積雪十分 圧雪整備「猫魔スキー場」

3連休が終わり、人が少なくなったところで、福島県裏磐梯の「星野リゾート 猫魔スキー場」に行ってきました。
nekoma21.jpg 
1月15日 9:50ゲレンデ到着です。
天気は、くもり。南微風です。
積雪は、105cm。
リフトは、フレンドリーキャットチェア以外の4本が動いています。
nekoma22.jpg 

①フォレストキャットチェア→フォレスト3
積雪は、十分。圧雪整備されています。
nekoma23.jpg 
②フォレストキャットチェア→フォレスト3
人は少ないです。
nekoma24.jpg 
③フォレストキャットチェア→フォレスト1→フレンドリーゲレンデ
フレンドリーゲレンデは、緩やかです。
nekoma26.jpg 
④フォレストキャットチェア→フォレスト1
フォレスト1から上は、行けません。
nekoma25.jpg 
⑤ディープキャットチェア→ディープ2→フレンドリーゲレンデ
桧原湖ビューポイントからの眺めがいいです。
飯豊連峰、西吾妻とグランデコスキー場、磐梯山などがきれいに見えます。
nekoma27.jpg 
ディープ2コースは、けっこうきついですが、圧雪してあるので、スリリングに滑れます。
nekoma28.jpg 

センターハウスで休憩。
センターハウス1階には、「焼き芋カフェ」があります。
nekoma29.jpg 
カウンターになっていて、直接注文します。
メニューは、焼き芋と飲み物です。
nekoma30.jpg 
「スペシャル」600円と、「クラムチャウダー」350円と、「コーヒー」150円を注文しました。
コーヒーとジュース類は、150円でセルフサービスです。
nekoma32.jpg 
焼き芋は、切って焼いた状態で、クリームと、アイスと、チョコと、アーモンドと、シナモンが付いています。
いっしょに食べると、甘い芋とクリームやシナモンの味が合わさって、なかなかおいしいです。
nekoma31.jpg 

⑥フォレストキャットチェア→フォレスト3
⑦デビルキャットチェア→デビル3
デビル3は、ロングコースで、中級者には、おもしろいです。
nekoma33.jpg 
11:55終了

猫魔スキー場は、上級者コースが複数あっておもしろいのですが、今回は、中級者コースを滑りました。
中級者コースは、圧雪整備されているので、滑りやすいけど、スリルがあっておもしろいです。
猫魔スキー場に近いホテルは、こちらをおすすめ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

スキー場ランキング

福島県ランキング

晴れだが、中級コースはアイスバーン「リステルスキーファンタジア」

福島県猪苗代町の「リステルスキーファンタジア」に、行ってきました。
risuterusuki21.jpg 
1月14日 9:20ゲレンデ到着です。
天気は、晴れ。無風で暖かいです。
積雪は、45cm。
リフト3本動いています。
risuterusuki23.jpg 

①第一ペアリフト→ロイヤルクリスティ
人は少ないです。
risuterusuki22.jpg 
②第一ペアリフト→③第二ペアリフト→チャイニーズダウンヒル→レイ&タック
チャイニーズダウンヒル上部は、積雪が少なくて、アイスバーンが削れた状態。
スピードが出て、コントロールが難しいです。
下部は、もやがかかっていて、視界がよくなかったです。
risuterusuki24.jpg 
レイ&タックは、圧雪しているので、まあまあ滑りやすいです。
risuterusuki25.jpg 

④第二ペアリフト→チャイニーズダウンヒル→パラダイス
パラダイスは、狭いけど、雪質はまあまあいい状態でした。
risuterusuki26.jpg 

センターハウスで休憩。
リフト乗り場から近いことと、飲み物の値段が安いことで、使いやすいです。
カフェラテ 350円
risuterusuki27.jpg 

⑤~⑩第一ペアリフト→ロイヤルクリスティ
risuterusuki28.jpg 
人が増えてきて、リフトが混み始めました。
天気がよくなって、視界がよくなりました。
猪苗代湖がきれいに見えます。
risuterusuki29.jpg 
11:50終了

