大塩地区の史跡を散策する「会津米沢街道歴史ウォーク」

2019年6月15日
福島県北塩原村大塩の「第12回会津米沢街道歴史ウォーク」に参加しました。
oosio114.jpg
喜多柴原村大塩、北塩原村活性化センターが、受け付け、スタートです。
Cコース約5km、定員60名です。5グループに分かれ、70名ぐらいの参加でした。
事前申し込みで、参加料は、当日払い1000円です。
8:20から屋内(ホール)で、開会式でした。
oosio101.jpg
小雨が降る天気でしたが、参加者は多かったです。
約15kmのAコースからスタートです。

大塩地区散策コースのCコースは、1グループ15名です。
9:15 2班は、2番目にスタートです。
oosio102.jpg
歩くペースは、ゆっくりなので、傘をさして歩きます。
スタートして間もなく、道路沿いに家が並んでいます。
oosio103.jpg
一部古い家がありますが、新しい家が多いのは、昭和42年に大火があり、その後建てた家が多いからだそうです。
大火の前は、江戸時代からの家が多く、すぐ後ろを流れる川から温泉水を家の中に引き、各家で製塩をしていたと言うことです。
大火によって、製塩の道具などが焼失し、製塩がすたれたと言うことです。

家並みを進んでいくと、橋があり、その先に神社の鳥居があります。
温泉神社です。
ここは、旧会津米沢街道の分岐点だったところです。
oosio104.jpg
道路改修で移設された道標があり、ここを訪れた「NHKブラタモリ」の写真があります。
oosio105.jpg
神社の急な階段をゆっくり上ります。
oosio106.jpg
急傾斜できつかったです。
神社の境内は、広くて平らです。
oosio107.jpg
温泉神社は、大塩温泉の守り神です。
oosio108.jpg

神社から、緩やかな道を下り、国道に戻ると、史蹟「大塩の塩井」があります。
oosio110.jpg
西暦812年に塩湯が沸き出したという言い伝えがあります。
oosio109.jpg
平成6年に塩井を移転しました。
今は、コンクリート製の井戸になっています。
oosio111.jpg

国道を上っていくと、大塩虚空蔵公園があります。
oosio112.jpg
虚空蔵堂を目指して、林の中を上っていきます。
oosio113.jpg
木が太いのは、この林が古い時代から変わっていないと思われます。
10分ぐらい上ると、虚空蔵堂が見えてきます。
oosio114.jpg
このお堂は、ふだんは、閉まっていますが、この日は、特別に開けていただきました。
oosio115.jpg
中には、大塩虚空蔵菩薩があります。
oosio116.jpg
かつては、黄金に輝いていたということですが、今は、渋い色になっています。
いつの時代に造られたかは不明です。
oosio117.jpg
虚空蔵堂の向かい側には、岩山、奇岩があります。
もとは、この岩の中に本尊があったようです。
oosio118.jpg
20~30mぐらいの高さがある岩で、まわりの山とは、地質が違うようです。
火山の影響でしょうか、興味があるところです。

虚空蔵堂を下りたところが、折り返し休憩所です。
oosio120.jpg
地元大塩新田地区の人たちのおもてなしです。
oosio121_20190616162848c0b.jpg
するめのだしがきいている、玉こんにゃくは、温かくておいしいです。
oosio122.jpg
山塩で漬けたキュウリの1本漬け、やさしい塩味です。
oosio123.jpg
この日限定の、「山塩あわまんじゅう」は、絶品です。

ゴール地点まで、国道を下っていきます。
途中で、長泉寺に寄ります。
oosio124.jpg
この中に、大塩平左衛門の墓石があるそうですが、どれかは分からないと言うことです。
大塩平左衛門は、ここから近い雄国沼から、水を引くためにトンネルを掘った人ですが、いろいろ問題があり、長泉寺にひっそり眠っているということです。

