紅葉の甲子高原を歩く 西郷ウォーク

2018年10月27日
うつくしま・みずウォーク源流の里・西郷大会に参加しました。
nisigo01_20181028200245a93.jpg 
福島県西郷村キョロロン村が、受け付け、スタートでした。
大雨の天気予報で、開催が危ぶまれましたが、朝までの雨がやみ、開会式の時は、晴れ間で虹が見えました。
民友ゆうゆう会員になったので、参加費は、700円です。
開会式の後、出発までの間、司会者と「おかちゃん」が、漫才のようなトークをしていました。
nisigo02_2018102820024648e.jpg 
今回は、6kmコースに参加。
スタート地点まで、バスで移動です。6kmコースには、約600人の参加者で、最後の方だったので、バスに乗るまで、30分ほどかかりました。
バスで10分ぐらい走って、雪割橋のたもとで降りました。
nisigo03_20181028200248050.jpg 
雪割橋がスタートで、遊歩道を歩くコースです。
nisigo04_2018102820025092a.jpg 
スタートして、すぐ雪割橋なので、歩く人、写真を撮る人で、橋の上は渋滞。
nisigo05_20181028200251165.jpg 
橋から見える渓谷の紅葉がきれいです。
低い雲がかかっていて、色鮮やかでなかったのが、ちょっと残念。
nisigo06_20181028200252016.jpg 
遊歩道は、車両通行止めになっていました。
舗装の道路なので、歩きやすいです。
nisigo07_2018102820025411d.jpg 
まわりの林の紅葉は、まだちょっと早いかなという色づきでした。
滝が見えるところがありました。
nisigo08_20181028200255558.jpg 
2kmぐらい歩いて、給水所です。
舗装道路は、ここまでで、ここから、林間コースになります。
nisigo09.jpg 
林間コースの前半は、歩きやすいです。
nisigo10.jpg 
雪割橋が見えるところから、急な上り坂がありました。
nisigo11.jpg 
雪割橋まで戻ってきて、橋のたもとで、休憩です。
だんごや、ソフトクリームがあります。
それから、なぜか美濃焼が売っています。
nisigo12.jpg 
ちょっと疲れたときに、甘いソフトクリームがおいしかったです。
牛乳系の濃厚な味です。
nisigo13.jpg 
雪割橋からバス乗り場まで、国道を歩きます。
nisigo14.jpg 
1.5kmぐらいで、バス乗り場です。雨が降ってきましたが、バスに逃げ込みました。
nisigo15.jpg 

キョロロン村のゴール地点では、フラダンスで歓迎です。
nisigo16.jpg 
雨は、やみました。
西郷汁の列に並びます。
nisigo17.jpg 
西郷汁は、普通の豚汁ですが、おいしかったです。
nisigo18.jpg 
6kmコースは、短かったような気がしますが、きつくなくてよかったです。
おみやげを紹介します。
参加賞として、タオルと、バッジ。
nisigo19.jpg 
抽選会は、空くじなしでした。
「キレイキレイセット」と「甲子温泉」の元。
nisigo20.jpg 
そして、「うつくしま・みずウォーク」5回の完歩賞は、バッジをくっつけるたてと、金バッジです。
5回も、よく頑張りました。(自分に拍手)
nisigo21.jpg 

まとめ
バスの待ち時間が、長いのは、なんとかならないか。
遊歩道だけで4kmコースでもいいと思うが、6kmにしなければならないようなので、しかたないか。
5回のウォークの完歩者は、521人でした。みんなよく頑張りました。

会津のお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

稲穂、山、川を見ながら歩き、会津の新米を食する、あいづ新米ウォーク

2018年10月8日
あいづ新米ウォークに参加しました。
yukawa03.jpg 
福島県湯川村の道の駅あいづ湯川・会津坂下がスタートです。
連休3日目の体育の日、晴天に恵まれ、汗ばむ陽気でした。
2コースの参加者は、2000人。6kmコースで1500人ぐらいいました。
阿賀川の河川敷の広場が、受け付け、スタート地点です。
yukawa01.jpg 
会費は、福島民友ゆうゆう倶楽部会員割引で、700円。6kmコースです。
受付でもらった物は、
コース図
バッチ
引換券
yukawa16.jpg 
阿賀川の堤防を上流に向かうのが、12kmコース、下流に向かうのが6kmコースです。
9:30から開会式で、10:05スタートしました。
6kmコースの前半は、阿賀川の堤防を歩きます。
東側の遠くには、磐梯山がきれいに見えました。
yukawa05.jpg 
西側は、ゆったりした阿賀川の流れです。
yukawa04.jpg 

