野口英世の恩師「小林栄」ふるさと記念館 開館しました

福島県猪苗代町、小林栄(こばやしさかえ)ふるさと記念館を紹介します。
kobayasi01.jpg
小林 栄(こばやし さかえ)は、幕末1860年に、猪苗代城下の武士の息子として生まれました。
1940年(昭和15年)に亡くなるまで、猪苗代の教育に携わった人です。
猪苗代小学校の教員時代に、猪苗代出身の野口英世と出会い、英世の恩師として研究を支援していきます。

小林栄の功績は、これまで、あまり紹介されていませんでした。
平成30年にからの小林栄顕彰会の活動により、ふるさと記念館を開館することになりました。
平成31年7月20日、小林栄の生家に、ふるさと記念館が開館しました。
kobayasi02.jpg
2階建ての蔵と、母屋の一部を改築して、公開しています。
kobayasi03.jpg
入館料は、無料です。
開館日は、10月中旬までの毎週日曜日です。
10:00~16:00で、受け付け案内の方がいます。
駐車場は、近くの亀ヶ城駐車場が使えます。

パンフレットを見ると、小林栄の功績がだいたい分かります。
kobayasi04.jpg

戊辰戦争からの復興には、教育がいちばんという信念で、猪苗代で学校の先生になります。
野口英世と出会い、その才能の素晴らしさを見いだし、支援します。
猪苗代日新館を創り、地域の青年の教育に当たります。
野口英世の功績を知らせるため、野口英世記念館をつくります。
kobayasi05.jpg
小林栄の功績と、野口英世にかかわる資料が、蔵の1階、2階、そして、母屋に展示してあります。

蔵の1階には、
kobayasi06.jpg
小林栄の年譜や、野口英世の書などがあります。
kobayasi07.jpg

蔵の2階には、
kobayasi08.jpg
小林栄が使っていた物や、写真などが展示されています。
kobayasi09.jpg
小林栄が教員時代に使った資料や、野口英世からの手紙などがあります。
kobayasi10.jpg
この蔵は、明治41年に建てられたようです。
kobayasi11.jpg
小林栄の肖像画は、野口英世がかいたものです。
kobayasi12.jpg
野口英世から小林栄に宛てた手紙です。
kobayasi13.jpg
猪苗代日新館は、私塾で、学校の校舎や寺を間借りしていたようです。
猪苗代の青年たちに学問を与えました。
kobayasi14.jpg
地方村是の歌の作成は、地方産業の振興を目指して全国的に行われたもので、猪苗代地方の歌は、小林栄が作りました。

母屋は、古い建物の土台を上げ、まわりを改築しました。
kobayasi15.jpg
2部屋が公開されています。
kobayasi16.jpg
戸棚や、座卓などがあります。
kobayasi17.jpg
由緒ある家具が保存されていたようです。
kobayasi18.jpg
近衛文麿の書があります。
kobayasi19.jpg
野口英世像があります。
kobayasi20.jpg
野口英世の位牌です。
野口英世の研究成果を後世に伝えるため、野口英世記念館をつくりました。

猪苗代の教育と、野口英世に大きくかかわった小林栄。
貴重な資料が公開されている、ふるさと記念館に行ってみませんか。
猪苗代でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

稲穂が出そろい、そばの花も咲き始め 磐梯山に小さい秋

福島県猪苗代町は、田んぼの稲穂が出そろい、そばの花が咲き始めています。
小さい秋を見つけました。
sirodu51.jpg
台風が遠ざかり、2日ぶりに磐梯山がきれいに見えました。
日中は30度を越える暑さでしたが、夜は、涼しい風が吹くようになり、明日からは、曇り空になるようです。

磐梯山がよく見える田んぼは、稲の穂が出そろい、稔るのを待つばかりです。
sirodu52.jpg
青空にそびえる磐梯山もきれいです。
sirodu53.jpg

猪苗代町では、そば畑が広がっているところがあります。
そばは、芽が出てから花が咲くまでの期間が短いです。
そのため、種をまく時季をずらしているようです。
sirodu54.jpg
春に種まきをした畑は、花が満開になっています。
sirodu55.jpg
夏に種まきした畑は、これから咲き始めるところです。
sirodu56.jpg
そばの花が満開になったら、また見に行きます。

猪苗代ハーブ園で、小さい秋を見つけました。
sirodu57.jpg
コスモス畑のはずれに、もう咲いているコスモスの花がありました。
sirodu58.jpg
広いコスモス畑は、ポツポツと、咲いている花があります。
あと1~2週間で、見ごろになりそうです。
高原地帯の猪苗代、磐梯山には、一足早く小さい秋が訪れています。

リステルでは、ランチ、日帰り温泉営業中です↓

よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

見て、ふれて、遊べる公園「会津レクリエーション公園」

福島県会津若松市にある、「会津レクリエーション公園」を紹介します。
aidureku01.jpg
万葉集の中で、会津をうたったただ一つの歌です。
この歌碑は、会津レクリエーション公園の「会津文学の道」にあります。

会津レクリエーション公園は、会津若松市の東側、猪苗代湖に近い湊地区にあります。
国道49号線に面していて、入りやすい所です。
1986年(昭和61年)から20年の歳月をかけて、平成18年4月に全面開園しました。
園内は、総面積 42.6ha、東西 約0.5km、南北 約1kmの広大な敷地で、いろいろな施設があります。
今回は、第1駐車場から会津文学の道までを紹介します。
aidureku02.jpg
国道49号線から入ってすぐ、第1駐車場があります。
公園の入口には、トイレと飲み物の自動販売機があります。
林の中に入っていく遊歩道があり、名前が付いています。
aidureku10.jpg
会津文学の道は、公園全体から見ると、一部分ですが、散歩するのには、ちょうどいい道です。
aidureku03.jpg
道の両側の木は、けっこう大きくて、木陰になっていて、涼しいです。
分かれ道には、案内板があり、分かりやすいです。
aidureku08.jpg

会津文学の道に入ると、歌碑があります。
aidureku04.jpg
会津若松の基礎をつくった蒲生氏郷の歌です。

aidureku05.jpg
竹久夢二が会津滞在中につくったと言われている歌です。

aidureku06.jpg
高村光太郎が智恵子と一緒に旅の途中で詠んだ歌です。

aidureku07.jpg
水原秋桜子は、会津を詠んだ句が多いです。

歩く人が少ないのか、細い道は、草が伸びているところがありますが、季節の草花を見ることもできます。
aidureku09.jpg
中央広場や、遺跡の広場など、行ってみたい所がいろいろあるので、涼しくなったら、また行ってみます。
秋の草花も、見られそうです。
会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

よかったらこちらをクリック

動物園・水族館・植物園ランキング

福島県ランキング