おいしい新そば味くらべ「山都新そばまつり」

10月、新そばの季節です。
会津で最初の新そばまつり、「第35回山都新そばまつり」を紹介します。
yamatosoba01.jpg 
福島県喜多方市山都(やまと)は、そばの栽培が盛んです。
10月13日・14日に、会津地方で最初の新そばまつりが行われました。
さっそく行ってみました。
会場は、山都の商店街の「山都みちくさ通り」です。
車両を通行止めにして、たくさんのテントで店が並びました。
yamatosoba17.jpg 
歩いて5分ぐらいの所に、駐車場があるので、車で行っても安心です。
初日は、開会式が行われました。
yamatosoba02.jpg 
メインは、そばの店で、9軒あります。
yamatosoba03.jpg 
それぞれの店の紹介が、パネルとちらしで出ています。
yamatosoba18.jpg 
各店共通チケットとして、かけそば、または、もりそばが600円です。
チケット売り場が、数カ所あって、そこでチケットを買うと、ちらしとスタンプラリーのカードがもらえます。
新そばまつりのスタンプラリーは、おもしろそうです。
チケットを買って、お目当ての店に並びます。
yamatosoba04.jpg 
最初は、「宮古そば」です。
もりそばを注文しました。
yamatosoba05.jpg 
器は、各店共通です。
食べる場所は、テーブルといすがあって、待たずに座れました。
宮古そばは、ちょっとかたくてこしがあるのが、特徴です。
十割そばで、ここまで粘りがあるか、という歯ごたえです。

次は、山都そば処「萬長」です。
yamatosoba06.jpg 
チケットに200円たして、鴨南蛮にしました。
yamatosoba07.jpg 
そばは、やわらかめですが、甘味があっておいしいです。
つゆは、鴨とねぎの味がよく出ていて、おいしいです。

3番目は、会津山都蕎麦「蕎邑」です。
yamatosoba08.jpg 
いろいろありましたが、もりそばです。
yamatosoba09.jpg 
そばは、細く切ってありますが、こしがあって、粘りがあって、かむと甘味とそばの味がわかるおいしいそばです。
つゆは、かつおのだしがよくきいています。

4番目は、「そば伝承館」です。
yamatosoba10.jpg 
かけそばと、天ぷら500円です。
yamatosoba11.jpg 
そばの甘味、うまみがありおいしいです。
つゆは、だしがきいています。
天ぷらは、食べ応えがあり、まんじゅうの天ぷらも入っていました。

そばの店の中には、「県立耶麻農業高校」もあって、生徒がそばうちの練習をして、出店したということで、頑張っていました。お客さんが一番多かったのは、この高校生の店です。

そばの店のほかにも、たくさんの地元の店が出ていました。
yamatosoba12.jpg 
「刀根早生柿」(とねわせがき)は、地元で栽培している渋柿の渋抜きで、甘くておいしいです。
6個で、200円は、安いです。
yamatosoba13.jpg 
「小野豆腐店」の青ばたとうふ、豆の味がしておいしいです。
1丁200円。
yamatosoba14.jpg 
「伊藤商店」のコーヒー、300円。
濃くいれたコーヒーで、おいしかったです。
yamatosoba15.jpg 
「MINA KIKAKU」の、ひのきプレート。
ひのきの板に、レーザーで線画をかいたもので、木の香りがすてきです。
yamatosoba16.jpg 

天気がよくて、おいしく、楽しめる新そばまつりでした。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング