会津藩その後⑧ 野口英世

会津藩士ではありませんが、猪苗代町で生まれた野口英世は、明治生まれの会津人です。
nogutihideyo31.jpg 
1876年(明治9年)、猪苗代湖畔の貧しい家庭に生まれ、清作と名付けられます。
nogutihideyo32.jpg 
1歳半のとき、母シカが目を離したすきに、自宅のいろりに落ちて、左手に大やけどを負います。
nogutihideyo33.jpg 
猪苗代高等小学校を卒業すると、手の手術をしてくれた渡部医師の会陽医院に薬局生として住み込み、医学の勉強を始めます。
nogutihideyo35.jpg 
会津若松市の旧会陽医院のあたりは、野口英世青春通りと名付けられています。
nogutihideyo36.jpg 
1895年(明治28年)、東京に行き、医師の資格を得ます。
その後、北里柴三郎の伝染病研究所に入り、細菌学を学びます。
この頃、清作から英世に改名します。
nogutihideyo34.jpg 

1899年(明治33年)、アメリカに渡ります。
ロックフェラー医学研究所の助手時代に、梅毒スピロヘータの純粋培養に成功します。
nogutihideyo37.jpg 
英世といえば「努力と忍耐」という言葉が当てはまったのは、この頃で、不眠不休の研究の成果でした。
ヨーロッパ各地で講演を行い、その名を世界に知られるようになり、日本には、帰ってきませんでした。
「早く帰ってきてくだされ」とくり返す、母シカからの手紙が届いたのは、その頃です。
nogutihideyo39.jpg 
1914年(大正3年)、東京帝国大学から理学博士の学位が授与され、ノーベル賞の有力候補に挙げられましたが、第一次世界大戦が起こって、受賞はかないませんでした。
1915年(大正4年)、英世は、15年ぶりに日本に帰国します。
故郷会津にも帰りました。猪苗代の翁島停車場では、大勢の人が出迎えて大歓迎でした。

アメリカにもどった英世は、黄熱病研究のため、エクアドルに派遣されます。
その後、メキシコ、ペルー、ブラジルと渡り、
1927年(昭和2年)アフリカに渡ります。
nogutihideyo38.jpg 
1928年(昭和3年)、ガーナで黄熱病に感染し、51歳の生涯を閉じました。
墓碑には、「科学への献身により、人類のために生き人類のために死す」と刻まれています。

藩士ではないので、義の教えはなかったかもしれませんが、研究の偉業は、すばらしいです。紙幣の顔になっている会津人は、野口英世だけです。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

大当たりクリスマスプレゼント「温泉宿泊券」

今年は、戊辰150周年ということで、福島県では、いろいろな記念事業をやっていました。
その中の、「戊辰ミステリークイズラリー」に応募したら、大当たりでした。
kuizu01.jpg 
まず、先に届いたのは、「会津WAONカード」1000円分です。
赤べこの絵がかわいいです。
裏は、「ならぬことは ならぬものです」と、鶴ヶ城。
渋い絵です。
kuizu02.jpg 
これだけでも、うれしかったのですが。
数日後に届いたのは、
kuizu03.jpg 
大当たり、「温泉宿泊券」20,000円分です。
ちょっと早いクリスマスプレゼントでした。

クイズラリー・・・って何?
kuizu04.jpg 
会津若松市内で、戊辰戦争(会津戦争)にかかわる施設10箇所で、クイズの問題が出されています。
その答えを解答用紙に書いて応募するというやり方です。
kuizu05.jpg 

入館料が有料の施設が多いのと、各施設の展示内容に関する問題になっているので、全問に答えるのは、けっこう大変でした。
10箇所全部まわって、いろいろ勉強になりました。
kuizu06.jpg 
主な施設の様子は、記事で紹介しています。

全問回答して、2人分応募したら、Aコース温泉宿泊券10名、Cコース会津WAONカード300名に、当たったということです。
全問正解者は、少なかったのでしょうか、当たる確率が高かったようです。
これからも頑張ります。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