11:30 雨で濡れることは、ほとんどなく、無事ゴールしました。
お楽しみ抽選会は、3分の1の確率のところ、
oosio126.jpg
14等
oosio127.jpg
福島民報の大判トートバッグが当たりました。
無料おふるまいは、
oosio128.jpg
具が大きくておいしい豚汁です。
山塩おにぎりは、200円。
oosio129.jpg
この日限定販売の山塩あわまんじゅうは、10個入り1080円です。
oosio131.jpg
山塩ようかんも買いました。
oosio130.jpg
最後に、会場の外のテントで、手打ちゆでたてそば、500円。
oosio132.jpg
もちもちしていて、こしがありおいしいそばです。
つゆは、ダイコンとマス?の煮込みです。
ほかでは食べられない、おいしい組み合わせです。

まとめ
旧街道の大塩宿は、古い歴史があり、興味深く見学しました。
山塩の製塩工場に行かなかったのは、ちょっと残念。
旧街道折り返しの長距離コースにも興味があります。

よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

田植えを終えた棚田を眺めながら「たかさと棚田ウォーク春」

2019年6月2日
福島県喜多方市高郷町の「たかさと棚田ウォーク春」に参加しました。
takasatotanada101.jpg
喜多方市高郷町(たかさと)ふれあいランド高郷が、受け付け、スタートです。
定員100名の5kmコースで、80名ぐらいの参加者です。
棚田を眺めながら歩く同じコースで、春から冬まで4回のウォークが予定されています。
takasatotanada102.jpg
ウォーキングコースは、県道を歩いて、眺望ポイントの立岩の山頂に行き、棚田を見て折り返します。
takasatotanada103.jpg
地図も配られました。分かりやすい行程です。
takasatotanada104.jpg

ふれあいランド高郷に着くと、歓迎の太鼓演奏をしていました。
takasatotanada105.jpg
受け付けのテントで、参加費800円を払います。
takasatotanada106.jpg

9:45から開会式です。
暑くなりそうなので、熱中症に気をつけてくださいという話でした。
takasatotanada107.jpg
ふれあいランドの駐車場のまわりに、桐の木がたくさんあり、紫色の花を咲かせています。
takasatotanada108.jpg

10:10 スタートです。
上り坂を進むと、阿賀野川眺望ポイントがあります。
磐越西線の線路も見えます。
takasatotanada109.jpg
2kmほど進むと、棚田と磐梯山の眺望ポイントがあります。
ややかすんでいましたが、磐梯山の稜線が見えました。
takasatotanada110.jpg

県道から立岩山の登り口に入ります。
takasatotanada111.jpg
林の中を10分ぐらい登ると、立岩山の山頂です。
takasatotanada112.jpg

立岩山は、その名の通り、下から見ると大きな岩の塊のように見えます。
山頂からの眺めは、崖の上から見ることになるので、近くから遠くまでよく見えます。
takasatotanada115.jpg
近くには、棚田が並んでいる様子が見えます。
takasatotanada116.jpg
遠くには、喜多方の町の向こうに磐梯山が見えます。
takasatotanada113.jpg
北の方には、残雪の飯豊山が見えます。
takasatotanada114.jpg

立岩山を下りて、県道を進むと、折り返し地点の小土山集会所です。
takasatotanada117.jpg
テントの下で、おやつをいただきます。
takasatotanada118.jpg
集会所の中で調理した、おにぎりと、漬け物と、フキの煮物です。
takasatotanada119.jpg
おにぎりの米は、ここの棚田で作っている米で、おいしいです。
漬け物は、オリジナルの漬け床を使っているということで、おいしいです。
ありがたいおふるまいです。

11:30 棚田のあぜ道を通って帰ります。
takasatotanada120.jpg
田植えが終わったばかりで、苗はまだ小さいです。
takasatotanada121.jpg
棚田は、きれいに見えますが、維持管理は、難しいようです。
takasatotanada122.jpg
里山の風景として、残してほしいですが、後継者がいないようです。
ウォーキングに参加して、応援することにします。

県道を30分歩いて、ふれあいランド高郷に戻りました。
12:00 ゴールです。
ゴールのテントで、冷たい飲み物がおいしかったです。
takasatotanada123.jpg
冷たいおしぼりが、うれしい。
takasatotanada124.jpg
待望の抽選会。
気合いを入れて引いたのですが・・・
takasatotanada125.jpg
はずれ? 米でした。
takasatotanada126.jpg
最終のおふるまいは、雷神そばです。
takasatotanada127.jpg
冷たいつゆのそばで、こしがあっておいしかったです。

