会津領主・藩主⑤ 上杉景勝の時代

慶長3年(1598年)3月、豊臣秀吉の命で、蒲生秀行が会津から宇都宮へ移った後、会津に入ったのは、上杉景勝(うえすぎかげかつ)です。
この時、秀吉の命令で、上杉の家臣は、一族ともども会津に移ってきています。
この中で最も信頼していたのが、直江兼続(なおえかねつぐ)です。
uesugi01.jpg 
上杉景勝に与えられた領地は、
蒲生氏から引き継いだ会津を中心とした92万石、
出羽国の庄内14万石、
佐渡14万石、
合わせて120万石にもおよびました。
これは、徳川氏に次いで、毛利氏と並ぶ大領地でした。
uesugi02.jpg 
上杉氏は、主な家臣を領内の小さな城に配置して、領内をきめ細かく治めるという方法をとりました。城の数は、28もありました。

百姓の負担は、蒲生時代より年貢の率が高くなり、さらに漆や蝋(ろう)も納めさせています。
この収入増を中央権力へ提供することはなく、上杉氏の軍事強化に振り向けています。このため、徳川氏との緊張関係が激しくなっていきます。

慶長3年(1598年)8月、豊臣秀吉が亡くなります。
豊臣政権の五大老の一人であった上杉景勝は、徳川家康と対立するようになります。

慶長5年(1600年)2月、上杉景勝は、直江兼続に命じて、神指城(こうざしじょう)新築工事を開始させます。
若松城が山の近くで、城の拡大が難しかったことと、阿賀川の舟運で物流を行う城下町をつくる計画があったようです。
uesugi09.jpg 
大阪城下のような、活気のある城下町を会津の地に築こうとしたのでした。
uesugi03.jpg 
神指城の工事は、3月から始まり、労働者の数は、8万人とも12万人とも伝えられています。
uesugi05.jpg 
石垣の石は、東山の慶山から運び込んでいます。昼夜を問わず工事が進められ、
6月には、本丸と二の丸が、ほぼできあがったと思われます。
uesugi04.jpg 
神指城全体の広さは、およそ55ヘクタールで、若松城の2倍。本丸の土塁の高さは、約10mで、本丸と二の丸の周囲には、堀をめぐらせました。
本丸の跡は、空き地になっています。
uesugi06.jpg 
東北隅には、土塁が残っています。
uesugi07.jpg 
神指城からは、遠く磐梯山が見えていたでしょう。
uesugi08.jpg 

しかし、工事は、突然中止になります。
徳川家康が会津に攻めてくるという情報があったからです。
家康が会津征伐の方針を決めたという知らせを聞いた景勝は、白河で迎え撃つべく布陣します。

慶長5年(1600年)7月、石田三成が、家康を討つように多くの大名に指令を出します。
石田三成の挙兵を知った家康は、宇都宮にいた蒲生秀行(上杉景勝の前の会津領主)を上杉軍と対峙させました。
家康は、会津征伐を中止して岐阜に向かい、9月、関ヶ原の合戦になります。
この間、景勝は、最上軍や伊達政宗と戦いますが、関ヶ原での豊臣方の敗北を知って会津に引き上げます。
若松に帰った上杉軍は、今後のことを協議した結果、降伏の道を選びました。

慶長6年(1601年)8月、景勝は、家康に謝罪します。その結果、会津など90万石が削られ、米沢30万石が与えられました。
こうして、神指城を築いて天下に望みをかけた景勝の会津支配は、3年半で終わり、その後に、宇都宮にいた蒲生秀行が、家康の婿として60万石で会津の領地に再び入ってきます。

蒲生秀行の時代へ つづく

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

さくら湖を見ながら林の中を歩く、三春のウォーク

2018年9月22日
うつくしま・みずウォーク三春大会に参加しました。
miharu01.jpg 
春には、みごとな花を咲かせる滝桜駐車場が受け付け、スタートでした。
小雨が降っていましたが、テントで、受け付け。
miharu02.jpg 
会費800円で、7kmコースです。
受付でもらった物は、
愛姫のタオル
花の種
みずウォークのバッチ
miharu031.jpg 
コースの地図
さくら湖は、三春ダムのせき止め湖です。広い湖というよりは、谷が集まった所という形です。
miharu16.jpg 