クリスマスケーキも「太郎庵」ショコラノエル

会津のお菓子屋さん「太郎庵」の、クリスマスケーキを紹介します。

X’masショコラノエル 17cm 3500円
taroansyokora01.jpg 
クリスマス期間限定販売なので、これから買うことはできませんが、太郎庵のケーキのおいしさを紹介します。
形はロールケーキで、両側には、クリームと年輪型のチョコレートが付いています。
年輪型は、ビターチョコです。
taroansyokora02.jpg 
表面は、チョコのグラサージュで、金粉?が付いています。ほろ苦いです。
中のケーキは、チョコスポンジとチョコクリームです。
スポンジは、ふわふわでやわらかく、洋酒の味がします。
クリームは、甘くなく、さらっとした味で、いくらでも食べられそうです。
taroansyokora03.jpg 
全体的には、しっかりした味だが、しつこくない、おいしいケーキです。
福島県ロールケーキ大賞受賞作品をクリスマス用にアレンジしたということです。

会津のお泊まりは、こちらへ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

メインゲレンデ オープン「リステルスキーファンタジア」

福島県猪苗代町の「リステルスキーファンタジア」が、予定通りオープンしたので、行ってきました。
risuterusuki01.jpg 
12月22日 9:00ゲレンデ到着です。
積雪は、20cmで、なんとか滑れるという状態です。
天気は、晴れ、微風です。
動いているリフトは、第一ペアリフトAで、滑れるコースは、ロイヤルクリスティコースです。
risuterusuki02.jpg 
前半は、6回滑りました。
リフトからの風景です。人は、少ないです。
risuterusuki03.jpg 
しっかり圧雪してあって、平になっていますが、やや凍っていて、はじめは、スピードが出ました。
下の方を見ると、ホテルの建物と、猪苗代湖が見えます。
risuterusuki04.jpg 
コースの真ん中あたりで、土が見えているところもありました。
risuterusuki05.jpg 

10:20~10:45休憩
センターハウスの1階には、トイレと無料休憩所がありますが、窓がない部屋なので、薄暗いです。2階のレストランに行きました。
risuterusuki06.jpg 
お客さんが少ないので、がらんとしています。
メニューは、けっこう多いです。
risuterusuki07.jpg 
ゲレンデ側が窓になっているので、外の様子がよく見えます。
紙コップですが、甘いココアが350円。
risuterusuki08.jpg 

後半も、6回滑りました。
パラレルで滑りながらの撮影です。

11:50終了

まだ雪が少ないので、年末の大雪に期待です。
ホテルからゲレンデまで、0分です↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

スキー場ランキング

福島県ランキング

新雪 晴天 絶好のコンディション「猫魔スキー場」

新雪が積もり、晴れたので、福島県裏磐梯の「星野リゾート 猫魔スキー場」に行ってきました。
nekoma11.jpg 
12月21日 9:30ゲレンデ到着です。
nekoma12.jpg 
ゲレンデのデータは、前日のままです。
この日は、天気は晴れ。積雪は100cmです。
積雪は、増えましたが、オープンしているコースは、変わっていません。
動いているリフトは、2本です。

①フォレストキャットチェア→フォレスト3
リフトを降りたところ、ここから上は、リフトがなくなったので、行けなくなりました。
nekoma14.jpg 
②フォレストキャットチェア→フォレスト3
フォレスト3から下の方です。
西吾妻の山がきれいに見えました。
nekoma15.jpg 
③デビルキャットチェア→デビル1
フォレスト3からデビル1方向です。
nekoma13.jpg 
④デビルキャットチェア→デビル1
デビル1からレストハウス方向、遠くに見えるのは、栗子スキー場か。
nekoma16.jpg 
休憩(ティータイム)

⑤フォレストキャットチェア→フォレスト3
デビル1のスタート地点にも雪が着いて滑りやすくなりました。
 nekoma17.jpg
⑥デビルキャットチェア→デビル1
デビル1から上も、リフトの柱は残っていますが、運転休止になっています。
オープニングパークには、スノーボードのスロープが作ってあります。
nekoma18.jpg 
⑦デビルキャットチェア→デビル1
デビル1は、急斜面ですが、新雪が増えました。
nekoma19.jpg 
12月22日からは、全コース滑走可になるようです。

晴れると眺めがいいのですが、なかなか晴れません。
雪の日が多いから、積雪が多いんですね。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

スキー場ランキング

福島県ランキング