静かな林の中で「オートキャンプ場 きららの森」

2022年5月18~19日
宮城県七ヶ宿町オートキャンプ場 きららの森でキャンプをしました。
sitikasyuku051801.jpg
きららの森は、国道113号線から入った七ヶ宿スキー場の隣です。
駐車場、管理棟は、スキー場の施設です。
sitikasyuku051802.jpg
管理棟の中が受付になっています。
sitikasyuku051803.jpg
薪や食料品が売っていて、シュラフなどのレンタル品も充実しています。

テントサイトは、なっぷのサイトから事前予約しました。
sitikasyuku051804.jpg
オートサイトは、広い所と狭い所があります。
さらにフリーサイトがあって、料金は3段階あります。
今回は、狭い方のオートBサイト 4300円です。
犬OKです。
AかBかは、予約できますが、サイト番号は、事前に指定はできません。
8番のサイトを割り振られていましたが、空きがあれば、変更はできるようです。

8番サイトからAサイトの方を見たところです。
sitikasyuku051805.jpg
右側、木がある方が、広いAサイト、水路の左側、広場になっている方がフリーサイトです。
このキャンプ場は、2019年6月以来、3年ぶりにまた行きました。

昨年から、テントなどの装備が変わったので、3年前とは、ちょっと違うキャンプです。
sitikasyuku051806.jpg
駐車場から奥の方に、アストロドームを張りました。
sitikasyuku051807.jpg
狭いサイトですが、今後のことを考えて、むささびタープを連結して張りました。
サイドに小さいシートも張って、目隠しにしています。
sitikasyuku051808.jpg
この張り方だと、日よけ、目隠しは、ばっちりです。
sitikasyuku051809.jpg
日中は、日よけが必要ですが、朝は冷え込みそうなので、アストロドームの中にワンタッチテントです。
テントの中は、インフレーターマットとシュラフです。
sitikasyuku051810.jpg
ここのオートサイトは、電源、水道付きです。
排水は、川に流れるので、食器洗いなどは、できませんが、水をくむのには、便利です。

サニタリー棟に行ってみます。
sitikasyuku051811.jpg
サニタリー棟は、オートサイトの途中にあり、フリーサイトの人も利用します。
sitikasyuku051812.jpg
流し場は、別棟になっていて、電気も使えます。
sitikasyuku051813.jpg
トイレは、水洗で、きれいです。
sitikasyuku051814.jpg
シャワートイレではないのが、ちょっと残念。
シャワー室もあります。

今回のキャンプ飯は、海産物です。
sitikasyuku051815.jpg
福島県相馬で買ってきた食材です。
炭火グリルで、鍋で調理しました。
sitikasyuku051816.jpg
冷凍のサンマハンバーグは、両面焼くだけですが、焼きたてはおいしいです。
sitikasyuku051817.jpg
冷凍のあんこう、きもセットをあんこう鍋のつゆで煮ました。
追加で入れたのは、豆腐とエリンギです。
あんこうの出しで、熱々でおいしかったです。
sitikasyuku051818.jpg
3品目は、刺身用のイカをまるごと焼きました。
新鮮な魚介は、おいしいです。
海産物を買って、山のキャンプ場で食べる、キャンプの楽しみの一つです。

夜は、晴れて冷え込みましたが、星がきれいに見えました。
sitikasyuku051819.jpg
翌朝、5時起床。
外6.5度、テント内12.3度です。
シュラフ1枚では、ちょっと寒かったです。
sitikasyuku051820.jpg
朝食は、ジェットボイルで調理。
あんこう鍋の残りを温めて、食パンにツナ缶をはさんで、ホットサンドにしました。
料理の写真が撮れてなかった・・・

新緑の季節、林の中のキャンプ場は、爽やかな風が吹いて、気持ちよく過ごすことができました。
ほかのキャンパーは、ソロが3人だったので、話し声も聞こえないし、けものが来ることもなかったので、静かでした。

よかったらこちらをクリック

オートキャンプランキング

生ビールを飲みに「ホップガーデンオートキャンプ場」

2022年4月24~25日
福島県田村市グリーンパーク都路のホップガーデンオートキャンプ場でキャンプをしました。
miyakoji042401.jpg
ホップガーデンオートキャンプ場は、阿武隈山地の中にあり、2021年4月にリニューアルオープンしました。
オートキャンプ場のほかに、宿泊施設、スポーツ公園などがあります。
そして、一番の目玉は、クラフトビールのブルワリーがあることです。

キャンプで、できたてビールが飲める。
このために、4月19日にキャンプをしました。
しかし、この時は、瓶のビールは飲めましたが、生ビールは、飲めませんでした。
それならばと言うことで、土日限定の生ビールを飲むために、もう一度キャンプに行こうと言うことになりました。
4月24日(日)から1泊です。
miyakoji042402.jpg
前回は、火曜日だったので、ほかのキャンパーはいなくて、貸し切り状態でした。
今回は、自分たちのほかに2組いました。
その人達から遠い方、6番サイトにしました。
miyakoji042403.jpg
13:00 到着、チェックインしてからすぐ、アストロドームとワンタッチテントを中に張りました。
この1週間で3泊目だったので、早く張れました。

14:30 ブルワリーの売店へ。
miyakoji042404.jpg
生ビールは、3種類出しています。
まず、3種類セット 1000円にしました。
miyakoji042405.jpg
GOLD、柚香るWhite、BLACKです。
冷えていて、香りも味もよく、それぞれおいしいです。
できたて、つぎたてビールは、うまい。
miyakoji042406.jpg
売店の隣には、醸造タンクが見えます。
常時作っているビールと、季節限定で作っているビールがあるようです。
2杯目は、柚香るWhiteにしました。
miyakoji042407.jpg
グラスになみなみそそいで、おつまみ付き 600円です。
グラスには、ホップの絵がプリントされていて、ステキです。
ちょっと厚めのグラスが、ビールにはちょうどいいです。
このグラスは売っていたので、1500円で買いました。

おいしい生ビールを飲んだので、瓶のビールを買って、テントに戻りました。
miyakoji042408.jpg
アストロドームの中に、カンガルー式でワンタッチテントを張っています。
いす、テーブル、調理台を置くスペースはあります。
この日は、風がなかったので、たき火をしました。
miyakoji042409.jpg
風よけは、倒れないようにペグで止めてあります。
温かさが反射していい感じです。
miyakoji042410.jpg
瓶のビールを飲みながらくつろぎました。

夕食は、ヨークベニマル船引店で買った牛肉と野菜を炭火で焼きます。
miyakoji042411.jpg
炭火の火加減は、肉を焼くのには、ちょうどよかったですが、野菜を焼くのには、時間がかかりました。
miyakoji042412.jpg
後半は、フライパンで生ハンバーグを焼きました。
miyakoji042413.jpg
ハンバーグはうまく焼けたので、次回は、フライパンで作る料理にしようかと思いました。

ほかのキャンパーがいましたが、ジャム(犬)が吠えることもなく、安眠できました。
朝5時に起きたときも、外10度、内14度で、寒くなくてよかったです。
朝食は、ジェットボイルで温めて、ホットサンドを作りました。
miyakoji042414.jpg
ホットサンド用の缶詰(ツナ)は、便利でおいしいです。
ミネストローネスープは、乾燥タイプにお湯です。

同じキャンプ場に続けて行くと、施設、設備が分かっていて使いやすいです。
ここのキャンプ場は、小規模ですが、設備はいいです。
前回紹介しなかった設備の一つ。
miyakoji042415.jpg
ゴミ置き場です。
燃やすゴミは、有料の袋になりますが、資源ゴミは、無料回収でした。
ビール瓶や空き缶を入れました。

生ビールを狙って日曜日にキャンプに行って、よかったです。
土曜日や連休は、混みそうですが、平日は、空いていると言う話でした。
もう一度行きたいキャンプ場です。
よかったらこちらをクリック

