甘味と酸味のバランスがよい「アップルタルト」

リンゴとサツマイモを使って、アップルタルトを作りました。
aptaruto01.jpg
りんごコンポートを作り、スイートポテトペーストを作り、タルト生地にのせて焼きました。

【りんごコンポート】
材料
りんご(紅玉)  2個
白ワイン  100ml
砂糖  80g
はちみつ  20g
ローリエ  1枚
クローブ  1粒
レモン砂糖漬け  3枚

作り方
①りんごは、皮をむいて、芯を取り、16等分に切る。
aptaruto02.jpg
②なべに調味料を入れる。レモンは、みじん切りにする。
中火で5分煮る。
aptaruto03.jpg
③弱火にして、さらに5分煮る。
aptaruto04.jpg
りんごが透き通ったら、完成。
冷ますと、味がしみます。
このまま食べてもおいしいです。
アップルパイに使ってもいいです。
冷凍保存ができます。

【スイートポテトペースト】
材料
サツマイモ  220g
砂糖  30g
塩  少々
牛乳  大さじ1
バター  10g

作り方
①サツマイモは、皮をむいて、1~2cmの輪切りにする。
いもがかぶるぐらい水を入れて、中火で5分ぐらい煮る。
いもがやわらかくなるまで。
aptaruto05.jpg
②お湯を捨てて、弱火で水分を蒸発させてから、スプーンかポテトマッシャーでつぶす。
aptaruto06.jpg
③砂糖、塩、牛乳、バターを入れて、弱火で練る。
aptaruto07.jpg
固いところがなくなったら、完成。
このまま食べてもおいしいです。

【タルト生地】
材料
薄力粉  100g
オリーブオイル  20g
牛乳  30g
塩  少々
強力粉(打ち粉)

作り方
①薄力粉と、ほかの材料をボールに入れ、スプーンで混ぜる。
aptaruto08.jpg
②全体的に混ざったら、丸くまとめる。
均質になるように、ちょっと練った方がよい。
aptaruto09.jpg
③ラップに包んで、冷蔵庫で30分以上休ませる。
aptaruto10.jpg
④打ち粉をした上で、めん棒を使って、薄くのばす。
ひび割れしたところは、のばしてくっつける。
aptaruto11.jpg
⑤タルト型に、しきつめる。
はみ出した部分は、切る。
別の場所にくっつけてもよいが、焼けると、はがれる。
aptaruto12.jpg
⑥底の部分に、フォークで穴をあける。
クッキングペーパーをしき、その上に生米をのせ、オーブンで空焼きする。
aptaruto13.jpg
⑦220度で、15分焼く。
スイートポテトペーストを底にしく。
aptaruto14.jpg
⑧ポテトペーストを1cmぐらいしいたら、りんごを並べる。
aptaruto15.jpg
⑨シナモンパウダーをふりかける。
レモンをのせてもよい。
aptaruto16.jpg
⑩オーブン180度で、10分焼く。
aptaruto17.jpg
ややこげ目が付いたら、完成。

シナモンの香りがいい。
サクサクのタルト、サツマイモの甘さ、りんごの酸味が、口の中で混ざり合って、おいしいです。
タルトをパイにしても、いいです。
りんごも、ポテトペーストも、それぞれ違うお菓子に使えます。

よかったらこちらをクリック

手作りお菓子ランキング

福島県ランキング

柿のおいしさがひきたつ「柿のチーズプリン」

渋抜きした柿をのせた、柿のチーズプリンを作りました。
kakipurin12.jpg
クリームチーズを使ったプリンと柿を合わせました。
KFB福島放送ヨジデスの「ぱぱっとゴハンデス」で紹介されたレシピです。

材料
渋抜きした柿  2個
クリームチーズ  50g
粉ゼラチン  5g
水  大さじ2
砂糖  30g
卵黄  1個分
牛乳  250ml
ラム酒  少々

作り方
①粉ゼラチンを水でもどす。
kakipurin02.jpg
②クリームチーズをボールに入れ、木べらで、よく練る。
マヨネーズぐらいのやわらかさになるまで。
kakipurin03.jpg
③砂糖を2回に分けて入れてまぜる。
kakipurin04.jpg
④卵黄を入れてまぜる。
kakipurin05.jpg
⑤牛乳を60度に温める。電子レンジを使うとよい。
kakipurin06.jpg
⑥ゼラチンと牛乳をまぜて、溶かす。
kakipurin07.jpg
⑦クリームチーズに、牛乳を少しずつ加えてまぜる。
ラム酒を少々加える。
kakipurin08.jpg

⑧柿を1cm角に切る。
kakipurin09.jpg
⑨器に切った柿の半分の量を入れる。
kakipurin10.jpg
⑩チーズ液を入れる。
kakipurin11.jpg
⑪冷蔵庫で1~2時間冷やして固める。
kakipurin12.jpg
固まった物に、切った柿をのせて完成。
メイプルシロップをかけてもよい。

甘すぎないプリンの味と、柿の味がよく合っておいしいです。
メイプルシロップの風味も、柿と合います。
プリンのねっとり感と、柿のシャキシャキ感も、いい組み合わせです。

材料がそろっていれば、作るのは、簡単で、いいレシピです。

よかったらこちらをクリック

手作りお菓子ランキング

福島県ランキング

じゅうねんみそを付けて焼く「しんごろう」

じゅうねんみそを作り、しんごろうを作りました。
singorou01.jpg
「しんごろう」は、ご飯を丸めて串にさし、じゅうねんみそを塗って炭火で香ばしく焼いた、会津地方の郷土料理です。
「じゅうねん」とは「エゴマ」のことです。
会津地方では「食べると十年長生きする」と言われていることから、エゴマを「じゅうねん」と呼んでいます。

しんごろうは、下郷町の大内宿や道の駅しもごうで、売っています。
それをまねして、エゴマから、作ってみました。

材料
エゴマ  50g
みそ  50g
砂糖  30g
酒  大さじ1
みりん  大さじ2
しょうゆ  小さじ1/2
うるち米のご飯

作り方
①エゴマをフライパンで、から煎りする。
やや茶色になり、香りが出るまで。
singorou02.jpg
②調味料を計る。
singorou03.jpg
③エゴマをすり鉢ですりつぶす。
はじけて飛ぶことはないので、すり鉢でもOK。
粉のようになって、しっとりするまで。
singorou05.jpg
④調味料を加えて、すって混ぜる。
singorou06.jpg
⑤なめらかになったら、完成。
singorou07.jpg
じゅうねんみそ(エゴマみそ)として、いろいろ使えます。
豆腐やこんにゃくに付けて食べてもいいです。
冷凍にすると、長期保存ができます。

⑥ラップの上に、ご飯をのせ、わりばしを包みこむ。
singorou08.jpg
⑦ラップで包み、ご飯をつぶしながら、形を作る。
ご飯粒がつぶれるぐらい。
singorou09.jpg
⑧じゅうねんみそを塗って、キッチンペーパーにのせる。
オーブントースターで、焼く。200度で3分ぐらい。
singorou10.jpg
⑨こげない程度に焼けたら、完成。
singorou11.jpg
香ばしいじゅうねんの味と、甘さ、しょっぱさが、ご飯と合います。

じゅうねんみそは、びんづめで売っていますが、エゴマを買って、作った方が安くできます。
すりつぶして混ぜるだけなので、簡単にできます。
冷凍した物は、冷蔵庫に数時間入れると、解凍します。
焼きたてしんごろうを作ってみませんか。

よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング
プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
リンク
QRコード
QR