万年雪が目の前、奥只見湖の入口 魚沼市「銀山平キャンプ場」

新潟県魚沼市、「銀山平キャンプ場」を紹介します。
ginzandaira01.jpg
9月25日・26日 新潟県魚沼市、「銀山平キャンプ場」に行きました。
魚沼市小出から奥只見湖に向かって、奥只見シルバーラインのトンネルを走って行き、奥只見湖の上流部が銀山平です。
シルバーラインは、ダム工事のために造ったトンネルで、2車線ぎりぎりの幅です。
長いトンネルの途中から外に出たところに、キャンプ場の入口があります。
国道352号線がありますが、道幅が狭いようです。

キャンプ場の入口に管理棟があり、ゲートがあります。
ginzandaira02.jpg
管理棟では、食べ物や飲み物が売っています。
オートサイトの料金5000円を払うと、ゲートを開けてもらいます。
大人4人までは、この料金で、追加はありません。
フリーサイトは、2500円です。

道路を進んでいくと、オートサイトがあり、オートサイトの中の道路の両側にテントサイトがあるという配置になっています。
ginzandaira03.jpg
テントサイトの境目は、木があったり、ベンチがあったりして、隣のサイトとは、接していません。
テントサイトには、1台分の車庫があり、電源ボックスがあります。
ginzandaira04.jpg
電源コンセントは、2口あります。
テントサイトは、細かい砂利が敷いてあります。
芝生のサイトもありますが、砂利の方が、テントの床面にくっつかなくて、始末がいいです。
寝たときのごつごつ感は、ありません。
ginzandaira05.jpg
テントサイトは、車庫を含めて、ほぼ正方形で広さは、十分です。
車、テント、タープで、余裕があります。
周りには、木があるので、日陰になって涼しいです。

電話で予約するときに、27番を指定しました。
トイレの隣、犬OKです。
ginzandaira06.jpg
トイレは、雪対策で、頑丈に造ってあります。
夜は、消灯していて、近づくと灯りが付きます。
洗面台があり、水洗トイレです。
ginzandaira07.jpg
和式で、きれいに掃除されています。
ginzandaira08.jpg
炊事場は、2か所あります。
ginzandaira12.jpg
かまどと、流し場があり、快適に使えます。
灰置き場は、流し場の近くにありますが、その他のゴミは、魚沼市の指定袋を買って、置いていくようになります。
少量なら、持ち帰った方がいいでしょう。

うれしいのは、温泉があることです。
ginzandaira09.jpg
管理棟で、1人400円の料金を払います。
管理棟から廊下でつながっている所が、かもしかの湯です。
洗い場は、あまり広くありませんが、窓がなく、半露天風呂です。
弱アルカリ泉で、肌すべすべの、いい温泉です。

オートサイトのそばには、川があり、つり橋がかかっています。
ginzandaira10.jpg
人が歩く幅のつり橋です。
向こう岸は、フリーサイトになっています。
荷車で、つり橋を渡って行くようになります。
この橋の上から見ると、目の前に高い山が見え、その中腹に万年雪が見えます。
ginzandaira11.jpg
このあたりの標高は、880mです。
高い山に囲まれて、冬の豪雪が解けないで残っているということです。
万年雪まで、ハイキングコースを歩いて、40分。近いです。

夕食は、炭火をおこして、焼肉です。
ginzandaira13.jpg
朝食は、小出のスーパーで見つけた、柿の種焼きそば。
ginzandaira14.jpg
意外なおいしさです。

この日の天気は、午後2時に着いたときが、晴れ、20度。
木の陰で、吹く風が涼しくて気持ちよかったのですが。
夜になると冷え込んできました。
天の川まで見えるぐらい、星がきれいに見えましたが、その分、冷え込みが厳しく。
テントの中でシュラフ2枚では、寒かったです。
朝の気温は、5・6度だったと思います。

まとめ
車庫があって、電源付きで、サイトの周りが広くて、いい設備です。
川の音が近いので、うるさく感じる人は、気になるかも。
朝の冷え込みは、厳しいです。春、秋は、寒さ対策をしっかりと。
朝に、ニホンザルが、オートサイトを横断していきました。人の食べ物や木の実を探しているようです。
食べ物の管理をしっかりと。
ginzandaira15.jpg
よかったらこちらをクリック

地域情報ランキング

海岸の砂浜が目の前 新発田市「紫雲寺記念公園オートキャンプ場」

新潟県新発田市、「紫雲寺記念公園オートキャンプ場」を紹介します。
siunji02.jpg
9月5日・6日 新潟県新発田市、「紫雲寺記念公園オートキャンプ場」に行きました。
新発田市中心部から日本海の方に向かって、車で15分ぐらい、国道113号線、藤塚浜の近くにあります。
温泉宿泊施設、体育館、プールなどがある紫雲寺記念公園の海岸側が、キャンプ場になっています。
siunji03.jpg
砂浜の海岸から8mの高さに道路があり、道路に沿って、テントサイトが並んでいます。

管理棟で受け付けして、料金4720円(オフシーズン大人2名)を払うと、区画の番号札と、電源ボックスの鍵が渡されます。
あとは、翌朝まで、自由に使えます。
siunji04.jpg
テントサイトの料金は、オンシーズンとオフシーズンで、3段階になっています。
さらに、1名210円の管理料がかかります。
お客さんが多いときは、宿直の職員がいるようですが、お客さんが少ないときは、夜間無人になり、道路から入るゲートを、お客さんが開け閉めするようになります。
早朝にチェックアウトする場合は、番号札と鍵は、ポストに入れていくようにということです。

