こしが強くておいしいそば「猪苗代新そばまつり」

福島県猪苗代町の「蕎麦の里 猪苗代新そばまつり」を紹介します。
inawasirosoba01.jpg 
猪苗代町と、商工会が力を入れている秋のイベントの一つです。
前売り券は、1枚1000円で、9月末に発売しました。
inawasirosoba02.jpg 
そば+天ぷら、または、そば×2で、1000円は、安いです。
11月10日と11日の2日開催で、合計5000食を提供するということです。
混雑することを予想して、初日の開会前をねらって行きました。
10時開会の前、9:45に会場到着、駐車場は、空いていました。
会場のカメリーナ(体育館)は、開いていて、野菜を売る店も始まっていました。
inawasirosoba03.jpg 
スリッパにはきかえて、入場の列に並びます。
体育館のフロアは、まだ開いていなくて、5分ぐらい待ちました。
inawasirosoba04.jpg 
10時の予定より早く、9:55にフロアが開いて入っていきます。
当日券を買う人が半分ぐらいいて、前売り券の人は、そばの列に進みます。
inawasirosoba05.jpg 
そばを出すのは、手際がよく、早かったです。
並んだのは、5分ぐらい。
inawasirosoba06.jpg 
たくさんあるテーブルに、場所を取りました。
「ひきたて、うちたて、ゆでたて」の新そばです。
猪苗代町特産品種「いなわしろ天の香」です。
inawasirosoba01.jpg 
ざるそばから味わいます。
こしが強くて、粘りがあるそばで、おいしいです。
細くてしっかりした歯ごたえは、打ち方がうまいんでしょう。
そばの香りと味、甘味もあります。
inawasirosoba07.jpg 
そばのつゆは、かつおだしでおいしいです。
天ぷらは、エビ、マイタケ、ニシン、ピーマン、カボチャです。

もう一品は、温かい「祝言そば」です。
かつて猪苗代一帯では、農村の質素な暮らしのなかにあって、祝言(結婚式)の時だけは膳にごちそうが並びました。この昔ながらの祝宴のメニューを忠実に再現したのが、猪苗代名物『祝言そば』です。
鶏肉とゴボウを煮て、そのだしで、つゆをつくっていておいしいです。
そばは、少しやわらかくなっていますが、そばの味が、つゆの味と合います。
inawasirosoba08.jpg 
ざるそばも、祝言そばも、普通に一人前の量で、そばまつりとしては、多くてうれしかったです。

そばチケットとは別に、現金売りで「そばがゆ」が売っていました。
inawasirosoba09.jpg 
ひいていない「玄そば」を煮たもので、つぶつぶがあり、そばの味で、おいしかったです。

体育館のフロアで、そば粉や米などが売っていました。
inawasirosoba10.jpg 
そば粉「天の香」1kg、1200円で買いました。
店で売っているよりは、安いです。
そば打ちをときどきやっていますが、なかなかうまくできません。
inawasirosoba11.jpg 

体育館の外では、野菜やくだものなどが、安く売っていました。
inawasirosoba12.jpg 
漬け物用の「赤ダイコン」を買いました。
甘酢漬けにしてみます。

町役場の人、商工会の人など、たくさんのスタッフがいて、サービス向上のために頑張っているという感じでした。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

大きくて甘い「会津みしらず柿」

会津若松市でつくっている、「会津みしらず柿」を紹介します。
misirazu01.jpg 
「会津みしらず柿」は、会津若松市の南の方、門田地区で栽培している大きくて、甘い柿です。
10月下旬から11月下旬までが、出荷時期です。
misirazu02.jpg 
「みしらず柿」は、漢字で書くと「身不知柿」と書き、その名前の由来は、3つほど説があります。
1つ目の説は、枝が折れそうなほどにたくさんの大粒の実をつけること(身の程知らずな柿)であるため。
2つ目の説は、この柿を将軍に献上したところ、「未だかかる美味しい柿を知らず(これほど美味しい柿は初めて食べた)」と大いに賞賛されたから。
3つ目の説は、あまりに美味しいので我が身も考えずに食べすぎてしまう柿だから。
どの説も、みしらず柿のあまりのおいしさから生まれたようです。

実が大きいので、食べ応えがあります。
種がないので、食べやすいです。
渋柿なので、アルコール(焼酎)で渋抜きして、食べますが、渋抜き後は、甘味が強いです。
misirazu04.jpg 

くだものなので、大きさや、きずなど、見た目は、ばらつきがあります。
見た目は、ともかく、味は、いいので、安く買えるものをおすすめします。
大きくて、見た目がきれいなものは、1箱数千円の値段で売っていますが、袋入りだと安く買えます。
misirazu03.jpg 
会津若松市内のJAの店では、1袋300円ぐらいで売っています。
「会津みしらず柿」食べてみなんしょ。

こちらで売っています↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

菊の祭典 二本松菊人形

福島県二本松市で行われている、「第64回菊の祭典 二本松菊人形」を紹介します。
kikuningyo18.jpg 
10月10日から11月25日まで、二本松市の霞ヶ城公園で、戊辰150年~信義×二本松少年隊~をテーマに、菊の祭典が行われています。
11月8日に行ってきました。
午前9時から始まりますが、9時20分ごろに着いたときは、駐車場は空いていて、あまり混んでいませんでした。
駐車場の前の二本松少年隊の像の所から、菊で飾られています。
kikuningyo01.jpg 
大きな箕輪門をくぐって、城内に入っていきます。
kikuningyo02.jpg 
菊人形の入口の前には、おいしそうな食べ物の店が並んでいます。
kikuningyo03.jpg 
店の前を通過すると、入場券売り場があります。
大人700円ですが、ちらしといっしょに置いてあった割引券で、650円になりました。
kikuningyo04.jpg 
会場内は、菊人形ゾーンと、菊花展ゾーンがあり、混在しています。

