会津領主・藩主⑧ 保科正之の時代

寛永20年(1643年)加藤明成は、会津・白河など40万石を幕府に返上します。
その後、保科正之(ほしなまさゆき)が、最上(山形)20万石から、3万石加増されて会津23万石に入ります。
hosina01.jpg 
保科正之は、徳川2代将軍秀忠の第4子として生まれました。
母親のお志津は、秀忠の側近くで召し使えられた女でした。
お志津は、隠密に出産しますが、秀忠は、その子を幸松と名付け、見性院(けんしょういん)に預けます。
元和3年(1617年)、7歳になった幸松は、信州高遠(たかとう)城主の保科正光(ほしなまさみつ)の養子になります。
寛永8年(1631年)、保科正光が亡くなり、保科正之が、高遠3万石を相続します。
寛永13年(1636年)、正之は、将軍徳川家光の命により、出羽国村山郡最上20万石に転封になります。
hosina02.jpg 
寛永20年(1643年)、会津に転封になったときには、高遠から従ってきた家臣たちも会津に入ります。
「高遠そば」は、この時代の名残です。

保科正之が会津に入ったとき、会津の南側に幕府の直轄領がありました。
会津では、この地方を城下の南に連なる山々ということで、南山とよんでいて、この地の年貢は、幕府の蔵に納めるので、南山御蔵入領(おくらいりりょう)といいました。
幕府の直轄地ではありましたが、実際の施政は、会津藩にまかせ、その年貢だけを受け取っていました。このため、会津藩の実質支配領は、28万石を超えていました。
この支配は、幕末の文久3年(1863年)まで続きます。
hosina03.jpg 

正之は、将軍徳川家光の弟です。家光は、正之に、幼い跡継ぎ、家綱のことを頼みます。
承応2年(1653年)、正之は、将軍家綱の名代として上洛し、以降、江戸に常駐して家綱の補佐役を務めます。

寛永20年(1643年)に、会津に入った正之は、4ヶ月間で、若松城下や領内各地を見回って、領内の様子をつかみます。
その後は、江戸から、家老たちに、指示、命令を出していきます。
慶安2年(1649年)、大町を起点とする五街道を幕府に報告しています。
hosina05.jpg 
今も国道、県道の起点になっています。
hosina06.jpg 
道路元標があります。
hosina07.jpg 

寛文8年(1668年)、「家訓十五ヵ条」(かきん)を制定しています。
これが、この後、会津藩の大義になっていきます。
hosina04.jpg 
一、大君の義、一心大切に忠勤を存すべく、列国の例を以て自ら処るべからず。若し二心を懐かば、則ち我が子孫に非ず、面々決して従うべからず。
ここで、将軍家への忠勤を明文化しています。これが、幕末にかかわってきます。
hosina08.jpg 

寛文12年(1672年)、正之は、病気で亡くなります。
生前に定めておいた猪苗代の美祢(みね)に埋葬され、土津神社(はにつじんじゃ)として祭られています。
hosina09.jpg 
大きな碑石があります。
hosina10.jpg 
正之の墓は、猪苗代にありますが、この後の松平家の墓は、会津若松にあります。
hosina11.jpg 

松平氏の時代へ つづく

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

カレー風味のスパイシー ミートパイ

カレー風味のスパイシーなミートパイを作りました。
mitopai01.jpg 

材料
①ミートソース
合いびき肉  150g
タマネギ  小1/2
パプリカ  1/4
ズッキーニ  1/2
オリーブオイル  大さじ1
トマトケチャップ  大さじ1
小麦粉(薄力粉)  大さじ1
ウスターソース  大さじ1/2
しょうゆ  小さじ1
塩  小さじ1/4
カレー粉  小さじ1/2
ナツメグ  少々
黒こしょう  少々
②パイ生地
小麦粉(薄力粉)  100g
バター  75g
水  50ml

機械・道具
オーブン  めん棒
オーブンで使えるパイ皿(直径18cm)

作り方(ミートソース)
①フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、タマネギをみじん切りにして、2分ぐらいいためる。
mitopai02.jpg 
②ひき肉をいれて、中火で2分いためる。
mitopai03.jpg 
③小麦粉を加えて1分いためる。
④ソースの材料を全部入れる。
⑤パプリカ、ズッキーニを加え、火が通るまで2、3分いためる。
mitopai04.jpg 
ソースは、できあがり。