オートキャンプランキング

福島県ランキング

林の中でくつろぐ「エンゼルフォレスト那須白河オートキャンプ場」

2022年4月20~21日
福島県天栄村エンゼルフォレスト那須白河オートキャンプ場でキャンプをしました。
enzeru042001_202205020934066d4.jpg
昨年、何度も行ってるエンゼルフォレストですが、今回は、田村市ホップガーデンオートキャンプ場から移動して2泊目のキャンプです。
アストロドームとワンタッチテントの組み合わせで、設営、撤収が簡単だろうと言うことで、移動キャンプをしてみました。
enzeru042002_20220502093407819.jpg
ホップガーデンキャンプ場を10:00に出発して、途中の須賀川市で買い物をして、13:20予定通りエンゼルフォレストに着きました。
撤収したばかりのアストロドームとワンタッチテントを設営するのに、約1時間。
手間がかかるなという感じはしました。
enzeru042003_20220502093409085.jpg
勝手知ったるエンゼルフォレストだったのですが、今回は、サービス低下の感がありました。
この日、キャンプをしていたのは、7~8組ありましたが、キャンプ場の奥の方に入れられました。
手前の方が空いているのに、奥の方は、隣接しています。
わが家は、ジャム(犬)が警戒して吠えるので、隣のテントとは、離れたいのですが、今回は近くを割り当てられました。
実際は、夜寝る頃には、ジャムも雰囲気に慣れたようで、吠えなかったのは、よかったです。

カンガルー式のテントの張り方は、テント内が暖かいです。
enzeru042004_20220502093410d0a.jpg
テントのフライシートの内側に結露はありましたが、寒さは感じませんでした。
enzeru042005_20220502093411092.jpg
朝5時の気温は、外1.8度、テント内8.5度です。
enzeru042006_202205020934132e9.jpg
朝の散歩に出ると、池のまわりは、朝霧でした。
夜の冷え込みが厳しかったことが分かります。

今回は、隣接してサイトを割り当てられたのが残念でしたが、もう1点、気になることがありました。
enzeru042007_202205020934149e4.jpg
サニタリー棟です。
昨年の秋と見た目は変わっていません。
enzeru042008_202205020934164a1.jpg
この辺りも、まあまあきれいです。
enzeru042009_20220502093417762.jpg
設備としては、シャワートイレなのですが、シャワーが出ませんでした。
出ない状態から直していないと言うことです。
隣の個室は、詰まっていて、水と汚物があふれ、使えない状態でした。
それが、2日目になっても修理、改善されていませんでした。
サービス低下という感じがします。

キャンプ飯は、途中で買い出しをして臨みました。
enzeru042010.jpg
炭火バーベキューです。
グリルは、2日目なので、要領よく火をおこして、うまく使えました。
enzeru042011.jpg
焼いてあるハンバーグを温めると、簡単でおいしいです。
enzeru042012.jpg
ビールは、前日買っておいた都路ビールです。
うまいクラフトビールに、焼肉、おいしくいただきました。

翌日の朝食は、持ち帰りバイキングです。
enzeru042013.jpg
エンゼルフォレストならではのサービスは、昨年同様です。
キャンプ場の隣にあるレストランのバイキングからテイクアウトができます。
1人1200円です。
手間をかけないで、食べ放題です。
enzeru042014.jpg
ほかのキャンプ場にはないサービスです。
enzeru042015.jpg
カレーとアイスもいただきました。
このサービスは、続けてほしいです。

14:00まで延長したので、ドッグランで遊んでから、昼食でした。
enzeru042016.jpg
お湯だけわかして、カップヌードルと飲み物です。

エンゼルフォレストは、テントサイトをつぶして、新しいコテージを増やしています。
滞在型、高級キャンプを目指しているようです。
その分、既存のサービスが低下しているのは、残念です。
地味なキャンパーにも対応してほしいです。

よかったらこちらをクリック

オートキャンプランキング

福島県ランキング
プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

ランキング参加中
応援おねがいします
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
最新コメント
リンク
QRコード
QR