猪苗代町のイチョウの巨木が黄葉「都沢の公孫樹」

福島県猪苗代町、都沢の公孫樹が黄葉しました。
tozawa01.jpg
JR磐越西線の関都駅の近く、都沢(みやこざわ)地区に、イチョウの巨木があります。
樹齢700年と言われるこの巨木全体が黄色く染まり、とてもきれいです。

イチョウの木は、地蔵堂の境内にあります。
tozawa02.jpg
イチョウの樹齢700年というのは、地蔵堂の創建時に植えられた木ではないかとされています。
つまり、地蔵堂ができたのが、700年前ではないかと言うことです。
tozawa04.jpg
地蔵堂の中には、六地蔵が祀ってあり、つるしびながあります。
tozawa05.jpg
地蔵さんは、等身大と言うことで、140cmぐらいの大きいものです。

イチョウの木や葉は、水分を多く含んでいます。
イチョウの落ち葉は、燃えにくく、落ち葉焚きには、使いません。
tozawa06.jpg
木造茅葺きの地蔵堂を火災から守るために、イチョウの木を植えたのではないでしょうか。

このイチョウの木には、たくさんの実(ぎんなん)が付いています。
tozawa07.jpg
この実は、村人に秋の恵みをもたらしたようです。
tozawa03.jpg
「公孫樹」とは、孫の代に実がなる樹という意味です。
公孫樹と書いて、イチョウと読むと言うことです。

「イチョウ」とは、
tozawa08.jpg
中国で、葉の形から鴨脚樹(ヤーチアオシユー)と呼んでいます。
これを日本でヤーチャオと聞き、さらにイーチャオと転訛(てんか)し、後にイチョウとなったと言われています。

都沢のイチョウの木は、猪苗代町内では最大と言われ、高さ25mあります。
tozawa09.jpg
幹周は、6.5mあり、太い枝がたくさんあります。
tozawa10.jpg
見上げると、その高さ、大きさに圧倒されます。
tozawa11.jpg
日光をさえぎるような黄色の葉が、落ち始めています。
tozawa12.jpg
木のまわりは、黄色いジュータンを広げたようになり、
tozawa13.jpg
陰を映しています。
tozawa14.jpg

黄金色のりっぱな実が、たくさん落ちています。
tozawa15.jpg
少し拾ってきたので、果肉をよけて、おいしくいただきます。

よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

午後の日差しで輝くモミジ「猪苗代町 土津神社」

午後の日差しでモミジの紅葉が輝く、福島県猪苗代町土津神社を紹介します。
hanitumomiji131.jpg
会津藩初代藩主 保科正之(ほしなまさゆき)をまつる土津神社(はにつじんじゃ)のモミジの紅葉が進み、散り始めています。
このモミジは、幕末の会津藩主松平容保(まつだいらかたもり)が守護職を務めていた京都から移植させたとされています。
hanitumomiji132.jpg
紅葉するのが早かった木は、散り始まっています。
hanitumomiji133.jpg

これまでは、人の混雑が予想されるので、朝の時間に見に行ってましたが、今日は、午後3時ごろに行きました。
hanitumomiji134.jpg
午後の日差しは、鳥居の前の道路の方から入ります。
さえぎる物がないので、モミジの葉に、よく日が当たります。
hanitumomiji138.jpg
夕方の光は、赤みがかっているので、モミジの赤が輝いて見えます。
hanitumomiji135.jpg
上からではなく、横からの光なので、葉の表でも陰でも、きれいに見えます。

平日なので、人は多くなかったです。
hanitumomiji136.jpg
黄色のカエデとのコントラストも鮮やかです。
hanitumomiji137.jpg
青空にも、よく映えます。
hanitumomiji139.jpg
散り始めた木もありますが、あと数日は、見られそうですが、
hanitumomiji140.jpg
11月15日から、冬の天気になるという予報です。
hanitumomiji141.jpg
今日、13日に行って正解だったかな。
hanitumomiji142.jpg
モミジの紅葉は、いやされます。
hanitumomiji143.jpg
赤や黄色の、色様々に、
hanitumomiji144.jpg
織る錦。

おいしい焼きだんごの屋台も出ています。
駐車場はありますが、休日は、混雑して入れないこともあるようです。
荒天が心配ですが、土津神社に行ってみませんか。

よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

モミジが散って、冬の準備「猪苗代町 亀ヶ城跡」

福島県猪苗代町、亀ヶ城跡は、紅葉した葉が散り、雪つり作業も終えて、冬の準備です。
kamegajo401.jpg
猪苗代町の亀ヶ城跡は、幕末まで会津藩の城になっていた所で、戊辰戦争(会津戦争)で新政府軍が攻めてきたときに、焼き払いました。
それ以来、建物が再建されることはなく、石垣と何本かの大木が残っています。

大手門からの上り口には、モミジの大木があります。
kamegajo402.jpg
紅葉がみごとですが、11月12日に行ったときには、半分以上、葉が散っていました。
kamegajo403.jpg
この数日の寒さと強風のためだと思います。

石段には、落ち葉が積もっています。
kamegajo404.jpg
赤いモミジ、黄色いカエデ、ケヤキなど落葉樹が多いです。
kamegajo405.jpg
苔むした石垣が、往時を偲ばせます。
kamegajo406.jpg
木枯らしで飛んでいくまでの、わずかの時間。

石垣の上には、大木があります。
kamegajo407.jpg
明治維新から150年なので、それ以前、城があったときからの木でしょうか。

二ノ郭の方に上って行くと、ドウダンの赤色が鮮やかです。
kamegajo408.jpg
逆光も、またきれいです。
kamegajo409.jpg

二ノ郭には、モミジ、カエデの大木がありますが、だいぶ散ってしまいました。
kamegajo410.jpg
黄色いカエデは、まだ頑張っています。
kamegajo411.jpg

本丸からは、磐梯山が見えます。
kamegajo412.jpg
雪が多い猪苗代では、枝折れしないように、雪つりをします。
雪つりが終わると、冬の準備が完了です。
いつ雪が降っても大丈夫。

作業に合わせたのか、11月15日には、雪が降るという予報です。

よかったらこちらをクリック

動物園・水族館・植物園ランキング

福島県ランキング
プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
リンク
QRコード
QR