新鮮な魚は、焼いてもうまい

先日のキャンプで作って食べた、キャンプ飯を紹介します。
ooisi-mesi01.jpg
10月7日から2泊3日でキャンプをしました。
今回は、新潟県関川村大石オートキャンプ村と言うことで、キャンプ場は、山沿いですが、海が近いので、新鮮な魚貝を現地調達することにしました。

1日目 夕食
ooisi-mesi02.jpg
夕食は、山形県飯豊町を通って行ったので、道の駅いいでで調達した食材です。
たき火台で、炭火をおこして、枝豆をゆでて、
ooisi-mesi03.jpg
飯豊で買ったソーセージと、道の駅関川で買った鮎の塩焼きを温めました。
ooisi-mesi05.jpg
鮎は、オスとメスが別々に焼かれていました。
卵が入っているメスは、値段が高いです。
炭火でじっくり焼いた魚は、おいしいです。
それを炭火で温め直したので、おいしさが再現できました。

2日目 朝食
ooisi-mesi04.jpg
家から持って行った米を電気炊飯器で炊きました。
ジェットボイルとフライパンで、目玉焼き。
インスタントみそ汁と納豆。
デザートは、飯豊で買った西洋なしです。

2日目 夕食
ooisi-mesi07.jpg
岩船鮮魚センターで買った、こんぶ煎り煮、ホタテコロッケ、さつま揚げ。
ooisi-mesi06.jpg
岩船港直売所では、焼き魚を買いました。
ooisi-mesi08.jpg
カレイとハタハタです。
ジェットボイルとフライパンで温めました。
ハタハタは、日本海の魚です。
太平洋側では、なかなか手に入りません。
ハタハタ汁もおいしいですが、焼いてもおいしいです。
鮮魚市場で、新鮮な魚を焼いて売っているので、うまいです。

3日目 朝食
ooisi-mesi09.jpg
さらっと軽い朝食です。
ローソンで買ったパン、家から持って行った野菜ジュースとリンゴ。
レトルトパックのミネストローネは、ジェットボイルにお湯を入れて保温機能で温めました。

今回は、炭火で温めるのがうまくいきました。
電源付きサイトだったので、炊飯器や湯沸かしポットを有効に活用しました。
ジェットボイルは、フライパンだけに使い、燃料節約、保温機能もよかったです。
昼食は、生魚を食堂で食べて、買った焼き魚をキャンプで温めて食べるというメニューで、おいしい魚料理を満喫しました。
ジェットボイルは、こちらで売っています↓

よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

オートキャンプランキング

テントサイトのまわりが広い「大石オートキャンプ村」

2021年10月7~9日
新潟県関川村「大石オートキャンプ村」を紹介します。
ooisikyanpu01.jpg
10月になり、天気が安定してきたので、新潟県方面に2連泊でキャンプに行きました。

新潟県関川村の大石オートキャンプ村です。
飯豊連峰のふもとに広がる大石オートキャンプ村。
美しい緑、野鳥のさえずり、澄みきった空気と豊かな自然を存分に満喫できる贅沢なフィールドが自慢です。
新潟県北随一の規模と充実した設備も魅力のひとつ。
快適なアウトドアライフが楽しめます。
ooisikyanpu17.jpg
ホームページに出ていた写真で、キャンプ場全体を見るとこんな感じです。
写真左の大きな建物が管理棟です。
管理棟から奥の方に入っていくと、電源なしのCサイト、坂を上って真ん中がBサイト、さらに坂を上って小さな建物が並んでいるのがAサイトです。
ooisikyanpu02.jpg
Bサイトから見た管理棟です。
ここは、11:00チェックインなので、昼食前から入れます。
着いたのは、12:30でしたが、職員はだれもいなくて、村の観光課に電話したら、「好きなところにテント張ってていいですよ、午後に行きます」という返事でした。
ooisikyanpu03.jpg
前日に電話で予約はしていましたが、管理はのんびりしているようです。
それに、この日は、ほかの宿泊者はいないということで、貸し切り状態でした。
真ん中の道路には、両側にテントサイトがあって、中間地点にトイレ棟があります。
Aサイトの方が一段高く、Cサイトの方が低くなっています。
ooisikyanpu04.jpg
ほかのお客さんが通らないところで、広いサイトということで、B12にしました。
10×10mの中に駐車場があります。
さらに、テントサイトのまわりが、広場だったり、土手だったりするので、一区画を有効に使えます。
料金は、1泊4200円×2泊で、温泉優待券1枚(1人分)もらえました。
犬OK(無料)です。