テントサイトは、10m×10mで、広く、電源付きです。
犬OKです。
siunji05.jpg
今回は、予約が入っていないということで、サニタリー施設の入口近くB10の割り当てでした。
車庫を含む正方形の区画で、広いです。
真ん中は、芝生がはげていたので、車庫の後ろにテントを張ったので、空き地が広くなりました。
海からの風が入らないように、テントの入口は、海に対して90度の方向にしました。
siunji06.jpg
各区画は、同じ形と広さで、車庫と電源ボックスがあります。
隣との境目には、低い木のフェンスがあります。
後で分かったのですが、テントサイトの前の道路を通る人が多いです。
トイレに行く人、買い物などに出かける人、キャンプではない散歩の人など。
1本道なので、テントの前を、みんなが通ることになります。
テントの中をのぞかれるような感じになるので、気になる人は、要注意です。

海岸の上が道路なので、テントサイトから道路を渡れば、海岸に下りることができます。
siunji08.jpg
そして、目の前には、日本海が広がり、夕日を見ることができます。
siunji01.jpg
7月だったら、海に日が沈むのかもしれませんが、この日は、地続きで見えている新潟県西部の山に沈みました。

長く続くテントサイトの真ん中あたりに、飲み物の自動販売機があります。
siunji09.jpg
買い忘れたときは、便利でしょう。

サニタリー施設は、4か所あります。
siunji10.jpg
テントサイトから松林の方に入っていきます。
夜間は、ここの外灯がついています。
siunji11.jpg
水道、炊事場があります。
siunji12.jpg
ゴミの分別ボックスがあります。
トイレ棟は、1棟で男女に分かれています。
siunji13.jpg
扉を開けると、シャワー室とトイレがあります。
siunji14.jpg
きちんと掃除がされていて、きれいです。
siunji15.jpg
山じゃないからか、虫は、ほとんどいません。
siunji16.jpg
トイレは、水洗で和式です。

夕食は、温泉宿泊施設で、風呂に入ってからレストランを利用しました。
キャンプ場を利用すると、入浴割引券がもらえます。
朝食は、前日に買ったパンと、電気ポットで沸かしたお湯でいれたコーヒーです。
火は使いませんでした。

まとめ
電源付きサイトは、便利です。
区画が広くて、海側が道路なので、開放感があります。
ぼーっと海を眺めていることができますが、海からの風には、要注意です。
波の音が大きくて近いです。気になる人は、対策を。
道路を歩く人が多いので、気になる人は、テントの向きに注意です。
よかったらこちらをクリック

地域情報ランキング

平地で、広くてきれい 只見町「奥会津ただみの森キャンプ場」

福島県只見町、「奥会津ただみの森キャンプ場」を紹介します。
tadamikyanpu01.jpg
7月8日・9日 福島県只見町「奥会津ただみの森キャンプ場」に行きました。
只見町内から、只見川を渡って、車で5分ぐらいの所です。
tadamikyanpu02.jpg
積雪が多い所なので、5月からの営業開始です。
オートキャンプサイト、フリーサイト、バンガロー、コテージ、古民家など、いろいろなパターンがあり、敷地が広いです。
今回は、オートキャンプサイトを電話で予約しました。
tadamikyanpu03.jpg
キャンプ場全体の真ん中あたりに、管理棟があります。
ここで、料金を払うと、翌日まで、キャンプサイトを自由に利用できます。
鍵などはなく、チェックアウトの手間もありません。
オートキャンプサイトは、1区画4000円、入場料1人400円で、2人で4800円になります。
tadamikyanpu04.jpg
犬OKです。

指定されたDサイトに行きました。
tadamikyanpu06.jpg
Dサイトの、どこを利用するかは、自由です。
車道は、Dサイトの入口までは、舗装されていて、サイト内は、砂利です。
駐車場が、隣のテントサイトとの境目にあるので、車が目隠しになります。
tadamikyanpu05.jpg
テントサイトは、芝生になっていて、平らです。
テントを張って、タープを張って十分な広さです。
各サイトに電源が付いていて、自由に使えます。

Dサイトの中に、水道とトイレがあります。
tadamikyanpu07.jpg
水道は、蛇口が2つあって、水をくむだけなら、不自由なく使えます。
ゴミは、分別すれば、出していいことになっています。

バンガローの近くにある炊事場です。
tadamikyanpu08.jpg
かまどがあり、水道からは、お湯が出るようです。

トイレ棟は、独立しています。
tadamikyanpu09.jpg
外灯があり、明るいです。
トイレの戸は、きっちり閉まるので、虫や枯れ葉などはなく、きれいです。
tadamikyanpu10.jpg
洋式、温水シャワー暖房便座です。
tadamikyanpu11.jpg
最近になって改築したのでしょうか、きれいで快適なトイレです。

さて、キャンプの食事は、
tadamikyanpu12.jpg
夕食は、卓上型の炭火コンロで、スーパーで買ったチキンフライ、メンチカツを温めます。
はんごうで、レトルト肉だんごを温めます。
自宅で作って持って行った漬け物、トマトなど。
電気ポットのお湯で、チキンラーメンを作りました。
おいしくいただきました。
tadamikyanpu13.jpg
朝食は、電気ポットでお湯を沸かしたので、火は使いませんでした。
わかめスープにお湯を入れます。
柳津町の「赤べこ食パン」に、ポテトサラダをサンドします。
コーヒードリッパーを使って、レギュラーコーヒーも飲みました。

まとめ
料金は、やや高いですが、電源付きサイトは、便利です。
キャンプ場ができてから年数がたっているようですが、改築しているようで、設備はいいし、掃除などがよくされています。
揚げ物やレトルト食品を温めて食べるのは、便利でおいしいです。
よかったらこちらをクリック

福島県ランキング
プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
リンク
QRコード
QR