戊辰戦争と新撰組の本物資料いっぱい 「新選組記念館」

会津若松市の七日町通りにある、「会津新選組記念館」を紹介します。
sinsen01.jpg 
会津若松市のレトロな商店街、七日町通りの店蔵を利用した建物です。
1階は、レトロ感漂う「骨董むかしや」、2階が「新選組記念館」です。
大きな建物ではありませんが、入口には、のれんや、のぼりがあって、分かりやすいです。

中に入ると、骨董品の店になっていて、古銭や古い道具などが、いっぱい並んでいます。
店員さんに言って、300円の入場料を払います。
店の奥に階段があり、ドラマのポスターを見ながら、2階に行くと、新選組記念館です。
sinsen02.jpg 
写真、絵、着物、銃など、多くの資料が展示してあります。
写真撮影は、OKです。
中心は、新選組にかかわる資料ですが、新選組以外の戊辰戦争(会津戦争)の資料もたくさんあります。
ここにある資料は、銃も含めて、すべて本物だそうです。
sinsen03.jpg 
会津藩稲富流砲術家の館長が、長年に渡り収集した個人コレクションということで、銃が多いです。
sinsen04.jpg 
NHK大河ドラマ「八重の桜」の撮影に使ったゲベール銃もあります。
sinsen05.jpg 
いろいろな大砲の砲弾もあります。
sinsen07.jpg 
ドラマで使った銃については、その性能が詳しく説明してあります。
sinsen08.jpg 
今年は、戊辰150年ということで、新選組以外の会津戦争に関する資料が多く展示されていました。
じっくり見ると、戊辰戦争、新選組のことがよく分かると思います。

この建物は、明治22年に建てられた蔵で、梁に書いてあります。
sinsen09.jpg 

新選組記念館で、戊辰戦争、新選組のことを勉強してみませんか。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓


福島の物産は、こちらからどうぞ↓

よかったらこちらをクリック

福島県ランキング