薄力粉で、昔ながらの「ホットケーキ」

薄力粉を使って、昔ながらのホットケーキを作りました。
hotokeki09.jpg
テフロン加工のフライパンで、きれいに焼けます。

材料
薄力粉  100g
ベーキングパウダー  小さじ1
卵  1個
牛乳  100ml
砂糖  30g
サラダ油  大さじ1

道具
テフロン加工のフライパン または、ホットプレート

作り方
①卵、牛乳、砂糖、サラダ油をボールに入れる。
hotokeki01.jpg
②泡立て器で混ぜる。
hotokeki02.jpg
③薄力粉とベーキングパウダーをふるって入れる。
hotokeki03.jpg
④粉っぽくなくなるように混ぜる。
hotokeki04.jpg
⑤ざっくり切るように混ぜる。
hotokeki05.jpg
⑥テフロン加工のフライパンを弱火~中火で温める。
油は、ひかない。
生地をおたまで1杯、15cmぐらいの高さから入れる。
hotokeki06.jpg
⑦2分ぐらい焼くと、表面に泡が見えてくる。
hotokeki07.jpg
⑧フライ返しで裏返す。
hotokeki08.jpg
⑨焼き色がきれい。
2分焼いて、串をさして、生地が付かなくなくなればよい。
hotokeki09.jpg
完成
同じように、おたま1杯で焼くと、3枚できます。
重ねて皿に盛り付け、バターをのせ、メイプルシロップか、ハチミツをかけて食べます。

今回は、厚くふくらみませんでしたが、もちもちしておいしかったです。
ふくらみが弱いのは、生地がややゆるかったのかもしれません。
テフロン加工のフライパンをうまく使うと、こげないで、きれいに焼けます。

よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

ふわふわでとろけるチョコの味「チョコレートケーキ」

ビターチョコを使って、チョコレートケーキを作りました。
tyokokeki63.jpg
しっかり混ぜて焼くだけ、簡単でおいしいチョコケーキです。

材料
ブラックチョコレート(板チョコ)  150g
バター  80g
全卵  3個
砂糖  80g
ココア  30g
素焼きアーモンド  40g

機械
ハンドミキサー

作り方
①ボールに割ったチョコレートとバターを入れる。
tyokokeki51.jpg
②湯せんで溶かし、よく混ぜる。
tyokokeki52.jpg
③別のボールに卵と砂糖を入れる。
tyokokeki53.jpg
④湯せんで混ぜて、砂糖を溶かす。
tyokokeki54.jpg
⑤ハンドミキサーで白くなるまで泡立てる。
tyokokeki55.jpg
tyokokeki56.jpg
⑥チョコに、卵を加え、マーブル状になるまで混ぜる。
tyokokeki57.jpg
⑦ココアを入れて、ざっくり混ぜる。
tyokokeki58.jpg
⑧きざんだアーモンドを入れ、2~3分よく混ぜる。
tyokokeki59.jpg
⑨スプーンなどで、型に流す。
tyokokeki61.jpg
型の直径は、3~5cmぐらい。
クッキーのように固くならないので、大きめの型でもよい。
tyokokeki60.jpg
⑩オーブンで焼く。予熱あり160度で20分。
tyokokeki62.jpg
2倍ぐらいにふくらんだ。
完成
tyokokeki64.jpg
表面は、カリッとしているが、中は、やわらかい。
冷めると湿気が抜けて、型からきれいに取れます。
甘くて、チョコの味が濃いです。
やわらかくて、口の中で溶けますが、アーモンドのカリカリ感が、いいアクセントになっています。

よかったらこちらをクリック

グルメランキング

福島県ランキング

甘くてホクホク「カボチャ甘煮」

旬のカボチャを甘く煮ました。
kabotya08.jpg
旬を迎えたカボチャです。いろいろな料理法がありますが、甘く煮て、スイーツとして食べます。

材料
カボチャ  1/2個(種を含めて680g)
砂糖  大さじ6
みりん  大さじ1
塩  小さじ1/2
しょうゆ  小さじ1/2
水  200ml+50ml

作り方
①カボチャは皮をよく洗い、スプーンなどで種を取る。
kabotya01.jpg
②3~5cm角に切る。
kabotya02.jpg
③なべに水を200mlぐらい入れ、砂糖とみりんを入れる。
カボチャを皮を下にして並べる。
kabotya03.jpg
④ふたをして、火を付けて、中火で煮る。
沸騰したら、そのまま2分ぐらい煮る。
kabotya04.jpg
⑤弱火にして、6~7分煮る。
竹串がささったら、煮えてます。
kabotya06.jpg
⑥水50mlに、塩としょうゆを溶かし、カボチャに、まんべんなく振りかける。←ポイント1
kabotya05.jpg
⑦弱火で2~3分煮る。
kabotya07.jpg
完成
火を止めたら、そのまま冷ます。汁がしみこんで、カボチャに味がしみる。←ポイント2

ポイント1・・・塩は後から入れますが、水に溶かして入れることで、塩味が全体に広がります。
ポイント2・・・煮えた状態から冷めるまでに、カボチャに汁の味がしみこみます。
汁が少なくなることで、ホクホクした食感になります。
このレシピで煮ると、たいていのカボチャは、甘くてホクホクになります。
初めに入れる水の量を少なくすると、さらにホクホクになります。

よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング
プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

ランキング参加中
応援おねがいします
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
最新コメント
リンク
QRコード
QR