2kmほど進んで、田んぼの方に入ります。
堂畑農村公園近くに給水所がありました。
yukawa06.jpg 
地元の方から、ふかしイモのおふるまいがありました。
yukawa07.jpg 
ボランティアの心遣いがうれしいです。
集落の道ばたには、馬頭観世音がありました。
yukawa08.jpg 

次の集落には、湯川村の公共施設があり、勝常寺があります。
給水所もあります。
yukawa09.jpg 
麦茶と一緒に出されていたのは、天ぷらまんじゅうでした。
無料サービスではなく、1個100円でした。
ちょっと疲れたときに、甘いまんじゅうがおいしかったです。
yukawa10.jpg 
勝常寺は、古い寺で、文化財になっている12体の仏像があります。
今回は、ゆっくり見られなかったので、そのうち、見に来たいです。
yukawa11.jpg 
勝常寺を過ぎると、ゴールが見えてきます。
yukawa12.jpg 
黄金色の稲穂がきれいです。

11:30ゴールです。
引換券で、豚汁と、新米おにぎりをもらいます。
並ぶ時間は、10分ぐらいでした。
yukawa13_201810082038558d3.jpg 
豚汁も、おにぎりもおいしかったです。
ここの担当は、リオンドールです。
yukawa14.jpg 
引換券では、会津産こしひかり新米1kgも、もらいました。
これだけで、会費の分は、回収できました。
抽選会がありましたが、当たる確率は、10分の1ぐらいで、今回は、はずれでした。
yukawa15.jpg 

まとめ
田んぼの中のコースは、平坦地で歩きやすい。
おふるまい、おみやげがあって、会費が安い。

会津のお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

さくら湖を見ながら林の中を歩く、三春のウォーク

2018年9月22日
うつくしま・みずウォーク三春大会に参加しました。
miharu01.jpg 
春には、みごとな花を咲かせる滝桜駐車場が受け付け、スタートでした。
小雨が降っていましたが、テントで、受け付け。
miharu02.jpg 
会費800円で、7kmコースです。
受付でもらった物は、
愛姫のタオル
花の種
みずウォークのバッチ
miharu031.jpg 
コースの地図
さくら湖は、三春ダムのせき止め湖です。広い湖というよりは、谷が集まった所という形です。
miharu16.jpg 

雨が降っていたためか、スタートをやや繰り上げ、7kmコースは、9:30にスタートしました。
前半は、林の中の遊歩道を遊歩道を進みます。
miharu052.jpg 
蛇石橋から、さくら湖が見えますが、曇り空で、きれいに見えるとは、いえません。
miharu061.jpg 
車道に出たり、遊歩道に入ったり、道の両側には、ハギがきれいに咲いています。
miharu071.jpg 
中間地点の給水所です。
冷たい水は、ありがたいですが、食べ物がなかったのは、ちょっとさびしい。
miharu084.jpg 
湖のまわりの道路ですが、湖面からやや離れているので、林の中を歩くという感じでした。
勾配はあまりなくて、よかったです。
miharu092.jpg 
後半、三春ダムの近くでは、ドウダンの紅葉が始まっていました。
miharu101.jpg 
三春ダムは、狭い谷をせき止めたので、あまり大きな堰堤ではないです。
このあたりで、雨はあがりました。
miharu111.jpg 

途中休憩なしで、速いペースで歩いたので、
10:40ゴールでした。7kmコースの所要時間、1時間10分でした。
miharu12.jpg 
主催者の予想より早かったようで、11時から「三春汁」の配付まで、並んで待ちました。
miharu13.jpg 
三春汁は、きのこ入り、みそ味の豚汁です。
大量に作る汁は、おいしいです。

抽選会は、整理番号で当たります。
みごと、ももワインをゲット。
miharu14_20180924200209c76.jpg 
スタートとゴールが違うので、スタート地点までシャトルバスで移動です。
バスの発車は、12時の予定でしたが、ゴールが早かったので、11:30には、発車しました。
miharu15.jpg 

まとめ
林間コースは歩きやすいですが、湖がちょっと遠いので、水に親しむという点では、いまいちか。
帰りにバス移動は、好ましくないが、コースの取り方を考えると仕方ないか。

会津のお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

福島県ランキング