作り方(パイ)
①ボールに小麦粉を入れ、湯せんで溶かしたバターを入れ、よくまぜる。
バターが溶けていないと、よくまざりません。
mitopai05.jpg 
よくまざると、ねばりが出てきて固まります。
mitopai06.jpg 
②水を少しずつ入れて、まぜる。
mitopai07.jpg 
③べたべたしていますが、ひとまとめにして、ぬれふきんをかけて冷蔵庫に30分入れて、冷やす。
④固まったら、冷蔵庫から出して、小麦粉をふった台の上に出す。
mitopai08.jpg 
⑤小麦粉をつけながら、2対1の大きさで、2つに分ける。
⑥大きい方から先に、めん棒を使って、平にのばす。
mitopai10.jpg 
⑦厚さ5mmぐらいにのばしたら、3つ折りにいてたたむように重ねる。
たて横の方向を変えて、またのばして、3つ折りにして重ねる。
これを4、5回くり返す。
べたつくときは、小麦粉をつける。
mitopai09.jpg 
⑧パイ皿の直径より大きくのばす。
⑨パイ皿に生地をしいて、ふちの上に合わせる。
⑩底になる部分にフォークで穴をあける。
⑪小さい方も、同じようにのばして3つ折りにしてたたんで重ねる。
⑫ミートソースを入れて、その上に、ふたになるようにのせ、ふちをくっつける。
⑬上の面に、卵黄をぬる。
mitopai11.jpg 
⑭オーブンで、温度を変えて2回焼く。
1回目、予熱ありで、180度20分。
続けて2回目、160度18分。
mitopai12.jpg 
おいしそうな焼き色で、完成。

mitopai13.jpg 
パイ部分は、サクサクでおいしいです。
ミートソースは、カレーの風味で、スパイシーでおいしいです。
ミートソースとパイの味がよく合います。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

手作りお菓子ランキング

猪苗代 第9回つながるマルシェ つながるしぇ

2018年10月14日
福島県猪苗代町の体験交流館「学びいな」で行われた、「第9回つながるマルシェ つながるしぇ」に行ってきました。8月に続いて、今年3回目のマルシェです。
tunagaru51.jpg 
主催は、「つながるしぇ実行委員会」です。
今回も、販売や体験など、大人も子どもも楽しめる市場でした。
tunagaru62.jpg 
ちらしも、手作りっぽいです。
tunagaru63.jpg 
大きく分けて、3つのコーナーになっています。

WORKSHOP & SHOPPING は、服やアクセサリーを作って売っている店が並んでいます。
tunagaru52.jpg 
会津木綿の店もあります。
模様の組み合わせが、すてきです。
tunagaru54.jpg 
木製のスプーンがかわいいです。
tunagaru55.jpg 
最近流行の、多肉植物の店もあります。
tunagaru57.jpg 
フリーマーケットや、物々交換の店もあります。
tunagaru53.jpg 

VEGETABLES は、野菜の店です。
リンゴや、カボチャがおいしそうです。
tunagaru56.jpg 

FOOD は、出張販売や、販売車で売っている店です。
tunagaru58.jpg 
ニンジンのキッシュを買って食べました。
ニンジンいっぱいで、チーズの味がおいしかったです。
tunagaru59.jpg 
Banyan Bakery は、福島県平田村のパンやで、移動販売車です。
tunagaru60.jpg 
ベトナムコーヒーといっしょに、じゃがマサラを買って食べました。
あんこの代わりに、マッシュポテトが入っているパンで、香辛料の香りがよくおいしかったです。
tunagaru61.jpg 

猪苗代町の「つながるしぇ」の今年の予定は、終わりです。
また、来年をお楽しみに。

会津でのお泊まりは、こちらへ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

おいしい新そば味くらべ「山都新そばまつり」

10月、新そばの季節です。
会津で最初の新そばまつり、「第35回山都新そばまつり」を紹介します。
yamatosoba01.jpg 
福島県喜多方市山都(やまと)は、そばの栽培が盛んです。
10月13日・14日に、会津地方で最初の新そばまつりが行われました。
さっそく行ってみました。
会場は、山都の商店街の「山都みちくさ通り」です。
車両を通行止めにして、たくさんのテントで店が並びました。
yamatosoba17.jpg 
歩いて5分ぐらいの所に、駐車場があるので、車で行っても安心です。
初日は、開会式が行われました。
yamatosoba02.jpg 
メインは、そばの店で、9軒あります。
yamatosoba03.jpg 
それぞれの店の紹介が、パネルとちらしで出ています。
yamatosoba18.jpg 
各店共通チケットとして、かけそば、または、もりそばが600円です。
チケット売り場が、数カ所あって、そこでチケットを買うと、ちらしとスタンプラリーのカードがもらえます。
新そばまつりのスタンプラリーは、おもしろそうです。
チケットを買って、お目当ての店に並びます。
yamatosoba04.jpg 
最初は、「宮古そば」です。
もりそばを注文しました。
yamatosoba05.jpg 
器は、各店共通です。
食べる場所は、テーブルといすがあって、待たずに座れました。
宮古そばは、ちょっとかたくてこしがあるのが、特徴です。
十割そばで、ここまで粘りがあるか、という歯ごたえです。