雨が降っていたためか、スタートをやや繰り上げ、7kmコースは、9:30にスタートしました。
前半は、林の中の遊歩道を遊歩道を進みます。
miharu052.jpg 
蛇石橋から、さくら湖が見えますが、曇り空で、きれいに見えるとは、いえません。
miharu061.jpg 
車道に出たり、遊歩道に入ったり、道の両側には、ハギがきれいに咲いています。
miharu071.jpg 
中間地点の給水所です。
冷たい水は、ありがたいですが、食べ物がなかったのは、ちょっとさびしい。
miharu084.jpg 
湖のまわりの道路ですが、湖面からやや離れているので、林の中を歩くという感じでした。
勾配はあまりなくて、よかったです。
miharu092.jpg 
後半、三春ダムの近くでは、ドウダンの紅葉が始まっていました。
miharu101.jpg 
三春ダムは、狭い谷をせき止めたので、あまり大きな堰堤ではないです。
このあたりで、雨はあがりました。
miharu111.jpg 

途中休憩なしで、速いペースで歩いたので、
10:40ゴールでした。7kmコースの所要時間、1時間10分でした。
miharu12.jpg 
主催者の予想より早かったようで、11時から「三春汁」の配付まで、並んで待ちました。
miharu13.jpg 
三春汁は、きのこ入り、みそ味の豚汁です。
大量に作る汁は、おいしいです。

抽選会は、整理番号で当たります。
みごと、ももワインをゲット。
miharu14_20180924200209c76.jpg 
スタートとゴールが違うので、スタート地点までシャトルバスで移動です。
バスの発車は、12時の予定でしたが、ゴールが早かったので、11:30には、発車しました。
miharu15.jpg 

まとめ
林間コースは歩きやすいですが、湖がちょっと遠いので、水に親しむという点では、いまいちか。
帰りにバス移動は、好ましくないが、コースの取り方を考えると仕方ないか。

会津のお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

歌のうまさにびっくり! ティーナ・カリーナ「ひとり昭和歌謡祭」

9月17日、ティーナ・カリーナのコンサート「ひとり昭和歌謡祭」福島公演に行ってきました。
tanakarina01.jpg 
「ひとり昭和歌謡祭」とは、何でしょう。
ティーナ・カリーナのワンマンコンサートです。
歌う曲が昭和の時代のヒット曲で、演歌、フォーク、バラードなどさまざまです。
tanakarina03.jpg 
一人で何でも歌うということは、歌がうまいんです。
昭和の歌を知っている人なら分かると思いますが、演歌が歌える歌手は、何を歌ってもうまいんです。
この日も、一人で、2時間、歌い続けました。
ちょっと年齢層が高いお客さんたちも、のりのりでした。

さて、「ティーナ・カリーナ」とは、どんな歌手でしょう。
tanakarina04.jpg 
本名は、田中里奈。その読みからティーナ・カリーナの芸名に。
出身は、大阪ですが、東日本大震災の直後から、仙台市や宮城県で活動しています。
オリジナル曲もありますが、2014年から、昭和歌謡のカバー曲を歌うようになりました。
カバーアルバムCDも出しています。
tanakarina05.jpg 

今までは、宮城県内でコンサートを行っていましたが、今回、宮城県外でコンサートを開催することになりました。
福島、岩手、秋田、いわきですが、いずれも小さいホールです。
宮城県外では、知名度が低いので、お客さんがどのくらい集まるか不安なのでしょう。
ちなみに、福島公演は、とうほう・みんなの文化センター小ホールで、300席が、ほぼ埋まっていました。
3800円の料金設定もよかったと思います。
tanakarina02.jpg 

ジュディ・オングの「魅せられて」で始まって、
「みずいろの雨」「勝手にしやがれ」・・・など、
衣装替えをしながら、20曲ほど熱唱でした。
レパートリーは、まだまだありそうです。
小ホールということで、ステージが近くて、臨場感がありました。
語りも、おもしろかったです。

伴奏は、カラオケかなと思っていたら、4人のバンドの生演奏でした。
ドラム、ギター、ベース、そして、キーボード(シンセサイザー)。
みんなが知ってる、いろいろなジャンルの曲を歌うのですが、伴奏も、オリジナルのアレンジに近くしてありました。
キーボード担当が、木管や金管の音色も出し、さらに、コーラスもやっていました。
びっくりです。

知っている曲を、うまく歌ってくれるので、安心して楽しめます。
大ホールが満員になるように、頑張ってほしいです。
CDは、こちらからどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

