猪苗代 第9回つながるマルシェ つながるしぇ

2018年10月14日
福島県猪苗代町の体験交流館「学びいな」で行われた、「第9回つながるマルシェ つながるしぇ」に行ってきました。8月に続いて、今年3回目のマルシェです。
tunagaru51.jpg 
主催は、「つながるしぇ実行委員会」です。
今回も、販売や体験など、大人も子どもも楽しめる市場でした。
tunagaru62.jpg 
ちらしも、手作りっぽいです。
tunagaru63.jpg 
大きく分けて、3つのコーナーになっています。

WORKSHOP & SHOPPING は、服やアクセサリーを作って売っている店が並んでいます。
tunagaru52.jpg 
会津木綿の店もあります。
模様の組み合わせが、すてきです。
tunagaru54.jpg 
木製のスプーンがかわいいです。
tunagaru55.jpg 
最近流行の、多肉植物の店もあります。
tunagaru57.jpg 
フリーマーケットや、物々交換の店もあります。
tunagaru53.jpg 

VEGETABLES は、野菜の店です。
リンゴや、カボチャがおいしそうです。
tunagaru56.jpg 

FOOD は、出張販売や、販売車で売っている店です。
tunagaru58.jpg 
ニンジンのキッシュを買って食べました。
ニンジンいっぱいで、チーズの味がおいしかったです。
tunagaru59.jpg 
Banyan Bakery は、福島県平田村のパンやで、移動販売車です。
tunagaru60.jpg 
ベトナムコーヒーといっしょに、じゃがマサラを買って食べました。
あんこの代わりに、マッシュポテトが入っているパンで、香辛料の香りがよくおいしかったです。
tunagaru61.jpg 

猪苗代町の「つながるしぇ」の今年の予定は、終わりです。
また、来年をお楽しみに。

会津でのお泊まりは、こちらへ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

鶴ヶ城天守閣 秋の企画展「1868年の会津藩」

福島県会津若松市の鶴ヶ城、その天守閣の中で開催中の企画展「1868年の会津藩」を紹介します。
turugajo01.jpg 
鶴ヶ城は、昭和の時代に天守閣が復元され、美しい城として、観光名所になっています。
外から眺めてもいいのですが、天守閣の中が、資料館として公開されていますので、ぜひ、入ってみてください。
入場料は、大人410円ですが、観光パンフレットなどに、割引クーポンが付いているので、探してみるといいです。
常設展では、葦名氏の時代から、幕末までの鶴ヶ城(若松城)の資料や映像を見ることができます。
今年は、戊辰戦争があった1868年から150年ということで、会津若松市内でいろいろなイベントをやっています。
鶴ヶ城でも、9月15日~11月6日、企画展として「1868年の会津藩」を開催しています。
turugajo02.jpg 
戊辰戦争は、当時の会津藩にとって、「義」を守る戦いでした。
その歴史を振り返る貴重な資料が展示されています。
turugajo03.jpg 

まず、城の外側と最上階からの景色を紹介します。
城の本丸に入る西側の門の前から見た天守閣です。
高い石垣の上に、白いきれいな天守閣が見えます。
turugajo05.jpg 
天守閣の最上階の五層から見える景色です。
天守閣から続いているのは、南走長屋と千飯櫓です。
turugajo06.jpg 
天守閣の下、本丸跡は、広場になっています。
turugajo07.jpg 
天守閣から北の方を見ると、門から続く追手通りが見えます。
ここは、戊辰戦争で会津藩の降伏式を行ったところです。
turugajo08.jpg 
北東の方には、会津のふるさとの山、磐梯山が見えます。
turugajo09.jpg 

天守閣の中は、五層になっています。
一層から四層までが、資料館になっていますが、撮影禁止です。
展示されている様子を紹介できません。
そこで、今回の企画展の資料集「一八六八年の会津藩」を買いました。
展示されていたものの写真と資料でボリュームがあります。
turugajo10.jpg 
いくつかの写真を紹介します。
当時の会津藩主松平容保の写真です。
turugajo11.jpg 
京都の戦争の絵図です。
turugajo12.jpg 
会津若松城下の絵図です。
turugajo13.jpg 
奥羽越列藩同盟の旗です。本物が展示されています。
turugajo14.jpg 
新政府軍が持ち込んだ錦旗です。
これにより新政府軍が官軍、会津藩が賊軍になりました。
turugajo15.jpg 

貴重な資料が展示されている天守閣の企画展に、行ってみてください。
福島県立博物館とは、内容が重ならないようになっています。

また、10月には、本丸などで、イベントが企画されていますし、紅葉がきれいになる時季です。
turugajo04.jpg 
会津においでください。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

戊辰150周年記念 会津まつり「会津藩公行列」

2018年9月23日
会津まつりの会津藩公行列を見に行ってきました。
aidumaturi01.jpg 
会津まつりは、会津若松市最大のイベントです。
さらに、今年は、戊辰150周年記念ということで、いろいろな面で大規模に行われました。
まつりの案内パンフレットは、8ページ構成で、行列の配役や、進行コースが詳しく書いてありました。
aidumaturi02.jpg 
新会津人は、あまり気合いを入れず、ふらっと行ってみました。
そして、神明通りの大町四ツ角で人垣の後ろから行列を見ました。
行列の前半途中からでしたので、奥羽越列藩同盟の参加者を見ました。
aidumaturi03.jpg 
会津若松のメインストリートの神明通りを歩く武者行列は、なかなかかっこいいです。
見物のお客さんは、アーケード街の1列目に、早い時間から場所を取っていたようですが、行列が曲がる交差点では、3列目ぐらいでも、近くで見ることができました。
大町四ツ角は、おすすめの場所です。
aidumaturi04.jpg 
行列の後半は、会津藩です。
朱雀隊、青龍隊、大砲と続き、次は、家老です。
aidumaturi05.jpg 
藩主松平容保役は、松平家14代松平保久さんです。
aidumaturi06.jpg 
今年のメインとも言うべき、綾瀬はるかと、鈴木梨央でしたが、後ろ向きでした。
aidumaturi07.jpg 

行列が通過したところで、移動しました。
おいしいものを食べてから、午後の部を見るために、七日町通りに行ってみました。
七日町市民広場前は、場所取りをしている人はいなくて、近くで見ることができました。
aidumaturi08.jpg 
行列の参加者、順序は、同じですが、七日町通りは、道幅が狭いので、間近で見ることができます。
ここも、おすすめポイントです。
aidumaturi09.jpg 
古い建物の店の前を通る武将たちは、いい絵になりますよね。
会津まつりは、1年に1回なので、次回は、来年になりますが、参考にしてください。

会津でのお泊まりは、こちらへ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

福島県ランキング