学問の神「小平潟天満宮」初天神

福島県猪苗代町の「小平潟天満宮」の初天神に行ってきました。
kobiragata01.jpg 
小平潟天満宮は、猪苗代町の猪苗代湖畔にある天満宮です。
1月25日は、初天神のお祭りでした。
kobiragata02.jpg 

小平潟天満宮の歴史は古く、「京都北野」「九州太宰府」と共に日本三大天満宮と称されています。
会津鶴ヶ城を見守るように建つ社殿は、元々建立された場所から約400年前に移築されました。
kobiragata04.jpg 
駐車場からすぐ鳥居があります。
kobiragata03.jpg 
参道には、案内板があります。
本殿は、猪苗代町指定重要文化財になっています。
kobiragata06.jpg 
本殿の中には、和算の額があります。
明治の初期に、和算が隆盛を極め、問題や解答を書いて、天満宮に納めていました。
kobiragata07.jpg 
猪苗代町出身の野口英世の父親は、この神社の近くの小平潟出身で、祭礼時によく家族で参拝していました。
英世は、村人から「天神さまの生まれかわり」と評されるほどの頭脳明晰な少年だったと言われています。
kobiragata05.jpg 

本殿は、雪囲いで、中が見えなくなっています。
kobiragata08.jpg 
大きくはないですが、りっぱな建物です。
kobiragata09.jpg 
ふだんは、閉まっているようですが、この日は、初天神で中が見られるようになっています。
歌や和算の額が、たくさんあります。
お札や、お守りなどがあり、御神酒もいただきました。
kobiragata01.jpg 
破魔矢や、熊手もあります。
kobiragata10.jpg 
天満宮は、菅原道真ゆかりの天神様で、学問の神様でもあります。
合格祈願の絵馬がたくさんあります。
kobiragata11.jpg 
この日は、ご祈祷のため、社務所が開いているので、御朱印の受付もしていました。
kobiragata12.jpg 
ふだんは、天満宮の隣の「菊屋」で、御朱印を書いてもらえます。
初穂料は、300円です。
kobiragata13.jpg 
年に2回のお祭りということで、屋台も出ていました。
kobiragata14.jpg 

夏のお祭りにも行ってみたいです。
会津でのお泊まりは、こちらへ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓

よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

積雪増だがアイスバーン「リステルスキーファンタジア」

福島県猪苗代町の「リステルスキーファンタジア」に、行ってきました。
risuteru41.jpg 
1月25日 13:20ゲレンデ到着です。
天気は、くもり。微風。
積雪は、65cm。
リフト2本動いています。
risuteru42.jpg 

①第一ペアリフト→②第二ペアリフト→チャイニーズダウンヒル→レイ&タック
チャイニーズダウンヒル上部からは、視界が良く猪苗代湖は、きれいに見えました。
猪苗代湖のパノラマ動画です。

③第二ペアリフト→ガンホー
ガンホーコースは、斜度30度近くの上級コースです。
深雪で滑る人が少なく、凍っているので、難しいコンディションでした。
滑ると言うより、降りるという感じでした。
risuteru45.jpg 
④第二ペアリフト→チャイニーズダウンヒル→レイ&タック
チャイニーズダウンヒル上部は、積雪は増えたが、アイスバーンの所があり、コントロールが難しかったです。
risuteru44.jpg 
⑤第二ペアリフト→チャイニーズダウンヒル→レイ&タック
レイ&タックコースは、風が当たらないので、アイスバーンには、なっていません。
risuteru46.jpg 
⑥第二ペアリフト→チャイニーズダウンヒル→レイ&タック
⑦第二ペアリフト→チャイニーズダウンヒル→パラダイス
パラダイスコースは、積雪が増えて滑りやすくなっています。
risuteru43.jpg 
14:30終了

積雪は増えましたが、山頂付近は、凍ってアイスバーンになっています。
湿り雪が積もると、よくなりそうです。
リステルのお泊まり、ゲレンデ情報は、こちらへ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

スキー場ランキング

福島県ランキング

会津の始まり 冬の「伊佐須美神社」

福島県会津美里町の伊佐須美神社を紹介します。
isasumijinja01.jpg 
伊佐須美神社は歴史が古く、農林、水産、漁業、商工、土木、建築、交通運輸のあらゆる殖産興業の守護神として信仰を集めています。

