喜多方市熱塩加納町のひめさゆりが見頃

2018年6月4日
喜多方市熱塩加納町の「ひめさゆり群生地」に行ってきました。
hime01.jpg 
ピンク色の花が、ほぼ満開でした。
ひめさゆり群生地全体では2週間ぐらいが見頃で、今年は、6月10日頃までです。
hime02.jpg 

6月1日から「ひめさゆり祭り」が行われています。
週末には、多くの人が訪れそうです。
6月4日は、月曜日でしたが、天気がよかったので、見物客が多かったです。
管理協力費一人200円を払って、木材チップがしきつめられた散歩道を上りました。
hime03.jpg 
遠くの山を背景にしたピンクの花がきれいです。
hime04.jpg 
この群生地は、喜多方市の市街地から車で10分ぐらいの所です。
hime06.jpg 
散歩道の上からは、喜多方の町や磐梯山がきれいに見えました。
hime08.jpg 

「ひめさゆり」は、「乙女ゆり」とも呼ばれます。
hime05.jpg 
自生している所は、福島県会津地方から宮城県南部、山形県南部で貴重な植物です。
hime07.jpg 
喜多方市では、市の花になっています。
このほかに、西会津町安座では、「おとめゆり」と呼ばれ、町の花になっています。
南会津町高清水自然公園に自生、
宮城県七ヶ宿町では、「乙女ゆり」と呼ばれ、町の花になっています。

ひめさゆり祭りのイベントとして、地元の物産が売っていました。
hime10.jpg 
おいしそうな物がいろいろありましたが、注目は、アスパラ100円。
hime11.jpg 
スーパーなら300円ぐらいの束でしたので、2束買いました。
そこで食べたのが、ところてん200円、みそおでん(こんにゃく)200円、
おまけのアスパラ漬け物。どれもおいしかったです。
hime12.jpg 

喜多方の日本酒も売っていました。
hime09.jpg 
おすすめは、「会津ほまれ」
安くてうまい純米大吟醸は、ネットでも買えます↓

ひめさゆりを見に行ってみましょう。