香りよく濃い味「蔵粋 純米吟醸むろか生酒」

福島県喜多方市の、「蔵粋 純米吟醸むろか生酒」を紹介します。

蔵元:小原酒造(喜多方市)
蔵粋(くらしっく)「純米吟醸むろか生酒」720ml
麹米:国産米
掛米:国産米
精米歩合:60%
アルコール度数:17%
kurasikku01.jpg 
購入先:小原酒造 1620円
感想:香りがよく、どろっとした感じの濃い味。
ろ過していないので、甘酒のような、どぶろくのような味。
甘味があって、米の味がする。
料理と合わせるよりは、酒だけで味わいたい。

小原酒造は、喜多方市内にある古い蔵です。
クラシック音楽を蔵に流し、醪(もろみ)に聞かせて醗酵させるという不思議な手法で育てられた のが、蔵粋(くらしっく)です。
通りに面した蔵造りの店で、酒の小売りをやっています。
kurasikku02.jpg 
大きな杉玉があり、のれんに「蔵粋」の文字が。
kurasikku03.jpg 
店に入ると、土間になっていて、仕込み水などが飲めます。
座敷には、蔵粋の商品がたくさん並んでいます。
クラシックの曲に関する名前が付いていて、おもしろいです。
kurasikku04.jpg 
2月は、ちょっと古いひな人形が飾ってあり、レトロな蔵の雰囲気になっています。
kurasikku05.jpg 
蔵粋は、こちらで売っています↓
楽天カード、いいですよ↓
よかったらこちらをクリック

日本酒ランキング

福島県ランキング

フルーティーで、さわやかな香り「純米吟醸 ささまさむね」

福島県喜多方市の、純米吟醸「ささまさむね」を紹介します。

蔵元:笹正宗酒造(喜多方市)
純米吟醸「ささまさむね」720ml
麹米:国産米
掛米:喜多方産「五百万石」
精米歩合:50%
日本酒度:±0
アルコール度数:16%
sasamasamune01.jpg 
購入先:笹正宗酒造 1600円
感想:フルーティーでさわやかな香り。
口に含むと、最初から酸味と甘味を感じる。
のどごしすっきりで、濃い味でこくがある。

笹正宗酒造は、喜多方市の郊外 上三宮町にあります。
雪が多く、蔵は雪に埋もれている感じです。
sasamasamune02.jpg 
1818年創業で、200年を過ぎました。
大正時代に立て替えられた蔵は、どっしりとしたたたずまいです。
sasamasamune03.jpg 
土間の隣の座敷には、大きな神棚がありました。
昔は、小売りも多かったのでしょう。
sasamasamune04.jpg 
冷蔵庫には、大吟醸もありましたが、今回は、純米吟醸にしました。
sasamasamune05.jpg 
こちらで売っています↓
福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

日本酒ランキング

福島県ランキング

スッキリとした甘みと、フレッシュな味わい「花春 初しぼり純米吟醸」

福島県会津若松市の、花春酒造「初しぼり 純米吟醸」を紹介します。

蔵元:花泉酒造(会津若松市)
「初しぼり 純米吟醸」720ml
麹米:国産米
掛米:福島県会津産米「コシヒカリ」
精米歩合:55%
日本酒度:-2.0
アルコール度数:16%以上17%未満
酸度:1.2
hanaharu-hatusibori.jpg 
購入先:花春酒造売店(事務所) 1404円
感想:フルーティーな香りで、フレッシュな味わい。
口に入れると、すっきり軽い口当たりだが、米の甘みの濃い味があって、のどごしよい。
酒だけで飲めるおいしさ ◎

花春酒造は、会津若松市の郊外にあります。
大きな工場に、事務所と売店が併設されています。
hanaharu01_2019020819582201d.jpg 
売店に行くと、販売担当の方が、対応してくれます。
hanaharu02.jpg 
カウンターの前には、花春の酒が、ずらっと並んでいます。
値段も考慮して、季節限定の「初しぼり」にしました。
hanaharu03.jpg 
こちらで売っています↓
福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

日本酒ランキング

福島県ランキング