はじめに、菊人形ゾーンから紹介します。
テーマが、戊辰150年~信義×二本松少年隊~で、幕末の戊辰戦争に関するできごとを、10場面に分けて菊人形で表現しています。
kikuningyo05.jpg 
それぞれの場面には、説明の看板があります。
kikuningyo06.jpg 
2場面続きの所は、動画のパノラマです。

少年剣士が斬りかかる場面は、人形が動きます。

人形の顔は、本人だったり、ドラマで演じた人だったり、似せてつくっています。
kikuningyo07.jpg 
着物や袴の色に合わせて、菊の枝をさして、花を生かしています。
kikuningyo08.jpg 
ときどき、花の差し替え、着せ替えをします。
kikuningyo09.jpg 
歴史と伝統がある人形をつくる技は、すごいです。

菊花展ゾーンは、菊の愛好者の品評会です。
大菊の三本仕立ては、200点出品されています。
kikuningyo10.jpg 
懸崖仕立ても見事です。
kikuningyo11.jpg 
極めつけは、「大多輪」です。1本の株を2年がかりで、剪定して、花芽を増やし、千輪咲といわれるほどたくさんの花を咲かせています。
kikuningyo12.jpg 

隣接するゾーンでは、「にほんまつマムフェスティバル」も、行われています。
Mumとは、「菊」の別名で、主に欧米で品種改良された菊です。
生け花風や、
kikuningyo14.jpg 
菊のドレスなどがあります。
kikuningyo15.jpg 
ハートをかたどったパネルも、すてきです。
kikuningyo16.jpg 
子供が遊べる迷路もあります。
kikuningyo13.jpg 

菊人形の会場から、霞ヶ城公園に出入りできるようになっています。
池の周りの紅葉は、もう少しというところでした。
kikuningyo17.jpg 

きれいな菊、おいしいものがいっぱいの、菊人形に行ってみみませんか。

会津でのお泊りは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

花・ガーデニングランキング

福島県ランキング

しっとりふわふわ シフォンケーキ

しっとりふわふわのシフォンケーキを作りました。
sifon10.jpg 

材料
薄力粉  100g
ベーキングパウダー  小さじ1/2
卵黄  4個分
卵白  5個分
塩  少々
砂糖  100g
水  90ml
レモン汁  10ml
サラダ油  60ml

機械・道具
オーブン  ハンドミキサー
アルミ製のシフォンケーキの型(直径18cm)

作り方
【卵黄】
①ボールに卵黄と砂糖半量を入れ、ハンドミキサーでよくねる。
sifon01.jpg 
②水を少しずつ加え、まぜる。
③レモン汁を入れて、まぜる。
sifon02.jpg 
④サラダ油を少しずつ加え、まぜる。
⑤小麦粉を入れ、よくまぜる。
sifon03.jpg 
卵黄は、できあがり。

【卵白】
⑥別のボールに、卵白と塩を入れ、ハンドミキサーで泡立てる。
卵白の温度は、低い方がよい。気温が高いときは、ボールの外側を氷水で冷やす。
細かい泡で、なめらかになるまで続ける。
sifon04.jpg 
⑦砂糖半量を入れ、かたくなって、つのが立つまで泡立てる。
sifon05.jpg 

⑧【卵黄】の生地に、【卵白】の生地を1/3ぐらい加え、ざっくりとまぜる。
⑨残りの卵白を加え、ざっくりとまぜる。
ざっくりとだが、黄色と白が均一にまざった方がよい。まざってないと、焼けたときに食感が違う。
⑩生地を型に流し入れる。トントンして、間の空気を抜く。
sifon06.jpg 
今回は、黄色と白がよくまざっていない。→反省点です。

⑪オーブン予熱なしで、150度60分焼く。
sifon07.jpg 
2倍ぐらいにふくらんで、型から盛り上がり、上面は、こげた。
生地の量を8割ぐらいに減らすとよいかもしれない。→反省点です。
⑫焼き上がったら、型をさかさまにして、さます。
sifon08.jpg 
⑬すっかりさめたら、型の全面にくっついているので、ナイフではがす。
sifon09.jpg 
⑭ふわふわのシフォンケーキが完成。
つぶれないように、切り分けます。
sifon11.jpg 
甘くて、しっとりしていて、ふわふわでおいしいです。
カステラに近い甘さです。もう少し甘さをひかえてもいいか。
反省点を改善して、再挑戦します。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

手作りお菓子ランキング

こくがあって味わいがある「人気一ひやおろし」

福島県二本松市の、人気酒造「純米吟醸ひやおろし」を紹介します。

蔵元:人気酒造
「純米吟醸ひやおろし」720ml
麹米:夢の香
掛米:チヨニシキ
精米歩合:60%
日本酒度:-3
アルコール度数:16%
酸度:1.3
ninkihiyaorosi.jpg 
購入先:二本松菊人形売店 1500円
感想:こくがあって、濃い味。
やや酸味あり、香りは強くないが、味わいがある。

ひやおろしらしい濃い味です。
「ひやおろし」は、3000本限定販売です。
「人気酒造」は、長年酒造りに携わってきたプロが集まってつくった新しい蔵です。日本酒は、吟醸酒のみにこだわり、普通酒は造りません。吟醸しか造らないから、吟醸酒では負けません・・・ということです。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

日本酒ランキング

福島県ランキング