豊作や家内安全を願う「会津彼岸獅子」

2019年3月21日
福島県会津若松市内で、獅子舞が行われました。
higanjisi01.jpg 
長い冬に終わりを告げ、春の彼岸入りとともに、獅子舞が街にやってきます。
三体の獅子が笛と太鼓の音色に合わせ、古式ゆかしい舞を見せながら会津の各地を練り歩きます。
春分の日の最初に演じられる鶴ヶ城に行ってみました。
higanjisi02.jpg 
会津に獅子舞が伝来したのは、寛永年間(1624~1645年)に下野国(栃木県)から「三匹獅子」として伝わったようです。
春の彼岸に舞われる獅子舞を「彼岸獅子」と呼ぶようになりました。疫病が流行したときに、疫病を退散させるために寺社に獅子舞を奉納したのが、春彼岸だったと伝えられています。
獅子団の構成は、獅子3体、小僧1人、弓持1人、棒持1人、笛吹3人、小太鼓3人の計12人です。
higanjisi03.jpg 
鶴ヶ城本丸では、3月21日10:30から、3曲が演じられました。
初めは、3体の獅子が舞います。

天寧獅子保存会のみなさんの獅子舞です。
higanjisi04.jpg 
1曲の時間が、けっこう長く、演じるのが大変そうです。
higanjisi05.jpg 

2曲目は、小僧とのからみがあります。
higanjisi06.jpg 
曲も、舞も、同じパターンの繰り返しではなく、ストーリーがあるようです。
higanjisi07.jpg 
舞う人の息が合っています。


3曲目は、弓とのかかわりがあります。
higanjisi08.jpg 
棒や太鼓の小道具も使っています。
higanjisi09.jpg 

150年前の戊辰戦争(会津戦争)の際、鶴ヶ城が新政府軍に包囲されて、城に戻れなくなった家老・山川大蔵が、小松地区の獅子団と一緒に、お囃子を演奏することで、敵の目をごまかし、入場したと言われています。

彼岸獅子の公演は、3月21日と、3月23日に会津若松市内の店舗や駐車場で行われるほか、喜多方市内や、猪苗代町、磐梯町などでも行われます。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

春の陽気、シーズン終了か「リステルスキーファンタジア」

福島県猪苗代町の「リステルスキーファンタジア」に、行ってきました。
risuteru141.jpg 
3月20日 9:10ゲレンデ到着です。
天気は、快晴、無風。
積雪は、55cm。
リフト2本動いています。

①第一ペアリフト→②第二ペアリフト→チャイニーズダウンヒル→レイ&タック
昨日と今日の春の陽気で、だいぶ雪が解けました。
risuteru142.jpg 
今日は、快晴で、山頂からの眺めがよく、猪苗代湖と、その奥の山並みがきれいに見えます。
risuteru144.jpg 
③第二ペアリフト→チャイニーズダウンヒル→レイ&タック
山頂は、残っている雪を圧雪したので、滑りやすいです。


④第二ペアリフト→チャイニーズダウンヒル→レイ&タック
山頂からは、猪苗代湖全体が見渡せます。
まわりの田んぼの雪は、なくなりました。
risuteru145.jpg 
磐梯山は、近いです。
risuteru146.jpg 
⑤第二ペアリフト→チャイニーズダウンヒル→レイ&タック
チャイニーズダウンヒルコースの下の方は、まだ雪がありますが、気温が高くなっているので、あと数日で、滑れなくなりそうです。
risuteru147.jpg 

⑥第二ペアリフト→チャイニーズダウンヒル→レイ&タック
レイタックコースは、土が出ているところがあります。
risuteru148.jpg 
⑦第二ペアリフト→チャイニーズダウンヒル→レイ&タック→ロイヤルクリスティコース
第二リフトから上は、あと数日だと思います。
risuteru149.jpg 
ロイヤルクリスティコースは、今のところ、3月31日までやっている予定です。
risuteru143.jpg 
10:10終了