鳥居の前に、伊佐須美神社の創始、会津の地名の由来について書いてあります。
isasumijinja02.jpg 
「古事記」には「大毘古命は先の命のまにまに、高志国に罷り行きき。ここに東の方より遣はさえし建沼河別、その父大毘古と共に相津に往き遇ひき。かれ、そこを相津と謂ふ。」とあり、“会津”地名発祥の由来と、神社の創始を共にしています。
案内板の前には、大木があります。
isasumijinja03.jpg 
赤い大きな鳥居をくぐると境内に入ります。
isasumijinja04.jpg 
参道の左には、菅原神社(天神様)があります。
isasumijinja05.jpg 
右側には、宝物殿がありますが、開いていませんでした。
isasumijinja10.jpg 
参道を進むと、りっぱな楼門があります。
isasumijinja06.jpg 
楼門の右の建物には、写真などが展示されています。
isasumijinja08.jpg 

楼門をくぐると、薄墨桜があります。
春には、白い花を咲かせます。
isasumijinja07.jpg 
正面に社殿があります。
isasumijinja01.jpg 
これは、仮社殿です。
平成20年の火災で、本殿、神楽殿、神饌所など消失し、現在は仮社殿になっています。

楼門のとなりに、社務所があります。
ここで、御朱印を書いてもらいました。
isasumijinja09.jpg 
中には、ストーブがあって、温かい部屋で待つことができました。
見開き2ページに書かれます。初穂料は、500円でした。
isasumijinja12.jpg 

鳥居の外側、駐車場の方には、池があって、庭があります。
ここは、アヤメ園になっていて、花の季節には、にぎわいます。
isasumijinja11.jpg 

新しい社殿を造る計画があるので、りっぱな社殿ができるのが楽しみです。
会津でのお泊まりは、こちらへ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

新雪でコンディション良好「アルツ磐梯」

福島県磐梯町の「星野リゾート アルツ磐梯スキー場」に、行ってきました。
arutu41.jpg 
1月23日 8:50ゲレンデ到着です。
天気は、くもり。無風。
積雪は、160cm。
全リフト動いています。
arutu49.jpg 
昨日までの雪がやんで、積雪が増え、ゲレンデコンディションが良くなりました。
平日ですが、けっこう人が多いです。
arutu48.jpg 

①アルツゴンドラ→クルージング2
中級コースにチャレンジです。途中の上級コースは、未圧雪ですが、それ以外は、快適に滑れました。
arutu42.jpg 
②アルツエクスプレス→ホワイトバレー3
視界が良く、磐梯山がきれいに見えました。
arutu43.jpg 
③ブラックバレーエクスプレス→ピーク4
猪苗代湖が光って見えます。
arutu44.jpg 
④霧氷チェア→フローズン2
長い中級コースは、圧雪なので、スピードを上げて快適に滑れました。
arutu45.jpg 
⑤ピークチェア→ピーク1→ブラックバレー4
上級コースに挑戦。未圧雪なので、苦戦しましたが、雪が深くて軟らかかったので、なんとか滑れました。
arutu46.jpg 
⑥ホワイトバレーチェア→ズナイ1
下の方も、雪は解けていなくて、滑りやすかったです。
arutu47.jpg 
10:25終了

積雪が多く、雪質も良く、いいコンディションでした。
天気は、晴れてはいませんでしたが、風がなく視界良好で気持ちよかったです。
アルツのお泊まりは、こちらへ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

スキー場ランキング

福島県ランキング

香りよく こくがあってすっきり「曙 大俵引き」

福島県会津坂下町の、曙酒造「大俵引き」を紹介します。

蔵元:曙酒造(会津坂下町)
「大俵引き 新米新酒 生原酒 おりがらみ純米ふな口」720ml
麹米:国産米
掛米:国産米
精米歩合:60%
日本酒度:+2
アルコール度数:16%
ootawarahiki.jpg 
購入先:会津若松酒楽館 1296円
感想:香りよく、こくがあってすっきり。
甘くなく辛口、やや酸味あり。

大俵引きとは、1月14日の初市に、その年の豊作を占い大俵を東西で引き合う、会津坂下町の祭りです。
おりがらみは、秋に仕込んだ新米からできた新酒で、圧搾機より流れ出した酒を、おりが入ったまま瓶詰めしたものです。
初市のころだけのしぼりたて、フレッシュで芳醇な味と香りです。
季節限定、地元販売なので、通信販売はしていないようです。

会津でのお泊まりは、こちらへ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

日本酒ランキング

福島県ランキング