まず、モンベルアストロドームとムーンライトテントを連結しました。
ooisikyanpu05.jpg
2日目に雨が予想されていたので、すき間がないように、しっかり連結です。

さらに、ベアーズロックムササビタープを連結しました。
ooisikyanpu15.jpg
むだに広いリビングができました。
ロープは、テントサイトの外側にも張っています。
まわりが広いので、助かりました。

施設・設備を紹介します。
ooisikyanpu14.jpg
Bサイトは、電源、水道付きです。
電源は、コンセントに差すだけ、水道は、排水ができるので、水をくむだけでなく、簡単な洗い物はできます。
トイレ棟は、複数箇所あります。
ooisikyanpu06.jpg
虫除けの網がぶら下がっていました。
外灯は、一晩中点いています。
ooisikyanpu07.jpg
入口から男女に分かれています。
ooisikyanpu08.jpg
水洗できれいに掃除されています。
ooisikyanpu09.jpg
こちらは、和式ですが、別に身障者用トイレがあります。
ooisikyanpu10.jpg
広いし、洋式だし、暖房便座なので、快適でした。

炊事棟もあります。
ooisikyanpu11.jpg
下の方がコンクリートで、がっちり造ってあるのは、積雪対策のようです。
ooisikyanpu12.jpg
平成10年頃の施設です。
ooisikyanpu13.jpg
大人数対応のかまどです。

1日目は、タープも張りましたが、2日目の朝、雨が降る前に撤収しました。
ooisikyanpu16.jpg
この状態で、村上市へ買い物に行きました。
2日目の午後から予想通り雨が降ったので、夜は、ドームの中で過ごし、3日目は、日の出を待って、片付けしながら、テントとドームを乾かして、撤収しました。

テントサイトのまわりに広場があるので、子供たちが遊ぶのには、いい環境だと思います。
電源、水道付きBサイトもいいですが、トイレ炊事場付きAサイトも、便利でいいと思います。
また行ってみたいキャンプ場です。

よかったらこちらをクリック

オートキャンプランキング

テントサイトが広い「せせらぎ公園オートキャンプ場」

2021年9月7~8日
福島県会津美里町「せせらぎ公園オートキャンプ場」を紹介します。
seseragikoen01.jpg
7月下旬から8月末までは、子供が夏休みで、お客さんが多いだろうと言うことと、暑い季節なので、キャンプは休んでいました。
9月になって、くもり、雨の日が続いていました。
9月7日、ひさしぶりに晴れたので、せせらぎオートキャンプ場に行きました。
seseragikoen02.jpg
キャンプ場は、会津若松市内から本郷橋を渡って、阿賀川の対岸、本郷地区の河川敷にあります。
広い河川敷を公園として整備したところで、その一部がオートキャンプ場になっています。
seseragikoen03.jpg
阿賀川の堤防の外側に、管理棟があります。
seseragikoen04.jpg
無料休憩所、公園管理施設、キャンプ場の受付などを兼ねているようです。
前日にネット予約しておいて、受付しました。
13:00チェックインでしたが、12:45に受付できました。
料金は、電源なしサイトで、ネット予約割引になって、2970円です。
犬OKで、追加料金なしです。
予約のフォームで、犬のことと、希望サイトを書いておいたら、その通り割り当てられました。
2021_campsitemap.jpg
割り当てられたサイトは、B6です。
道路が三角形になっていて、トイレや炊事場を使うのには、三角形の内側がいいですが、人通りが気にならないのは、三角形の外側です。

