磐梯山の宝 アントシアニンたっぷり「ナツハゼ」

磐梯山を囲む3町村で、磐梯山ブランドとして、「磐梯山の宝 認定商品」を選定しています。
今回は、猪苗代町の「ナツハゼ」を紹介します。
natuhaze01.jpg 
ナツハゼ製品を作っているのは、猪苗代町の「なつはぜ園おぐら」です。
ナツハゼは、秋に実る紫色の果実で、ブルーべーリーと同じ種類の野生種です。
natuhaze02.jpg 
ブルーベリーよりは、アントシアニン色素が多く、酸味が強いです。
目にいい食品ということで、効能に期待しています。
加工食品が、いろいろ出ています。
ゼリー、あめ、ラスク、お茶、ジャムなどです。
natuhaze04.jpg 
置いている店は、猪苗代町の商店街にある「まるしめ」です。
今は、ひな人形が飾ってあって、きれいです。
natuhaze03.jpg 

今回は、2つの商品を紹介します。
①ゼリー 430円
手作りのラベルが貼ってあります。
natuhaze05.jpg 
かたさは、昔懐かしいゼリーのかたさで、口の中で溶けます。
きれいな赤い色で、表面に砂糖が付いています。
味は、ほのかにすっぱく、甘くておいしいです。
natuhaze01.jpg 

②お茶 430円
ティーパックが6袋入っています。
これも、ラベルがかわいいです。
natuhaze06.jpg 
ティーパック1袋を、300mlのお湯で、と書いてあったので、その通りいれました。
かなり濃い紫色になりました。
味は、強い酸味ではなく、飲みやすいです。
甘味はなく、赤しその味に似ていて、こくがあります。
natuhaze07.jpg 
加工品は、冬でも売っています。
夏になったら、生の実を手に入れたいです。

「磐梯山の宝」は、あまり知られていない商品や店が多いです。
これから、紹介していく予定です。
natuhaze08.jpg 

会津のお泊まりは、こちらへ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

猪苗代おひな様めぐり「まちのえき まるしめ」

福島県猪苗代町の、猪苗代おひな様めぐりを紹介します。
marusime-hina01.jpg 
今年で10回目になった「猪苗代おひな様めぐり」です。
2月3日~3月3日、猪苗代の商店街の各店で、ひな人形や、つるしびなを飾っています。
「まちのえき まるしめ」は、その中心になる店で、たくさんのひな人形が飾ってあり、イベントも行われます。
marusime-hina02.jpg 
まるしめの窓には、ポスターが貼ってあり、店内には、ちらしやパンフレットがあります。
marusime-hina03.jpg 
まるしめ店内だけでも、いろいろなおひな様を見ることができます。

まず、ちょっと古い七段飾りです。
marusime-hina04.jpg 
下の段にも人形があります。
りっぱなおひな様です。
marusime-hina05.jpg 

五段飾りもあります。
marusime-hina06.jpg 
三段飾りもかわいいです。
marusime-hina07.jpg 
うさぎのおひな様もあります。
marusime-hina08.jpg 
おひな様ではない人形も、いくつかあります。
marusime-hina09.jpg 

段飾りではなく、つるしびなもあります。
marusime-hina10.jpg 
つるし方や、つるされている物は、いろいろです。
marusime-hina11.jpg 
赤のグラデーションがすてきです。
marusime-hina12.jpg 

店の角には、だんご飾りもあります。
marusime-hina13.jpg 
これは、おひな様ではなく、会津の天神様の人形です。
天神様は、小平潟天満宮と関係があります。
marusime-hina14.jpg 

まるしめだけでも、たくさんのおひな様を見ることができますが、ほかの店の飾りもきれいです。
猪苗代おひな様めぐりをしてみませんか。
さらに、猪苗代町を含む会津の6市町村でも、ひなめぐりをやっています。

会津でのお泊まりは、こちらへ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

フルーティーで、さわやかな香り「純米吟醸 ささまさむね」

福島県喜多方市の、純米吟醸「ささまさむね」を紹介します。

蔵元:笹正宗酒造(喜多方市)
純米吟醸「ささまさむね」720ml
麹米:国産米
掛米:喜多方産「五百万石」
精米歩合:50%
日本酒度:±0
アルコール度数:16%
sasamasamune01.jpg 
購入先:笹正宗酒造 1600円
感想:フルーティーでさわやかな香り。
口に含むと、最初から酸味と甘味を感じる。
のどごしすっきりで、濃い味でこくがある。