東北地方ランキング

廃線50周年「沼尻軽便鉄道」記念事業があります

50年前に廃線になった、福島県猪苗代町の「沼尻軽便鉄道」を紹介します。
keiben01.jpg 
大正2年(1913年)、川桁・大原間に鉄道が開通しました。
それから、57年間走り続けた沼尻軽便鉄道は、昭和43年(1968年)10月、廃線になりました。
当時の車両が、猪苗代町の「アクアマリンいなわしろカワセミ水族館」に、保存されています。
keiben02.jpg 
機関車に連結された2両の客車の中に、入れるようになっています。
keiben03.jpg 
当時の運行の様子が、説明されています。
keiben04.jpg 

廃線から50年の今年2018年、記念事業が行われています。
猪苗代町図書館「和みいな」では、9月11日から9月24日まで、「軽便鉄道モジュール展」を開催中です。
keiben05.jpg 
2014年までは、カワセミ水族館に、軽便鉄道の資料や模型の展示がありました。
しかし、水族館のリニューアルによって、展示スペースがなくなり、屋外の車両のみの展示になりました。
今回、図書館での展示のために、保管してあった資料を出してきたようです。
keiben06.jpg 
この沼尻軽便鉄道は、古関裕而作曲の「高原列車は行く」のモデルになっています。
展示は、動画や写真、
keiben08.jpg 
車両の模型、
keiben07.jpg 
すてきなイラスト、
keiben10.jpg 
本、
keiben11.jpg 
昔の駅の様子、
keiben12.jpg 
昭和の時代なので、写真は、多いです。
keiben13.jpg 
そして、部屋いっぱいの鉄道模型、
keiben14.jpg 
Nゲージの模型、ジオラマで、駅や沿線の様子が再現されています。
keiben15.jpg 
機関車、客車、貨車、ガソリンカーなどの車両も再現されて、動くようになっています。
この模型セットは、かつては、カワセミ水族館に展示されていました。
今は、沼尻軽便鉄道の会津下館駅・村の停車場の2階の沼尻軽便資料展示室に保管してありますが、建物の耐久性などの問題で、一般公開は、していないということです。
今回、図書館に特別展示になったということです。
よく作ってあるのに、常設公開されないのは、もったいない話です。
資料展示室整備には、200万円ほどかかるという話です。
なんとかなりませんかねえ。

沼尻軽便鉄道は、安達太良山の西側、沼尻温泉近くでとれる硫黄を運ぶ路線でした。
昭和の時代には、沼尻温泉やスキー場への観光客を乗せる鉄道でもありました。
keiben16.jpg 
keiben17.jpg 
すてきな駅名スタンプもあります。
keiben18.jpg 

9月29日には、カワセミ水族館にある車両を使って、50周年記念事業が行われます。
車両は、走りませんが、警笛とライトが稼働するということです。
keiben19.jpg 

昭和の雰囲気にふれてみませんか。
会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

なめらかとろとろ かんたんプリン

オーブンレンジで、蒸し焼きプリンを作りました。
purin04.jpg 

材料
牛乳  130ml
生クリーム  50ml
卵黄  2個
砂糖  25g
バニラエッセンス  数滴

機械・道具
オーブンレンジ
耐熱容器

作り方
①耐熱容器に、牛乳、生クリーム、砂糖を入れ、電子レンジ500w 1分30秒で溶かす。
purin01.jpg 
②ボウルに移し、卵黄とバニラエッセンスを入れて、混ぜる。
purin02.jpg 
③うらごしして、プリンの容器に入れる。
④オーブンレンジの黒皿にペーパータオルをしき、水200mlを入れて湿らせる。
purin03.jpg 
⑤オーブンレンジで加熱する。
170度で35分ぐらいで、表面が茶色になったら、中も固まっています。
purin04.jpg 

口当たりは、なめらかで、とろとろ。
卵の風味があり、濃厚な味で、甘くておいしいです。
表面は、こげ色が付きましたが、中は、すが入らなくて、なめらかでした。
冷蔵庫で冷やして食べるといいです。
purin05.jpg 
湯飲みに入れたためか、固まりにくかったです。
固まらないときは、再加熱すればいいです。
金属製の容器だと、加熱時間が短いと思います。
プラスチック製の容器は、耐熱性をチェックする必要があります。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓


福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

手作りお菓子ランキング