裏磐梯の自然と共存する「諸橋近代美術館」

福島県北塩原村(裏磐梯)にある「諸橋近代美術館」を紹介します。
morohasi12.jpg 
裏磐梯の五色沼の入口の近くに、この美術館はあります。
なぜ、こんな所に美術館が、と思うかもしれません。
この美術館は、ゼビオスポーツの創立者「諸橋廷蔵」さんが、スペインのダリ美術館で、サルバドール・ダリの作品に出会い、版画や絵画を収集したのが始まりです。
1999年に、「広く多くの方に西洋近代美術の秀作の数々を鑑賞し感動していただきたい」という意思で開館させました。
諸橋さんは、福島県いわき市出身なので、この地を選んだのでしょう。

美術館は、4月から10月まで開館していて、雪が深い冬は休館します。
今年は、7月8日から10月21日まで、「パメーラ・ジューン・クルック展」をやっています。
観覧料は、一般950円です。
morohasi01.jpg 
この「野うさぎ」は、今回新収蔵したクルックの新作の1点で、いい雰囲気だったので、絵はがきを買いました。
パメーラ・ジューン・クルックは、イギリスで活躍中の女性アーティストです。
額縁まで画面を拡張して描く手法がおもしろいです。
morohasi02.jpg 
クルックの作品は、この美術館の収蔵品の柱の一つで、これまでに4回の展覧会を開きました。
今回は、新作8点を含む、全31点を公開しています。
morohasi03.jpg 
視点や描き方がおもしろいです。
morohasi04.jpg 
クルックさんの紹介ビデオもありました。
morohasi05.jpg 
人物の顔の描き方もおもしろいです。
morohasi06.jpg 
諸橋さんへのメッセージを描き込んだ作品もあります。
morohasi07.jpg 
展示室の入口には、記念撮影用のドアがあります。
morohasi08.jpg 

今回は、第1~3展示室がクルック展で、第4展示室が常設の「サルバドール・ダリ」コレクション展です。
morohasi09.jpg 
広い展示スペースには、ダリのおもしろい彫刻・立体作品が展示されています。
morohasi10.jpg 

美術館のまわりは、広い庭になっています。
morohasi11.jpg 
大きな池には、スイレンの花が咲いています。そして、雄大な磐梯山を間近に見ることができます。
morohasi13.jpg 

会津のお泊まりは、こちらへ↓


福島の物産は、こちらからどうぞ↓

よかったらこちらをクリック

東北ランキング