笹正宗酒造は、喜多方市の郊外 上三宮町にあります。
雪が多く、蔵は雪に埋もれている感じです。
sasamasamune02.jpg 
1818年創業で、200年を過ぎました。
大正時代に立て替えられた蔵は、どっしりとしたたたずまいです。
sasamasamune03.jpg 
土間の隣の座敷には、大きな神棚がありました。
昔は、小売りも多かったのでしょう。
sasamasamune04.jpg 
冷蔵庫には、大吟醸もありましたが、今回は、純米吟醸にしました。
sasamasamune05.jpg 
こちらで売っています↓
福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

日本酒ランキング

福島県ランキング

猪苗代湖に浮かぶ白鳥が間近で見られる 志田浜

猪苗代湖の北東岸、国道49号線沿いの志田浜では、白鳥が間近で見られます。
sidahama01.jpg 
福島県猪苗代町の猪苗代湖には、毎年約3000羽の白鳥が飛来します。
広い湖に散らばっているので、たくさんの白鳥を見ることはできませんが、湖岸にいる場所が数カ所あります。
その一つが志田浜です。
国道49号線で郡山から猪苗代に向かうと、中山宿の峠を越えて、猪苗代湖が見えると、間もなく志田浜です。
レイクサイド磐光というレストランがあって、広い駐車場があります。
ここから、湖岸の砂浜に出られます。
sidahama02.jpg 
砂浜は、50mぐらいの幅で、1km以上続いています。
そこに、カモや白鳥がたくさんいます。
夏には、湖水浴ができる場所です。
昔から白鳥が集まる場所ということで、「白鳥の湖」の像があります。
sidahama03.jpg 

この日は、20羽ぐらいの白鳥がいました。
sidahama04.jpg 
こちらが近づくと、湖の方に動いていきますが、動かない白鳥もいます。
sidahama05.jpg 
2~3mまで近づいても、動きませんでした。
sidahama06.jpg 
湖の向こうには、磐梯山がきれいに見えます。
sidahama07.jpg 
湖を泳ぐ白鳥は、優雅です。
sidahama08.jpg 
飛んでいる姿も、美しいです。
sidahama09.jpg 
下から見ると、翼が大きいです。
sidahama10.jpg 
白鳥は、2月末頃まで見られます。
3月になって、南風が吹くと、北に移動していきます。
志田浜のほかに、猪苗代湖の西側の長浜にも白鳥がいます。

会津でのお泊まりは、こちらへ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

新雪圧雪でスピードが出る「リステルスキーファンタジア」

福島県猪苗代町の「リステルスキーファンタジア」に、行ってきました。
risuteru81.jpg 
2月12日 8:50ゲレンデ到着です。
天気は、晴れ。西強風。下は、晴れていますが、山頂は雲に近い。
積雪は、75cm。
リフト2本動いています。
risuteru82.jpg 
連休が終わり、スキー教室の団体もいなくて、人は、少ないです。
risuteru83.jpg 

①第一ペアリフト→②第二ペアリフト→チャイニーズダウンヒル→レイ&タック
山頂からは、猪苗代湖が青く見えます。
risuteru84.jpg 
③第二ペアリフト→チャイニーズダウンヒル→レイ&タック
昨夜、新たに雪が積もり、圧雪作業が行われたので、アイスバーンになっていなくて、雪質は、いいです。
risuteru85.jpg 
④第二ペアリフト→チャイニーズダウンヒル→レイ&タック
麓の川桁の町と猪苗代湖が、きれいに見えます。
risuteru86.jpg 
⑤第二ペアリフト→チャイニーズダウンヒル→レイ&タック
ざらめ雪が凍った状態で、スピードが出ます。
レイ&タックコースも、雪は溶けていません。
risuteru87.jpg 
⑥第二ペアリフト→チャイニーズダウンヒル→レイ&タック
⑦第二ペアリフト→チャイニーズダウンヒル→パラダイス
林の中は、風が弱かったのですが、
下の方は、西風強風で、前に進まない感じでした。
risuteru88.jpg 
9:50終了

リステルは、3月31日まで営業の案内が出ました。
まだしばらく楽しめそうです。
リステルのお泊まり、ゲレンデ情報は、こちらへ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

スキー場ランキング

福島県ランキング