管理棟から堤防の上に出ると、河川敷の公園が見渡せます。
seseragikoen05.jpg
遠くには、磐梯山が見えます。
seseragikoen06.jpg
白くて丸いテントは、常設のモンゴルゲルサイトです。
これは、今年できたテントで、広くて、ベッドやエアコンが付いているコテージのようなものです。

受付でもらったカードで、駐車ゲートを通ります。
seseragikoen07.jpg
広くて平らなキャンプ場です。
三角形になっている舗装道路も幅が広いです。
seseragikoen08.jpg
駐車場の隣が芝生のテントサイトになっています。
テントが3張ぐらい張れる広さがあります。
さらに、隣のサイトとの間も芝生になっているので、だいぶ広く感じるし、広く使えます。
道路より奥の方に、モンベルアストロドームを設置しました。
seseragikoen16.jpg
ドームの中で昼食です。
今回は、調理しないですぐ食べられるメニューです。
豚生姜焼き弁当と、海鮮炊き込みごはんです。

次は、今回のメインテーマ。
モンベルムーンライト4の設置です。
seseragikoen09.jpg
アストロドームに接続して、2ルームとして使います。
ムーンライトシリーズは、設置が簡単です。
いろいろやってみた結果、グランドシート→ポール→フライシート→インナーテントの順に付けていくといいと言うことが分かりました。
また、アストロドームとの接続は、ドームもテントもペグで固定する前に動かすといいと言うことも分かりました。
さらに、写真はありませんが、アストロドームの中に、ムーンライト4が、すっぽり入ることも分かりました。
いわゆるカンガルー式です。
これだと、テントの中は暖かくなるので、冬キャンプもできそうです。

キャンプ場の施設は、
seseragikoen10.jpg
三角形の真ん中に流し場があります。
seseragikoen11.jpg
ステンレス製のシンクできれいですが、米などのゴミをそのままにしていったお客さんがいて、ちょっと残念。
seseragikoen12.jpg
トイレは、男女別で2棟になっていますが、キャンプ場全体で一箇所です。
seseragikoen13.jpg
男子トイレは、洗面台1、大、小2です。
seseragikoen14.jpg
水洗できれいでした。
暖房便座なし、シャワーなしです。
テントサイトが40箇所ですが、トイレが1箇所というのは、少ないと思います。
お客さんが多い時は、並ぶようになるかも。

テントの設置が終わって、ジャム(犬)の散歩が終わったところで、温泉に行きました。
seseragikoen15.jpg
せせらぎ公園から堤防の上に行って、キャンプ場から遠い方に、日帰り温泉施設があります。
キャンプ場から1kmぐらい、歩いて行くと10分ぐらいかかります。
湯陶里と言う施設です。
1階が休憩室、2階が風呂です。
料金は、大人550円です。
以前は、キャンプ場と同じ経営で、割引があったと言うことですが、経営者が変わったと言うことで、割引はありませんでした。
弱アルカリ性で、ちょっと熱めのいいお湯でした。

今回のキャンプ飯は、
seseragikoen17.jpg
買ってきたお総菜をそのまま食べました。
たき火も炭火も、なしです。
強風の中、ほかのお客さんは、たき火をぼうぼう燃やしていました。
seseragikoen18.jpg
今回の新規導入、もう1点は、JETBOILです。
火力が強く、熱効率がいいバーナーです。
1分もかからずに、ホットワインができました。

翌日の朝食は、
seseragikoen19.jpg
昨夜の残りの揚げ物を温めて、固形スープと、ミスタードーナッツと、ゼリーでした。

夜は、曇っていて気温が下がらなかったので、快適に寝られました。
テントのインナーマットがあってよかったです。
朝のうちは、雲が少なかったですが、だんだんに雲が多くなり、9時頃には、雨が降り出しました。
テントを先にたたみましたが、アストロドームは、濡れてしまいました。
ドームを乾かすために、またキャンプに行かなくては。

よかったらこちらをクリック

オートキャンプランキング

福島県ランキング
プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

ランキング参加中
応援おねがいします
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
最新コメント
リンク
QRコード
QR