ラベンダーが見ごろ、花摘みできます「猪苗代ハーブ園」

福島県猪苗代町、「猪苗代ハーブ園」で、ラベンダーが見ごろになりました。
habuen331.jpg
磐梯高原を吹く風がさわやかな猪苗代ハーブ園では、ラベンダーの花が見ごろになっています。
宿根草のラベンダーは、冬越しをした株から、春に新芽を出し、6月半ばから花を咲かせます。
紫色の小さい花がふくらんで、すてきな香りを漂わせています。

猪苗代ハーブ園では、ラベンダー祭りをやっていて、花の摘み取りができます。
habuen332.jpg
ラベンダーを植えている面積が広いので、摘み取りしても、花がなくなることはありません。
habuen333.jpg
紫色のジュータンを広げたように見えます。

habuen334.jpg
花の下の茎は、細くて長いです。
その先に、小さな花がたくさん付きます。
habuen335.jpg
咲き始めから、徐々に花の数が増えていきます。
habuen336.jpg
7月半ばまで咲き続けますが、6月末の今ごろが、きれいです。
habuen337.jpg
濃い紫色は、曇りの日でも、いい雰囲気を醸し出しています。
habuen338.jpg
夏の青空にも映えます。
habuen339.jpg

ラベンダーの摘み取りは、紙コップに詰め放題で、500円です。
habuen341.jpg
はさみを貸してもらえるので、切り方を見て切るだけなので、かんたんです。
時間制限はないので、たくさん取れます。
茎が細いので、200本以上は、コップに入ります。
habuen342.jpg
摘み取ったラベンダーは、乾燥させて、ポプリにしたり、ハーブティーにしたり、いろいろ楽しめます。
habuen340.jpg
暑い日は、たいへんですが、摘み取りを楽しんでみませんか。

ハーブ園には、アジサイの木も、たくさんあります。
habuen343.jpg
咲き始めたところです。
7月に入ってからが、見ごろです。
habuen344.jpg
ラベンダーの他にも、バラや、いろいろなハーブの花が見られます。
猪苗代ハーブ園に行ってみませんか。
ランチ、日帰り温泉は、こちらへどうぞ↓

よかったらこちらをクリック

動物園・水族館・植物園ランキング

福島県ランキング

梅雨空に映える あやめ「伊佐須美神社 外苑」

福島県会津美里町、「伊佐須美神社 外苑」で、あやめ祭りが行われています。
isasumiayame01.jpg
東北随一を誇る、百五十種、十万株ものあやめが咲き誇り、毎年三十万人を超える方々がお詣りになるということです。
この日は、雨の予報だったためか、朝9時過ぎに着いたときには、駐車場は、空いていて、お客さんは少なかったです。
isasumiayame02.jpg
ふだんは、通り抜けできる伊佐須美神社の前の道路は、通行止めになっていて、露店が出ています。
大駐車場のほかにも、周辺に駐車場が確保されていて、無料で駐車できます。

神社の入口と反対側が外苑になっています。
入園料が無料なのが、うれしいです。
isasumiayame03.jpg
池の周りが庭園になっていて、その中に、あやめ苑があります。
isasumiayame04.jpg
花の種類が多く、花の色の違いが楽しめます。
isasumiayame05.jpg
梅雨空に、紫や白の花が映えます。
isasumiayame06.jpg
池の周りにも、多くのあやめがあります。
isasumiayame07.jpg
池には、大きなコイが。
isasumiayame08.jpg
池を背景にしても、きれいです。
isasumiayame09.jpg
平日だと、お客さんが少なくていいですが、休日は、楽しいイベントがあるようです。
isasumiayame10.jpg

アジサイは、咲き始めです。
isasumiayame11.jpg

ケーン、ケーンという声の方に行ってみると、
クジャクです。
isasumiayame12.jpg
オスが2羽、メスが4羽いました。
みごとな羽根です。

広場では、植木市のテントがあり、新潟の刃物なども売っています。
isasumiayame13.jpg

伊佐須美神社に参拝しました。
isasumiayame14.jpg

あやめは、あと1週間ぐらいが、見ごろのようです。
あやめ祭りのイベントは、7月5日までやっています。
よかったらこちらをクリック

動物園・水族館・植物園ランキング

福島県ランキング

林の中に白い花が、観音寺川上流の散策

福島県猪苗代町、観音寺川上流の川桁山登山道を散策しました。
kannonji201.jpg
桜並木で有名な観音寺川に沿って、上流に向かっていくと、観音寺があり、川桁山登山道があります。
車が通れる道の両側は、林になっています。
春に芽を出した野草が、だいぶ大きくなり、花が咲いています。
林の中に咲く可憐な花を紹介します。

ハナウド
kannonji202.jpg
セリ科ハナウド属の草です。
狭い範囲に群生していて、1m以上に伸びているものもあります。
全体の印象がウドに似ているため、この名前が付けられたようですが、ウドとは、違う科です。

バイカウツギ
kannonji203.jpg
アジサイ科バイカウツギ属の落葉低木です。
春に伸びた新しい枝に葉がつき、花が咲いています。
梅の花に似ていることから、梅花と名前が付いていますが、花びらは、4枚です。

マタタビ
kannonji204.jpg
マタタビ科マタタビ属の落葉でつるが伸びる木です。
この時季に花を咲かせますが、葉の下側で目立ちません。
このため、葉の色を白く変えて、虫を呼びます。
秋に熟す実は、漬け物などに利用されます。
白い葉は、目立つので、マタタビであることが分かるので、秋に実を採るときの目印にします。

ヒトリシズカ
kannonji205.jpg
センリョウ科チャラン属の草です。
葉に抱かれてひっそりと咲く花の姿を静御前にたとえたのが、名前の由来です。
花が開くと、もう少し大きく見えます。

ヒレハリソウ
kannonji206.jpg
ムラサキ科ヒレハリソウ属の草です。
ヨーロッパでは、古くから薬草として使われていました。
日本へは明治時代に導入され、家畜の飼料や食用として利用されました。
昭和40年代に健康食品として一時期大ブームとなり、植えられたものが一部野生化しました。
日本古来の野草ではないということです。

ヒメツルニチニチソウ
kannonji207.jpg
キョウチクトウ科ツルニチニチソウ属の草です。
林の中に、何本か自生してきれいな花を咲かせていましたが、元は、園芸用だったと思います。
耐寒性が強いので、野生化して増えたのだと思います。

夏になると白い花が多くなります。
また散歩に行って、可憐な花を見つけます。
近くのホテルリステル猪苗代では、ランチ、日帰り温泉営業中です↓

よかったらこちらをクリック

動物園・水族館・植物園ランキング

福島県ランキング