なめらかでふわふわ レアチーズケーキ

なめらかで、ふわふわのレアチーズケーキを作りました。
reatizu01.jpg 

材料
【台】
クラッカー  60g
バター  60g
砂糖  大さじ1
【クリーム】
クリームチーズ  200g
生クリーム  200ml
牛乳  50ml
卵黄  1個分
ゼラチン  大さじ1
水  大さじ3
レモン汁  15ml

機械・道具
パイ皿
泡立て器

作り方
【台】
①クラッカーをビニール袋に入れる。
reatizu02.jpg 
②まな板の上に広げ、麺棒でたたいて、細かくする。
reatizu03.jpg 
③湯せんにして、バターと砂糖を溶かす。
reatizu04.jpg 
④くだいたクラッカーを入れて、よくまぜる。
reatizu05.jpg 
⑤パイ皿に入れ、平らに押しつけ、冷蔵庫で30分冷やす。
reatizu06.jpg 

【クリーム】
①生クリームをボールに入れ、泡立て器で、とろりとするぐらいに泡立てる。
reatizu07.jpg 
②クリームチーズを別のボールに入れ、湯せんで溶かして、クリームのようにする。
reatizu08.jpg 
③クリームチーズの中に、レモン汁と卵黄と生クリームを入れて、よくまぜる。
reatizu09.jpg 
④別のボールに、水とゼラチンを入れて、溶かしておく。
⑤牛乳を電子レンジで温め、ゼラチンとまぜる。
reatizu10.jpg 
⑥クリームとゼラチンが溶けた牛乳をよくまぜる。
reatizu11.jpg 
⑦パイ皿のクラッカーの上に、クリームを流す。
皿をゆすって、平らにする。
reatizu12.jpg 
⑧冷蔵庫で1時間以上冷やして固める。
reatizu13.jpg 
冷えて固まったので、見た目は変わりませんが、完成。
reatizu14.jpg 
なめらかで、ふわふわで、ちょうどよいやわらかさでおいしいです。
下の台の固さと合います。
チーズの味と、レモンの酸味がよく合います。
クリームは、甘くないので、ジャムや甘いくだものをのせると、いい味になります。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

手作りお菓子ランキング

福島県ランキング

北海道の漬物の味をめざす「ニシン漬け」

北海道の漬物「ニシン漬け」を作りました。
nisinduke01.jpg 
ニシン漬けは、北海道の名物の漬物です。
身欠きニシンは、福島県会津地方でも冬の保存食として、よく使われる食材です。
ダイコンも豊富に出回っているので、ニシン漬けを作ってみました。

材料
身欠きニシン  半身2枚
ダイコン  1kg
キャベツ  270g
ニンジン  1/3本(60g)
米麹  85g
塩  材料の3%
唐辛子  1本

作り方
①ダイコンは、洗って皮をむかずに乱切りにし、3%の塩(30g)で1日漬ける。
nisinduke03.jpg 
②身欠きニシンは、米のとぎ汁に1日ひたす。

③やわらかくなったニシンは、水洗いし、水気をキッチンペーパーでふく。
1cmぐらいに切る。
nisinduke02.jpg 
④キャベツは、3cmぐらいに切る。
nisinduke04.jpg 
⑤ニンジンは、千切りにする。
nisinduke05.jpg 
⑥野菜と、3%の塩(10g)、米麹、ニシン、唐辛子をまぜて、ボールに入れる。
nisinduke06.jpg 
⑦よくまぜて、2kgぐらいのおもしをのせる。
⑧水が上がったら、密閉袋に入れて冷蔵庫で保存する。
nisinduke08.jpg 
ユズを入れてもいいです。
1週間ぐらいで食べ頃になります。
北海道の味が楽しめました。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

料理ランキング

福島県ランキング

やわらかく煮えた 会津の「花豆」

会津の郷土料理の一つ「花豆」を煮ました。
hanamame01.jpg 
花豆は、インゲンの一種のベニバナインゲンの豆です。
会津地方の高地で作られ、直径2.5cmほどの大きな豆です。
豆の色は、茶色のものと、白い部分がまざったものがあります。
会津地方では、甘く煮て食べます。

材料
花豆  150g
砂糖  120g
塩  2g

道具
圧力なべ

作り方
①水洗いした豆と、水500mlぐらいをなべに入れ、中火で煮る。
hanamame02.jpg 
②ふっとうしたら、水200mlを入れて、また煮る。
hanamame03.jpg 
③ふっとうしたら、ゆで汁を捨てて、豆をざるに取る。
hanamame04.jpg 
④圧力なべに、豆と水500mlぐらい入れ、中ぶたを入れて、強火で圧力をかける。
⑤圧力がかかったら、弱火にして、12分煮る。
⑥圧力が下がったら、ゆで汁を捨てる。
hanamame05.jpg 

⑦豆がかぶるぐらいの水300mlと、砂糖半量を入れて、中火でふっとうさせ、弱火で5分煮る。
⑧残りの砂糖と塩を入れ、弱火で5分煮て、完成。
hanamame06.jpg 
そのまま冷ますと、味がしみます。

固いところがなく、やわらかくて、甘く煮えました。
皮がしわになったところがあったのが、反省点です。
裏磐梯や、西会津では、煮豆として売っています。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

手作りお菓子ランキング

ご当地グルメランキング