安積疎水の歴史を探訪「一本の水路みちウォーク」

2019年9月29日
福島県郡山市熱海町の「一本の水路みちウォーク」に参加しました。
suirouoku01.jpg
一本の水路みちウォークは、今年初めてのウォーキングで、第1回です。
日本遺産に認定された安積疎水「一本の水路」に沿った道をたどり、残された文化遺産、安積開拓の歴史を探訪するウォーキングです。
suirouoku03.jpg
猪苗代湖から取水し、中山峠まで歩く8kmコースと、磐梯熱海温泉の町中を歩く5kmコースがあります。
今回は、最初なので、距離が短い5kmコースにしました。
suirouoku04.jpg
コースの説明図は、手書きです。
受け付けで、参加費700円を払って、開会式です。
suirouoku02.jpg
かさ、カッパが必要なくらいの雨ですが、決行です。
開会式の会場は、ほっとあたみサッカー場のピッチ内ですが、人工芝なので、雨でも大丈夫。

9:00 予定通りスタートです。
約150人ということで、追い越しなし、先導者と一緒に、進みます。
suirouoku05.jpg
JR磐梯熱海駅の前を通り、熱海ゆけむり緑地公園の中を進みます。
雨は上がりました。

最初の目的地は、安積疎水神社です。
suirouoku07.jpg
猪苗代湖の水を郡山に引くという、安積疎水の工事が始まったのは、明治12年(1869年)です。
工事の無事を祈願して造られたのが安積疎水神社です。
suirouoku08.jpg
工事が完了した昭和10年(1935年)には、大久保利通、伊藤博文らが、合祀されました。

9:20 大嶺不動滝に到着です。
suirouoku09.jpg
林に囲まれた薄暗い川に、滝が流れ落ちています。

9:30 丸守発電所到着です。
suirouoku10.jpg
丸守発電所は、安積疎水に建設された3つの水力発電所のうち、最下流にある発電所です。
suirouoku11.jpg
安積疎水の上流で取水し、地中の導水管を通ってから、落差をつけて、タービンを回し、発電します。
ここで発電した電力で、郡山の紡績工場などを稼働させました。

五百川の上流に向かって歩いて行き、橋を渡ります。
suirouoku12.jpg
紅葉は、まだですが、紅葉したらきれいになりそうです。

10:10 玉川堰到着です。
suirouoku13.jpg
五百川の水を分けて、玉川用水に取り込んでいるのが、玉川堰です。
suirouoku14.jpg
水門で、水量を調節します。

10:20 源泉神社で休憩です。
suirouoku15.jpg
冷たい麦茶、水、甘いお菓子のサービスがありました。
suirouoku16.jpg
石段の上には、神社がありますが、行きませんでした。
ここから、蓬山遊歩道に入っていきます。

遊歩道の途中から、ケヤキの森になっています。
suirouoku17.jpg
最初は、普通の雑木林かと思っていました。
suirouoku19.jpg
途中から、階段、上り坂です。
suirouoku18.jpg
杉林かなと思っていたら、ケヤキの巨木が。
suirouoku20.jpg
樹齢300年以上のケヤキが、何本もあって、壮観です。
ケヤキの森と言って誇れる景色です。
suirouoku21.jpg
野鳥の説明板もあるので、ケヤキや鳥を見ながら、ゆっくり散策するのもいいかと思います。

11:00 ほっとあたみにゴール。
suirouoku22.jpg
体育館が、昼食、休憩の部屋になっています。
suirouoku23.jpg
参加記念品は、観光物産館のお買物券、ユラックス熱海入浴割引券、とん汁、キーホルダーです。
suirouoku24.jpg
キーホルダーの顔は、大久保利通、安積疎水を引いた英雄です。
suirouoku25.jpg
とん汁には、ジャガイモと、サトイモ、そして、ちくわが入っていました。
郡山流でしょうか。

まとめ
安積疎水の関連施設は、8kmコースの方が、いろいろあったようです。そちらを見るなら、8kmコースがいいでしょう。
ケヤキの森は、上り、下りが、予想以上にきつかったです。
説明する人が複数いたので、待ち時間がなくてよかった。

よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

三春町中散策コースで、歴史散歩「うつくしま・みずウォーク三春」

2019年9月21日
福島県三春町の「うつくしま・みずウォーク三春大会」に参加しました。
miharumatiaruki01.jpg
三春大会は、福島民友新聞主催の「うつくしま・みずウォーク」の3回目です。
三春ダムのさくら湖の周りを歩くコースが、メインですが、昨年歩いたので、今回は、三春町中散策コース4kmにしました。
スタート地点は、全コース共通で、滝桜駐車場です。
miharumatiaruki02.jpg
コース別に受け付けがあります。
参加費は、民友会員割引で700円です。
さくら湖の周りを歩くコースは、ここからスタートですが、町中コースは、貸し切りバスで移動です。
受付順に、3号車まであります。
miharumatiaruki03.jpg
9:45にバスに乗って、9:55に中町駐車場に着きました。

3チームに分かれて歩き始めます。
時間調整のために、20分ほど待って、10:15に出発です。
miharumatiaruki04.jpg
桜川ぞいの道は、蔵が並んでいます。
miharumatiaruki06.jpg
三春町役場の前に出て、おまつり道路を進みます。

歴史散策の1番目は、「田村大元神社」です。
miharumatiaruki07.jpg
参道の石段は、古い状態で残っています。
何度かの大火でも、焼け残ったと言うことです。

10:30 表門の前で、説明があります。
miharumatiaruki08.jpg
金剛力士像がある表門は、1867年の建造です。
miharumatiaruki09.jpg
神社が造られた歴史は古く、表門は、神社と寺の両方の特徴をもっています。
miharumatiaruki10.jpg
拝殿は、大きくて立派です。
1504年に、田村氏によって、建てられた神社です。
miharumatiaruki11.jpg
1871年には、本殿が造られました。

2番目は、「藩講明徳堂の門」です。
miharumatiaruki12.jpg
秋田氏が創設した藩講の表門を、戦後に移動させ、三春小学校の校門にしました。

3番目は、「紫雲寺」です。
miharumatiaruki13.jpg
戦国時代に開かれた寺です。
miharumatiaruki14.jpg
境内には、大正時代に自由民権運動を主導した河野広中の遺髪を納めた塚があります。
miharumatiaruki15.jpg
秋田家のお家騒にまつわる、はらきりの梅があります。

11:45 中町駐車場に戻りました。
バスで、三春ダムのダムサイトに移動です。
miharumatiaruki16.jpg
さくら湖は、けっこう大きいのですが、丸くないので、奥の方は見えません。
ダムの堰堤の近くには、資料館がありますが、今回は、見ません。
ここから、ゴールまで、1kmぐらい歩きます。
miharumatiaruki17.jpg
この最後のコースも含めて、4kmのコースでした。

12:20 三春田園生活館がゴールです。
miharumatiaruki18.jpg
お楽しみ抽選会は、受け付け番号が表示されています。
miharumatiaruki19.jpg
当たる確率は、1/5ぐらいで、今回は、はずれでした。
長いコースの人たちも帰ってきて、全員がゴールに近い時刻でした。
三春汁配付のテントは、行列がなくなっています。
miharumatiaruki20.jpg
丼いっぱいのみそ味の汁です。
miharumatiaruki21.jpg
野菜やきのこが入っていて、おいしいです。
この後、田園生活館で、買い物をしてから、シャトルバスで、スタート地点の滝桜駐車場に移動しました。

まとめ
天気がよくて、暑くなくて、快適に歩けました。
町中散策で、説明を聞くことができてよかったですが、3チームになって待ち時間があったのが、ちょっと残念でした。
バスの移動があると、時間がかかります。
次回は、湖畔を歩くコースに挑戦か。
よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

