鮮やかな色の間に流れ落ちる滝の白色のコントラストが楽しめるスポット。
sukairain17.jpg
滝は、見えるけど、ちょっと遠いです。

「国見台」
sukairain18.jpg
遠くに会津盆地を望むことができます。
名付け親の井上靖氏が、この場所で沈む夕日の美しさを称えた絶景スポット。
sukairain19.jpg

活火山の吾妻山は、噴火の兆候が時々あります。
噴火警戒レベルが上がると、スカイラインは、通行止めになります。
今のうちに通ってみることをおすすめします。
福島市内とは、標高差が1200m以上あり、気温は、10度ぐらい違います。
避暑には、とてもいい場所です。
また、10月から始まる紅葉もきれいです。
福島へ、スカイラインへ行ってみよう。
猪苗代でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

猛暑日は、涼しい天空の浄土平へ

福島県福島市、スカイラインを上って、浄土平に行ってきました。
joudodaira01.jpg
8月8日、福島市内の気温は、35度でした。
噴火警戒の通行止めが解除になった、磐梯吾妻スカイラインを上って行きます。
標高が上がるにつれて、気温は下がっていきます。
1時間ほどで、標高1600mの浄土平に着きました。
気温は、24度です。
その差、約10度。
天空の浄土平は、涼しいです。

スカイラインは、無料通行の道路になりましたが、浄土平駐車場は、有料で500円です。
「レストハウスは開いてません」と言われました。
噴火警戒のため、準備ができないようです。
ただし、8月のお盆中は、売店など、一部営業するようです。
浄土平ビジターセンターに行きました。
joudodaira02.jpg
吾妻山や浄土平の説明があります。
joudodaira03.jpg
じっくり見れば、勉強になりそうです。
雲行きが怪しいので、早々に外に出ました。

湿原散策路を歩きます。
joudodaira04.jpg
一切経山には、雲がかかっていて、上の方は見えません。
joudodaira05.jpg
幅広い木道があって、歩きやすいです。
1周するコースがありますが、雲が迫ってきたので、途中で引き返しました。
joudodaira07.jpg
吾妻小富士の方にも歩いて行けますが、行きませんでした。
joudodaira06.jpg

湿原には、高山植物がいろいろあります。
今は、夏の花が咲いています。
イワオトギリ
joudodaira08.jpg
黄色い花が鮮やかです。

ゴマナ
joudodaira09.jpg
真ん中が黄色で、周りが白い花びらです。

ヤマハハコ
joudodaira10.jpg
白い小さい花が集まっています。

この湿原で、最近、盗掘騒ぎがありました。
山の植物は、その環境を含めて、きれいに見えるものです。
とるのは、写真だけにしたいですね。
リンドウなどの秋の花の季節には、まだ早いようです。
よかったらこちらをクリック

動物園・水族館・植物園ランキング

福島県ランキング

大物ニジマスは、刺身で「渓流つり堀ぼん天」

福島県猪苗代町、「渓流つり堀ぼん天」を紹介します。
bonten01.jpg
猪苗代町には、いくつかの釣り堀があります。
釣り放題では、釣果がよくなかったので、ぼん天に行ってみました。

7月15日、渓流つり堀ぼん天です。
国道115号線から、レークラインに入って、すぐの所に、看板があります。
bonten02.jpg
看板から1kmぐらいで、駐車場です。
bonten03.jpg
お食事処ぼん天の建物があり、その陰に、釣り堀の池があります。
釣り堀は、10時開店です。

受け付けをすると、バケツを貸してくれます。
自分の竿と、えさのブドウ虫は、持ち込みです。
貸し竿と、ペレットのえさは、無料です。
釣りたい魚がいる池に行って、自由に釣ることができます。
初めに、ヤマメの池に行きました。
bonten04.jpg
直径3mぐらいで、あまり大きくない池です。
きれいなわき水で、池の底までよく見えます。
ヤマメが泳いでいるのも、はっきり見えます。
えさを見ながら動かしますが、なかなか食いつきません。
bonten05.jpg
10分ぐらいで、やっと食いつきました。

次は、イワナの池です。
bonten06.jpg
ヤマメの池と、水路でつながっています。
ヤマメよりは、早く釣れました。

次は、本命のニジマスです。
bonten07.jpg
大きな池で、ニジマスがたくさん泳いでいるのが見えます。
えさを入れると、すぐに食いついてきました。
ヤマメとは、ぜんぜん違う反応です。
お腹がすいているかどうかではなくて、魚の種類、性格の違いなのでしょう。
bonten08.jpg
ニジマスは、大きくて、赤い線がはっきりしています。
10分ぐらいで、5匹釣り上げました。
bonten09.jpg
この日の釣果は、
ヤマメ 25cm×1
イワナ 24cm×1
ニジマス 30cm×1 28cm×1 27cm×2 24cm×1
受け付けに持って行って、重さを量って、買い取り料金を払います。
ヤマメ・イワナ 100g=330円で、990円
ニジマス 100g=220円で、2420円 総額3410円でした。
持ち帰ると言ったら、氷を入れてくれました。

持ち帰った魚は、その日のうちに料理しました。
bonten10.jpg
大きいニジマス1匹は、刺身にしました。
bonten11.jpg
ピンクの身は、ぷりぷりしていて、おいしいです。

ヤマメ、イワナ、ニジマス、各1匹は、塩焼きで食べ比べをしました。
ニジマス3匹は、開いて、干物にしました。
ニジマスは、値段が安いですが、大きくて、おいしいので、ニジマスねらいで釣りに行くには、いい釣り堀です。
よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング