さわやかな甘酸っぱさ「ならはの ゆず里愛」

福島県楢葉町のユズ研究会「ならはのゆず里愛」を紹介します。

蔵元:千駒酒造(白河市)
ゆず酒リキュール ならはのゆず里愛
原材料:純米酒 糖類 ゆず果汁(楢葉町産)
アルコール度数:10%
yuzuriai01.jpg
購入先:ここなら笑店街 ブイチェーンネモト(楢葉町)
販売価格:500ml 1227円
感想:ゆずの香り、酸味、甘味あり。
ジュースのような飲みやすさ。
米のコクと旨みがある。
冷やして飲むとうまい。

福島県の太平洋側、浜通りの温暖な気候を生かし、楢葉町で30年前から生産に力を入れているのが、ゆずです。
収穫されたゆずは、アイス、スイーツなどに加工されています。
yuzutarou.jpg
楢葉町のマスコットキャラクター 「ゆず太郎」です。

名物のユズを手掛ける農家で、「楢葉町ユズ研究会」の会長でもある、松本広行さんが、1986年「『ゆず香る文化の里』という町を作ろう」ということで部会を作りました。
そして、「町全体を黄金のユズ香る町にしよう」と、各家庭に1本ずつ配って、植えてもらいました。
ところが、ユズ栽培が広がっていたところに、震災でした。
避難することになり、畑もそのままになっていたり、放射線の関係でユズの木を切らざるを得なかったりとかで、最終的に残った農家は3軒でした。
2015年に避難指示が解除されて、新たな取り組みが始まりました。
そして、2年後に、「ならはのゆず里愛」が完成しました。

楢葉町のゆず酒「ゆず里愛」。
ユズの味と香りが濃厚に広がるお酒・・・。
今、栽培している農家は3軒となってしまいましたが、旬を迎えたユズが収穫され、「ゆず里愛」になります。
「ゆず里愛」は、「道の駅 ならは」など町内の商店を中心に販売中です。
数量限定なので、出荷時期の春に、楢葉町を訪ねて、手にしてみてください。
楢葉町のふるさと納税は、こちら↓

よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

やさしい口当たり「写楽 純米吟醸」

福島県会津若松市の宮泉銘醸「写楽 純米吟醸」を紹介します。

蔵元:宮泉銘醸(会津若松市)
写楽 純米吟醸 一回火入
麹米:福島県会津美里町産 五百万石100%
掛米:福島県会津美里町産 五百万石100%
アルコール度数:16%
精米歩合:50%
日本酒度:+1.0
酸度:1.4
syaraku-jungin01.jpg
購入先:リカーズ酒蔵(福島市)
購入価格:1.8L 5720円
感想:バナナのような甘い香り。
やさしい口当たりで、とろっとして濃い味。
上品な甘さで、やや酸味あり。
すいすい飲める。
みそ味のつまみに合う。

「写楽」は、福島の酒を代表する銘柄です。
「米を愛し、酒を愛し、人を愛す。みなさまに愛される酒を目指す。」
(蔵元・宮森 義弘)
原料米は契約田で蔵人さん自らが稲作した福島県産の酒造好適米「五百万石」を100%使用しています。
蔵元であり造りにも携わる「宮森 義弘」と蔵人の「山口 武久」。
小学生からの幼馴染の最強コンビが新生『写楽』を造りました。

宮泉銘醸は、鶴ヶ城の北門に続く大通りにあります。
miyaizumi02_20220626120125613.jpg
蔵の見学ができ、日本酒の販売もしていますが、蔵の売店で「写楽」は、売っていません。
販売店が決まっていて、店に入荷した直後でないと買えません。
福島県を代表する銘柄ですが、なかなか手に入らない銘柄の一つです。

先日、ふらっと入った福島市の「リカーズ酒蔵」には、「写楽」も「飛露喜」もありました。
いつもあるのか、たまたまあったのかは、分かりませんが、値段が高くなかったので1升瓶を買いました。
冷蔵庫で横になっています。
写楽はこちらで売っています↓

よかったらこちらをクリック

日本酒ランキング

福島県ランキング

華やかな香り「一生青春 大吟醸」

福島県会津坂下町の曙酒造「一生青春 大吟醸」を紹介します。

蔵元:曙酒造(会津坂下町)
一生青春 大吟醸
麹米:国産 美郷錦
掛米:国産 美郷錦
醸造用アルコール
アルコール度数:17%
精米歩合:47%
日本酒度:+5.0
酸度:1.5
issyouseisyundaiginjo01.jpg
ふくしまの酒魅力発見!キャンペーンB賞
通常販売価格:720ml 2888円
感想:華やかな香り。
とろっとして甘味があり、後から辛味が来る。
雑味がなくすっきりした味。
魚料理に合う。

曙酒造と言えば、「天明」が有名なブランドです。
同じ蔵の中で、天明とは、違う味にというコンセプトで2010年から造り始めたのが、一生青春です。
蔵からのコメント
杜氏制を辞め自分達だけで初めて造ったお酒に、再出発の意味で「一生青春」と命名しました。
いくつになっても青春の心を持ち、「新しい挑戦をして行こう」と先代が亡き後固い決意で始めた酒造りを象徴する言葉です。
酒質は「天明」とは真逆にありたいと考えています。
華やかな香りに軽やかな味わい。
そして芳醇な含み香。
全商品火入れです。

この大吟醸は、昨年11~12月に行われた、福島県内の宿泊施設に泊まって当てよう!『ふくしまの酒魅力発見!キャンペーン』で当たりました。
daiginjoatari05.jpg
A賞もB賞も当たったので、4本目の大吟醸です。
やはり大吟醸は、うまい。
それぞれの酒蔵で造り方、味が違いますが、コク、旨みがあって、雑味がないすっきりした味というのが、共通点でしょうか。
値段が高いので、なかなか買って飲めませんが、今回は、賞品として、複数飲めたのでよかったです。
たまには、買って飲みたいです。
一生青春は、こちらで売っています↓

よかったらこちらをクリック

日本酒ランキング

福島県ランキング
プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

ランキング参加中
応援おねがいします
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
最新コメント
リンク
QRコード
QR