黄金色に輝く秋の棚田を眺めながら「たかさと棚田ウォーク秋」

2019年9月15日
福島県喜多方市高郷町の「たかさと棚田ウォーク秋」に参加しました。
takasatotanada169.jpg
喜多方市高郷町(たかさと)ふれあいランド高郷が、受け付け、スタートです。
定員100名の5kmコースで、100名ぐらいの参加者です。
棚田を眺めながら歩く同じコースで、春から冬まで4回のウォークが予定されています。

ウォーキングコースは、県道を歩いて、眺望ポイントの立岩の山頂に行き、棚田を見て小土山集会所で折り返します。
コースは、夏と同じです。

ふれあいランド高郷の室内で、受け付けと開会式です。
takasatotanada161.jpg
受け付けで、参加費800円を払います。
9:45から開会式で、その後、外に出て、ストレッチを中心に、準備運動を入念に行いました。

10:10スタートです。
快晴で青空がきれいですが、かなり暑くなりそうです。
takasatotanada162.jpg
往路の前半は、上り坂ですが、みなさん、快調に進んでいます。
takasatotanada163.jpg
阿賀川のビューポイントからは、緑の山の向こうに、川面が見えます。
takasatotanada164.jpg
今回は、暑くてたいへんそうだったので、立岩山には、行きませんでした。
小土山集会所に向かいます。

スタートから35分で、小土山集会所に着きました。
takasatotanada165.jpg
テントの下には、酒のケースに板をのせて、簡易テーブルが作ってあります。
集会所の中では、おもてなしのおにぎりを作っています。
takasatotanada166.jpg
おいしいご飯をいただきます。
takasatotanada167.jpg
棚田で作った米「美米」のおにぎりは、とてもおいしいです。
漬け物は、ジャガイモを使った自家製漬け床で作ったもので、これもおいしいです。

エネルギーと、塩分を補給して、11:00 復路のスタートです。
晴れていて視界がいいので、磐梯山がきれいに見えます。
takasatotanada168.jpg
集会所の前の道路から、棚田の方に下りていきます。
takasatotanada170.jpg
この辺りは、昔から棚田を作っています。
どの田んぼも、黄金色になり、おいしそうな米が稔っています。
takasatotanada171.jpg
歩いている人は、まばらになり、棚田の風景の中に、溶け込んでいます。
takasatotanada172.jpg
棚田を見守るように、そびえているのは、富士山です。
標高五百数十メートルは、日本で2番目に高い富士山という話です。

富士山の伏流水が、集落の高さに湧いていて、ため池があります。
takasatotanada173.jpg
この池で、水温を調節してから、棚田に流します。
takasatotanada174.jpg
池の水面には、ヒシ(菱)の葉が広がっています。

棚田は、稲ばかりでなく、そばを栽培している所もあります。
takasatotanada177.jpg
会津の山間部では、そば畑の風景も、いい雰囲気を出しています。
takasatotanada175.jpg
稔った稲の向こうには、磐梯山。
takasatotanada176.jpg
棚田は、日本の原風景とも言えます。

11:35 ゴールしました。
外で、冷たいおしぼりをもらって、室内では、冷たい水と麦茶をもらいます。
takasatotanada178.jpg
アンケートを書いてから、お楽しみ抽選会です。
takasatotanada179.jpg
豪華賞品がありましたが、
takasatotanada180.jpg
美米2合と、そばまんじゅうが当たりました。
冷たい雷神そばは、こしがあって、おいしいです。

まとめ
晴れて暑くなりましたが、道路の日陰は涼しかったです。
定員100人の規模は、混雑することがなくていいです。
復路は、分散するので、のんびり歩けます。
次回は、雪が多い2月です。年間完歩を目指します。

よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング
プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
リンク
QRコード
QR