福島県立博物館が、開館しました 企画展「ふくしまの旅」

緊急事態措置の解除にともない、5月16日、会津若松市の福島県立博物館が、開館しました。
hakubutukan64.jpg
会津若松市の鶴ヶ城三の丸にある福島県立博物館では、福島県内全般の資料の展示、公開をしています。
冬の間を含めて、通年開館していますが、今年は、4月から新型コロナウイルスの感染拡大防止のため臨時休館していました。
5月16日から開館したので、行ってみました。
hakubutukan51.jpg
春の企画展は、「ふくしまの旅ー懐かしの景色を訪ねてー」です。
企画展の観覧料は、500円ですが、年間パスポート1500円を買いました。
ウイルス対策で、消毒アルコールがあったり、シートが張ってあったり、物々しい雰囲気です。
その中で、うれしかったのは、記念切符をもらえたことです。
hakubutukan52.jpg
国鉄の硬券切符と同じようなつくりです。
よく見ると、書いてあることがおもしろいです。

企画展は、1階の広い部屋です。
江戸時代後半から昭和の時代までの旅のお供や、福島の交通、観光地の様子などが展示されています。

歩いて出発~徒歩の旅~
hakubutukan53.jpg
本物のかごは、個人所有です。
日時計付き算盤、矢立、小刀内蔵。こんな便利な物が昔からあったんですね。

速いぞ列車~鉄道の登場~
hakubutukan54.jpg
明治になって、今のJR東北本線が開通し、鉄道の時代になります。
会津まで鉄道を延ばすのに、ルート選定で、ずいぶんもめたようです。
hakubutukan55.jpg
昭和の時代の特急、急行列車のプレート。
乗ったことがあるという懐かしさです。
hakubutukan56.jpg
昔は、ホームで駅弁を売っていました。
hakubutukan57.jpg
福豆屋は、今も駅弁を作って売っています。
説明を見ると、昔の方が、駅弁の種類が多かったようです。
hakubutukan58.jpg
鉄道模型の展示もあります。
3編成の列車が、元気に動いています。

ふくしま到着~温泉・観光地の歴史~
hakubutukan59.jpg
飯坂温泉や、飯坂電車の様子が、昔のパンフレットや絵はがき、ニュース映像などで紹介されています。
観光地と言えば、会津若松。
hakubutukan60.jpg
「会津博」というイベントがあったことを初めて知りました。
昭和42年に、戊辰100年記念で行われています。
今から50年前、「白虎隊から宇宙旅行まで」おもしろいテーマです。
鶴ヶ城が再建されたのが、昭和40年なので、多くの観光客でにぎわったようです。
hakubutukan61.jpg
ニュース映像には、自衛隊の戦車に乗る子供たちも出ています。

この時代のもう一つの観光地は、常磐ハワイアンセンターです。
hakubutukan62.jpg
昭和41年開業のハワイは、たいへんなにぎわいでした。

福島のお土産
hakubutukan63.jpg
昭和の時代、全国的に流行していたのが、提灯。
hakubutukan64.jpg
そして、ペナントでした。
自分も集めていましたが、どこに行ってしまったのでしょう。
そんな中、今でも人気があるのは、白虎刀。
hakubutukan65.jpg
会津若松市内のタカハシ産業が作った木刀で、昭和60年頃が最盛期でした。
今も、修学旅行生には、人気があるおみやげです。
hakubutukan66.jpg
赤べこは、張り子なので、型があるのは、知っていましたが、木型と陶製型があったということです。
陶製型は、本郷焼です。
hakubutukan67.jpg
お土産コーナーにあった物で、おもしろいなと思ったのは、「會津五名鑑」です。
昭和12年発行で、当時の職業と5つの店名が書いてあります。
今でも続いている店もあるし、なくなった職業もあります。
時代の変遷は、おもしろいです。

展示の中心は、昭和の時代の物なので、懐かしく感じる人が多いと思います。
ちょっと昔の福島にタイムスリップしてみませんか。

2回以上行く、と言う人には、年間パスポートがお勧めです。
hakubutukan68.jpg
今のところ、イベントは未定になっていますが、そのうち、講演会や説明会の予定も出てくると思います。
近いうちに、また行ってみるつもりです。

よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

ぐるっと 会津のひなめぐり 6市町村クリア

福島県会津地方6市町村で開催している「会津のひなめぐり」後半を紹介します。
hinameguri51.jpg
2月2日から3月3日まで、会津地方の6市町村で、ひな飾りを展示、公開して、スタンプラリーをやっています。
3日間で、6市町村クリアしました。
hinameguri52.jpg
スタンプを集めながら、ひな飾りの写真を撮りました。
後半の3市町村を紹介します。

猪苗代町「まるしめ」
hinameguri53.jpg
猪苗代町の商店街にある「まるしめ」には、たくさんのひな飾りがあります。
七段飾りが3セットあるほか、つるしびなや、古い人形などもあります。
この七段飾りは、昭和初期のものです。
hinameguri54.jpg
珍しいのは、ひな飾りの掛け軸です。
古い時代の物のようです。
錦絵のような鮮やかな色で、ひな人形が描かれています。
hinameguri55.jpg
つるしびなも、かわいいです。

喜多方市「ぬりの里」
hinameguri56.jpg
ぬりの里は、蔵を改造して店にしている所です。
漆器の展示販売と、軽食喫茶の店です。
喫茶の店に、七段飾りがあります。
hinameguri57.jpg
喜多方市内では、約60店で、ひな飾りを展示しています。
ピンクののぼりが、目印です。

会津美里町「美里蔵」
hinameguri58.jpg
美里蔵には、会津本郷焼のひな人形と絵皿があります。
鮮やかな色は、ないですが、優しい顔のおひな様です。
hinameguri59.jpg
焼き物の町らしい人形です。
hinameguri60.jpg
天井からぶら下がる、つるしびなも、かわいいです。

スタンプラリーは、6市町村クリアしました。
応募箱に入れたので、地元の物産が当たるのが楽しみです。

よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

ぐるっと 会津のひなめぐり

福島県会津地方6市町村で開催している「会津のひなめぐり」を紹介します。
hinameguri31.jpg
2月2日から3月3日まで、会津地方の6市町村で、ひな飾りを展示、公開して、スタンプラリーをやっています。
昨年も開催されましたが、今年は、展示している場所が一部、変わりました。
hinameguri32.jpg
会津若松市と、その周辺の市町村なので、あまり遠くなく、巡りやすいです。
スタンプを集めながら、ひな飾りの写真を撮りました。
はじめに、3市町村を紹介します。

会津坂下町「太郎庵会津坂下店」
hinameguri33.jpg
会津のお菓子屋さん太郎庵の店内です。
もともと小さい店の中に、小さい飾りが並んでいます。
ひな人形と一緒にお菓子も並んでいます。
hinameguri34.jpg
つるしびなもあります。
色鮮やかな布で、丁寧に作ってある飾りです。
動物や、玉など、形もいろいろです。
hinameguri35.jpg
小さい段飾りの人形は、土人形でしょうか。
かわいいです。
おいしいお菓子が、たくさんあるので、お菓子を買って食べながら、ゆっくり鑑賞できます。

湯川村「湯川たから館」
hinameguri36.jpg
たから館には、「男はつらいよ」シリーズの撮影監督である、湯川村出身の高羽哲夫氏の遺品が展示されています。
入口のホールに、りっぱな七段飾りがあります。

会津若松市「せき薬局」
hinameguri37.jpg
せき薬局では、店の外から見えるところに、小さいひな人形があります。
窓ガラスの格子が見えていますが、店に入らなくても見られるのは、いいかもしれません。
紙の人形がかわいいです。

残り3か所は、近いうちに紹介します。
昨年は、スタンプラリーに応募し、会津美里町の物産が当たりました。
今年も頑張ります。

よかったらこちらをクリック

福島県ランキング
プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

ランキング参加中
応援おねがいします
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
最新コメント
リンク
QRコード
QR