積雪が、少しずつ増えていますが、中級コースは、まだ雪が少ないです。
リステルのお泊まり、ゲレンデ情報は、こちらへ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

スキー場ランキング

福島県ランキング

晴れコンディション良好「アルツ磐梯」

福島県磐梯町の「星野リゾートアルツ磐梯」に、行ってきました。
arutu21.jpg 
1月12日 8:30第三駐車場到着です。
シャトルバスでリゾートセンターへ。
天気は、晴れ、無風。
積雪は、120cm。前日までに降った雪で、雪質良好です。
arutu22.jpg 
動いていないリフトは、バトウチェアです。
8:45で、人は、多いです。

①アルツゴンドラ→クルージング1→クルージング3
ゴンドラから見える会津盆地。
arutu23.jpg 
ゴンドラから下りたスタート地点、風が当たる場所ですが、積雪多いです。
arutu24.jpg 
②アルツゴンドラ→クルージング1→クルージング3
ゴンドラから見える磐梯山。
arutu25.jpg 
クルージング1コース
arutu26.jpg 

③アルツエクスプレス→ホワイトバレー3
磐梯山がきれいに見えます。
arutu27.jpg 
④ブラックバレーエクスプレス→ピーク4

⑤ピークチェア→ピーク2→ピーク4
arutu32.jpg 
猫魔カフェで休憩。
arutu29.jpg 
昔は、レストランだったようですが、今は、無料休憩所になっています。
arutu30.jpg 
トイレと、飲み物の自動販売機があります。
窓から、磐梯山がきれいに見えます。
arutu31.jpg 

⑥ピークチェア→ピーク1→ブラックバレー3(初級コース)
⑦ホワイトバレーチェア→ズナイ1
猪苗代湖が光って見えます。
arutu28.jpg 
ズナイ2は、雪は解けていないが、人が多い。
arutu33.jpg 
11:45終了

天気も雪質も良く、絶好のコンディションでした。
3連休ということで、人が多く、駐車場もいっぱいでした。

ゲレンデ直結、お泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

スキー場ランキング

福島県ランキング

会津藩その後⑩ 会津から皇族へ

1928年(昭和3年)9月28日、昭和天皇の弟・秩父宮雍仁親王と、松平節子(まつだいらせつこ)さんが、結婚しました。
kouzoku01.jpg 
松平節子さんは、戊辰戦争(会津戦争)の時の会津藩主・松平容保の六男で外交官の松平恆雄の長女です。
kouzoku03.jpg 
「逆賊」「朝敵」といわれ、会津戦争で降伏した1868年(明治元年)9月から、60年でした。
旧会津藩の士族の復権につながり、会津人は感激して、提灯行列でお祝いしたということです。
成婚に際し、皇族の「節子(さだこ)」の同字を避け、皇室ゆかりの伊勢と会津松平家ゆかりの会津から一字ずつ取り、同音異字の勢津子に改めました。
kouzoku02.jpg 

節子さんが、結婚する前に家族と宿泊したのが、東山温泉の新滝です。
新滝では、3階建ての別館を建ててお迎えしました。
昭和48年に、会津若松市内の御薬園に2、3階部分が移築されました。
kouzoku04.jpg 
勢津子さまの誕生日、9月9日にちなみ、「重陽閣」と命名されました。
kouzoku05.jpg 
室内が公開されることがあります。
kouzoku06.jpg 

1990年(平成2年)6月29日、秋篠宮文仁親王と、川嶋紀子(かわしまきこ)さんが結婚しました。
kouzoku07.jpg 
川嶋紀子さんは、会津藩士池上武輔の息子、池上四郎のひ孫に当たります。
池上四郎は、1857年(安政4年)、会津若松市で生まれ、11歳の時、会津戦争を経験し、父と共に斗南藩へ移住しています。
その後、1913年(大正2年)、57歳で大阪市長に就任しています。
kouzoku08.jpg 