次は、山都そば処「萬長」です。
yamatosoba06.jpg 
チケットに200円たして、鴨南蛮にしました。
yamatosoba07.jpg 
そばは、やわらかめですが、甘味があっておいしいです。
つゆは、鴨とねぎの味がよく出ていて、おいしいです。

3番目は、会津山都蕎麦「蕎邑」です。
yamatosoba08.jpg 
いろいろありましたが、もりそばです。
yamatosoba09.jpg 
そばは、細く切ってありますが、こしがあって、粘りがあって、かむと甘味とそばの味がわかるおいしいそばです。
つゆは、かつおのだしがよくきいています。

4番目は、「そば伝承館」です。
yamatosoba10.jpg 
かけそばと、天ぷら500円です。
yamatosoba11.jpg 
そばの甘味、うまみがありおいしいです。
つゆは、だしがきいています。
天ぷらは、食べ応えがあり、まんじゅうの天ぷらも入っていました。

そばの店の中には、「県立耶麻農業高校」もあって、生徒がそばうちの練習をして、出店したということで、頑張っていました。お客さんが一番多かったのは、この高校生の店です。

そばの店のほかにも、たくさんの地元の店が出ていました。
yamatosoba12.jpg 
「刀根早生柿」(とねわせがき)は、地元で栽培している渋柿の渋抜きで、甘くておいしいです。
6個で、200円は、安いです。
yamatosoba13.jpg 
「小野豆腐店」の青ばたとうふ、豆の味がしておいしいです。
1丁200円。
yamatosoba14.jpg 
「伊藤商店」のコーヒー、300円。
濃くいれたコーヒーで、おいしかったです。
yamatosoba15.jpg 
「MINA KIKAKU」の、ひのきプレート。
ひのきの板に、レーザーで線画をかいたもので、木の香りがすてきです。
yamatosoba16.jpg 

天気がよくて、おいしく、楽しめる新そばまつりでした。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

裏磐梯グランデコリゾートスキー場 紅葉見頃

福島県の高い山は、紅葉が始まりました。
2018年10月9日、裏磐梯(北塩原村)のグランデコリゾートスキー場の紅葉です。
gurandeko01.jpg 
グランデコリゾートスキー場では、6人乗りゴンドラのロープウェーを運転しています。
往復で1600円ですが、割引券を発売しています。
犬の乗車も可で、往復700円です。
10月9日は、ロープウェー乗り場付近は、まだ、色づきはじめでした。
gurandeko02.jpg 
ロープウェーに乗ると、少しずつ紅葉が進んでいきます。
gurandeko03.jpg 
雑木林の紅葉と、杉林の緑と、唐松林が混在しています。
gurandeko04.jpg 
後1~2週間で、見頃でしょうか。


10分ほどで、上の駅に着きます。
標高1390m、表示があります。
gurandeko05.jpg 
ロープウェーの駅から、すぐ外に出られます。
周辺の案内図があります。
gurandeko06.jpg 
駅の建物の中には、レストランブナブナや、トイレがあります。
展望台と、足湯もあります。
gurandeko07.jpg 

スキーのゲレンデなので、草原が広がっていますが、まわりの大きな木の葉が黄色くなっています。
gurandeko08.jpg 
標高が高いので、紅葉見頃と言っていいでしょう。
gurandeko10.jpg 
雲がありましたが、磐梯山も見えました。
gurandeko09.jpg 
湿原の方に歩いて行くコースもありますが、下の方は、紅葉が進んでいないので、この日は、行きませんでした。
gurandeko11.jpg 
裏磐梯では、一番早く紅葉が見られる所です。
おいでください。

グランデコに行く途中の小野川湖は、まだ、色づきはじめです。
onogawako01.jpg 

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

花・ガーデニングランキング

福島県ランキング