会津戦争⑨ 孤立する若松城

戊辰戦争(会津戦争)
1868年(慶応4年) 9月14日朝8時
小田山からの砲撃を合図に、新政府軍による若松城総攻撃が行われます。

この日までに、若松城の外堀の郭門は、天神口以外すべて破られ、包囲されていました。
小田山や甲賀町口などに砲台を設置し、約50門の大砲で、この日だけでも2500発の砲弾が城に撃ち込まれました。
soukougeki05.jpg 
四斤山砲は、両軍で主力の大砲として使っていました。
城に撃ち込まれた砲弾です。
soukougeki06.jpg 
至近距離からの砲撃で、若松城の天守閣は、崩れ落ちそうです。
soukougeki07.jpg 

9月15日
若松城の南にある一ノ堰で、激しい戦闘が起こり、会津軍は必死に戦いましたが敗れ、城への唯一の食料補給路が絶たれました。
soukougeki04.jpg 
この戦いでは、多くの犠牲者を出しました。家老で唯一戦死した一瀬要人(いちのせかなめ)の墓が、光明寺にあります。 
soukougeki03.jpg 
山本八重の父、山本権八(やまもとごんぱち)も、ここで戦死しました。
soukougeki01.jpg 
墓石のとなりに説明板があります。
soukougeki02.jpg 

9月18日
新政府軍は、高田(会津美里町)を占領します。この結果、会津軍は、外部との連絡路も断たれます。
食料補給路を失い、連絡路を断たれ、若松城は、完全孤立状態になりました。

七日町の通りに面した所に、「阿弥陀寺」があります。
この寺には、会津軍の戦死者1300柱の遺骸が埋葬されています。
soukougeki09.jpg 
墓石には、「戦死墓」と刻まれています。
soukougeki10.jpg 
会津軍の戦死者の遺骸は、しばらく放置されていました。
阿弥陀寺に埋葬されたのは、翌年になってからでした。
soukougeki08.jpg 
籠城から約一ヶ月、降伏を決断します。

降伏、そして開城につづく

会津でのお泊まりは、こちらへ↓


福島の物産は、こちらからどうぞ↓

よかったらこちらをクリック

東北ランキング

福島県ランキング


会津戦争⑧ 若松城下での攻防

戊辰戦争(会津戦争)
1868年(慶応4年)8月25日、若松城は、新政府軍に包囲され、籠城戦(ろうじょうせん)が始まります。約5000名が城内にいました。

8月29日の朝
佐川官兵衛(さがわかんべえ)が率いる1000名余が、態勢挽回をかけて、融通寺町口(ゆうづうじまちぐち)より出撃し、猛攻の末に新政府軍を敗走させ、近くの長命寺へと追い込みます。
tyoumeiji01.jpg 
一時は、会津軍が優位に立ちますが、新政府軍の援軍に来た土佐藩兵の猛攻により、たちまち形勢逆転し、会津軍は、170名もの戦死者を出しました。
長命寺の塀には、銃弾の跡が残っています。
tyoumeiji02.jpg 
歌碑がたてられています。
tyoumeiji03.jpg 
長命寺の墓地には、戦死墓がたてられています。
tyoumeiji04.jpg 
戦死者の名前は、刻まれなかったということです。
tyoumeiji05.jpg 
墓石は、明治11年になってから、たてられました。
tyoumeiji06.jpg 

佐川官兵衛は、これ以後、城に戻らず城外でゲリラ戦を展開しました。
城外攻防 

9月5日
佐川官兵衛は、日光口方面から来る新政府軍を、材木町の秀長寺(しゅうちょうじ)付近で待ち構え、襲撃します。
syuutyouji03.jpg 
新政府軍は、混乱し、多くの死傷者や損害を出しました。この戦いが、城下での会津軍で唯一の勝利となりました。
syuutyouji01.jpg 
戦いの様子が書かれている碑は、だいぶ朽ちていました。
syuutyouji02.jpg 
境内の大木は、当時の戦闘を見ていたことでしょう。
syuutyouji04.jpg 

9月8日早朝
長岡藩士山本帯刀(やまもとたてわき)が率いる40数名は、飯寺で新政府軍と戦いました。
会津軍400名余と協力し、一時は、新政府軍を退却させる奮闘を見せましたが、山本隊は、徐々に濃霧の中で敵陣に孤立し、包囲されて、山本ら三十余名が生け捕りにされ、その後阿賀川の河原で斬首されました。
honkouji01.jpg 
光明寺の墓地に、墓碑があります。
honkouji02.jpg 
籠城、城下での攻防が続きます。

孤立する若松城につづく

会津でのお泊まりは、こちらへ↓


福島の物産は、こちらからどうぞ↓

よかったらこちらをクリック

東北ランキング

福島県ランキング

会津戦争⑦ 新政府軍、会津城下を包囲

戊辰戦争(会津戦争)は、
1868年(慶応4年)8月23日、新政府軍が、若松城の外堀の郭門を突破、郭内に侵入します。

8月24日、新政府軍は、兵を市街地から引き揚げ、新たに包囲態勢を整えます。
城外の建物は、焼き払われ、若松城は、焼け野原に孤立します。

8月25日になると、越後口の守備隊が若松に戻って来ます。
そして、坂下(ばんげ)に待機していた衝鋒隊とともに若松城に向かいます。
この衝鋒隊には、城に入れなかった「娘子軍」が男装をして従軍していました。
越後街道の柳橋まで進むと、新政府軍と衝突します。
男装していた女たちは、見破られて生け捕りにされそうになりますが、なぎなた免許皆伝の中野竹子は、敵を切り伏せます。
しかし、銃弾がその胸を貫きました。
jougai02.jpg 
中野竹子殉節の碑がたてられています。
jougai01.jpg 

jougai03.jpg 

8月26日
越後口から引き上げた会津軍は、城に入れませんでしたが、日光口方面から引き上げた家老山川大蔵(やまかわおおくら)は、首尾よく入城します。
山川は、新政府軍に包囲されている若松城を見て、考えました。
近くの農家から太鼓を借り、兵たちに、会津の俗謡「彼岸獅子」のはやしをうたわせました。
新政府軍は、これを百姓の行列だと思い、ながめていました。
そのすきに、まんまと入城してしまったのです。
jougai04.jpg 

若松城を包囲した新政府軍は、若松城の南東にある小田山が要害であることを探り出し、大砲を持ち込んで設置します。
jougai05.jpg 
小田山公園入口から歩いて15分、8か所の砲台の跡が、残っています。
jougai06.jpg 
小田山から若松城までは、約1300m、高低差約100mでした。
jougai07.jpg 
砲台跡から若松城は、すぐ近くに見えます。
jougai08.jpg 
天守閣までよく見えます。
jougai11.jpg 
ここに、アームストロング砲を据え付けました。
jougai09.jpg 
命中したかどうかが、よく見えるので、新政府軍は、だんだんに、その精度を上げていきました。
jougai10.jpg 
ねらいすました砲撃が続き、城内では、死傷者が続出します。
籠城戦が始まりました。

城下での攻防につづく

会津でのお泊まりは、こちらへ↓


福島の物産は、こちらからどうぞ↓

よかったらこちらをクリック

福島県ランキング