会津戦争後の120年間に、会津人の子孫の2人が皇族に嫁いでいるというのは、会津人が誇りとするところです。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

会津若松の初市 十日市 買い物客で大にぎわい

福島県会津地方の最大規模の初市は、会津若松市の十日市です。
毎年、1月10日に行われる十日市に行ってきました。
tookaiti01.jpg 
会津若松の市の始まりは、室町時代の蘆名氏(あしな)の時代といわれ、400年以上の歴史があります。
蒲生氏が会津に入った文禄4年(1595年)には、市を奨励し、制度化します。
若松城下では、市を立てる場所を6か所とし、日にちを決めて、六斎市と呼びました。
その中で、大町は、10日と決められていて、今まで続いているということです。

大町通りを歩行者天国にし、その北と南に、神様を置きます。
北が、住吉大神です。
tookaiti02.jpg 
大町通りには、縁起物や飲食店の屋台が軒を連ねます。
tookaiti03.jpg 
末廣酒造の屋台では、酒を売ってるばかりでなく、甘酒のおふるまいがありました。
tookaiti04.jpg 
温かくておいしいです。
tookaiti05.jpg 
南は、春日大神です。
tookaiti06.jpg 
蒲生氏の時代に、市を取りまとめていたのは、商人司(しょうにんつかさ)である簗田氏(やなだ)でした。
大町通りに簗田氏の屋敷跡があります。
tookaiti07.jpg 

大町通りと平行した神明通りにも、屋台、露店が並びます。
神明通りは、昨年、アーケードが新しくなり、明るく快適な商店街になりました。
tookaiti08.jpg 
神明通りの中にある神明神社も、市神として仮宮が置かれます。
tookaiti09.jpg 

初市の縁起物は、起き上がり小坊師と風車です。
売っている店はたくさんあり、値段もいろいろです。
よく見ると、形も違います。
調べてみて分かったことは、起き上がり小坊師を作っている所は、3つあるようです。
①山田民芸工房・・・会津若松市内の店で、店名が掲示されています。
tookaiti11.jpg 
地元の人が言うには、これが本物ということです。
買い方は、数個を転がしてみて、起き上がった物を選びます。
家族の人数より1個多く買います。
tookaiti10.jpg 
②若松民芸・・・全体赤と、全体青があります。
tookaiti01.jpg 
③韓国製・・・見た目は、きれいで、値段が安いです。
観光客は、買いたくなりますが、地元の人曰く「韓国製はねえ。」
tookaiti12.jpg 
並べてみました。
左の3個は、山田民芸工房。右の1個は、韓国製。
tookaiti13.jpg 
風車も、大きさや、色がいろいろあります。
tookaiti14.jpg 

神明通りでは、ふだん営業している店でも、「十日市セール」で、安売りをしています。
さらに、珍しい店もありました。
tookaiti15.jpg 
「歴史春秋社」で、出版している本を半額で売っていました。
この出版社は、会津若松市の会社で、会津地方に関する本をたくさん出しています。
ほしいと思っていた本を2冊買いました。
tookaiti16.jpg 
「若商デパート」?
これは、若松商業高校の店です。
みそや、まんじゅうなどを、女子高生が売っていました。
tookaiti17.jpg 
製造委託をしているというオリジナルラベルのみそを買いました。
tookaiti18.jpg 

市役所通りにも行きました。
会津若松市役所の前まで、飲食店が並んでいました。
tookaiti19.jpg 

露店の数は、300~400ということです。
朝9:30から、見て歩いて、お客さんは、あまり多くないなあと思いました。
しかし、後で、テレビのニュースを見ると、夕方から夜にお客さんが多くなるということでした。
買いたいものがあるのなら、午前中に。
飲み食いしながら歩くなら、夕方から夜がいいようです。

会津のお泊まりは、こちらへ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

福島県ランキング