温泉入浴券(500円相当)がもらえるので、お風呂に入って、汗を流しました。
そして、食道で雷神そばを食べました。

まとめ
立岩山は、眺めがいいのですが、オプションのコースなので、行かない人も多かったです。
次回は、行かないつもりです。
前半は、上り坂なので、きついですが、後半は、楽です。
早く帰って、くじびきを頑張って、温泉にゆっくりつかるのがいいと思います。

よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

みんなで遠足!この地をふみしめる② ふもと編 土津神社周辺

福島県猪苗代町の「はじまりの美術館」のイベント「みんなで遠足!この地をふみしめる」に参加しました。
2回目は、5月12日 ふもと編「土津神社周辺をふみしめる」です。
humisimeru-humoto01.jpg
猪苗代町内にある土津神社に集合し、土津神社 禰宜 宮澤さんに案内していただきます。
humisimeru-humoto15.jpg

当日の参加者は、9名。お話を聞くのには、ちょうどよい人数です。
まず、宮澤さんの案内で、土津神社の本式参拝をします。
御手洗(みたらし)で、清め方を教えていただき、やってみました。
humisimeru-humoto02.jpg
ひしゃく1杯の水で、手を洗い、口をゆすいで、清めます。

土津神社拝殿の中に入ります。
humisimeru-humoto03.jpg
宮澤さんが、太鼓をたたいて、祈祷が始まり、2礼2拍手、代表の人が玉串を捧げました。
宮澤さんから、お話をいただきました。
保科正之公について、土津神社について。

次に、保科正之公の墓所、奥の院に向かいます。
humisimeru-humoto04.jpg
杉並木と玉石の参道を10分ほど歩くと、墓所があります。
humisimeru-humoto05.jpg
葵の紋が入った門があり、ここから奥の墓所は、国の史跡にしていされているので、ふだんは、入れないそうです。
humisimeru-humoto06.jpg
土津神社本殿から見て、墓所は、北の方向になっています。
墓所から見ると、南に本殿、そして、日光東照宮の方向になっています。
また、墓が造られてから発掘調査がされていないということで、徳川の埋蔵金があるかもしれないという話でした。

土津神社の入口まで戻って、道路を横断すると、「キリシタン殉難の地」の案内板があります。
humisimeru-humoto07.jpg
ここも、宮澤さんに案内してもらいました。
humisimeru-humoto08.jpg
平成元年に建てた石碑があります。
humisimeru-humoto09.jpg
会津を蒲生氏郷が治めていた時代に、猪苗代では、多くのキリスト教信者がいたようです。
その数、住民の8割ともいわれています。
しかし、元和8年(1622年)より弾圧が始まり、2年後には、将軍徳川家光の命により信徒がことごとく処刑されました。
そのときの亡きがらがこの地に葬られたという場所です。
humisimeru-humoto10.jpg
当時のものと思われる石積が3か所あり、真ん中に石碑が建っています。
ここから、約五百メートル離れたところには、磐椅神社があり、その西隣には、教会があったということです。
この後、猪苗代に隠れキリシタンが多くなったようです。

キリシタン殉難の地のすぐ近くに、土津神社神官の墓所があります。
humisimeru-humoto11.jpg
墓石に掘ってある名前が、○○家ではなく、漢字の当て字になっています。
神式だからということです。
その中に、服部安休(はっとりあんきゅう)の墓があります。
humisimeru-humoto12.jpg
服部安休は、織田信長と共に本能寺の変で亡くなった森蘭丸の孫です。
1675年に完成した土津神社の初代神官です。
humisimeru-humoto13.jpg

最後に、土津神社境内に戻って、白い鳥居の説明がありました。
humisimeru-humoto14.jpg
白い鳥居は、そんなに珍しいものではないということです。
この大きな鳥居の向こうにあった、荘厳華麗な神殿造りの社殿は、「東北の日光」といわれていましたが、戊辰戦争(会津戦争)で、会津軍により焼き払われてしまったのが、残念です。

禰宜のの宮澤さんから、土津神社とその周辺の秘密をいろいろ教えていただき、おもしろかったです。
関係者のみなさん、ありがとうございました。
猪苗代でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

よかったらこちらをクリック

福島県ランキング