リステルのお泊まり、ゲレンデ情報は、こちらへ↓

よかったらこちらをクリック

スキー場ランキング

福島県ランキング

猪苗代町の安くておいしいパン屋さん「工房ポプリ」

猪苗代町の手作りパンの店、「工房ポプリ」を紹介します。
popuri01.jpg 
「工房ポプリ」は、福島県猪苗代町にある手作りパンの店です。
猪苗代町の中心商店街の中にあります。
わりと大きい店で、大きな看板があるので、近くまで行けば、すぐ分かると思います。
popuri02.jpg 
開店時刻の10時には、たくさんのおいしそうなパンが並びます。
調理パンは、120円ぐらいで、いろいろな種類があります。
popuri03.jpg 
菓子パンも、120円ぐらいで、大きさや味がいろいろです。
popuri04.jpg 
バケットも数種類あります。
popuri05.jpg 
食パンは、後から、12:00と12:30に焼き上がります。
popuri06.jpg 
12時過ぎてから行くと、調理パンは、売り切れている物が多いです。
ということで、調理パンを買うなら、10時に、食パンを買うなら13時ごろに行くことをおすすめします。

買って食べた感想を紹介します。
①ホテルブレッド 400円
一押し、絶品です!
popuri07.jpg 
耳が薄く、軽くトーストすると、パリパリになります。
中は、バターの香りが強いが、べたべたした感じはなく、ふわふわで、もちもちです。
薄く切るより、大きくちぎって、何も付けずに食べた方がおいしいです。
popuri01.jpg 

②あんこブレッド 200円
おすすめ No.2
popuri08.jpg 
こしあんが、渦巻き状に全体に入っています。
表面もやわらかい、ふわふわ、もちもちのパンと、こしあんが口の中で溶け合って、甘くなっておいしいです。
塩味も効いていてあんパンの味です。
popuri09.jpg 

③ビーフかレーパン 120円
popuri11.jpg 
ふわふわでやわらかく、軽い感じのパンです。
表面に付いたパン粉がカリカリです。
とろっとしたビーフカレーは、具が小さく、スパイシーでおいしいです。

④メロンパン 120円
popuri10.jpg 
表面に砂糖が付いていて、カリカリです。
中は、もちもちです。

⑤めんたいポテトマヨ
popuri13.jpg 
もちもちのパンで、ボリュームがあります。
めんたいこと、ポテトが混ざっていて、たくさん入っています。
ややしょっぱいけど、もちもちのパンと合います。

⑥アップルパイ
popuri14.jpg 
パイは、サクサクで軽いです。
カスタードクリームの上に、酸味のある煮リンゴがのっています。
リンゴは、シロップがしみていて、歯ごたえがあっておいしいです。

⑦メイプルシロップクリームパン
popuri12.jpg 
もちもちさが、ちょうどいいです。
カスタードクリームにメイプルシロップが付いて、プリンのような味になっています。

パンの種類が多いですが、パンの他に、クッキーやラスク、ジャムなども売っています。
popuri16.jpg 
予約しておいて、午後に来店するお客さんも多いようです。
予約しておけば、いろいろなパンが確実に買えると思います。

工房ポプリの製品は、就労継続支援さぎそうの家で作っています。
障がい者の人たちがひとつひとつ真心を込めて作った手づくり製品ということで、値段が安くしてあるのだと思います。
popuri15.jpg 
パンやお菓子の他に、バスマットやかごも、作って売っています。
popuri17.jpg 

安くておいしいパンを食べると、幸せ気分になります。
種類が多いので、次は何を食べようかと考えると楽しいです。
会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

さらっとのどごしよくて、こくがある「泉川 純米吟醸」

福島県会津坂下町の、「泉川 純米吟醸」を紹介します。

蔵元:廣木酒造本店(会津坂下町)
泉川純米吟醸 1800ml
麹米:国産米
掛米:会津産(五百万石)
精米歩合:55%
アルコール度数:15%
日本酒度:+3
izumikawa03.jpg 
購入先:五ノ井酒店(会津坂下町) 2700円
感想:香りはいいが、強い香りではなく、フルーティーな味ではない。
さらっとのどごしよく、こくがある。
甘くはなく、酸味も弱い。辛い味。
料理に合う。

廣木酒造本店は、会津坂下町(あいづばんげ)の中心街にある大きい蔵です。
izumikawa01.jpg 
「泉川」は、創業以来造っているブランドで、会津地方で限定販売しています。
後から造ったのが、今や全国的に有名になった「飛露喜」です。
「泉川」は、テレビで野球中継でも見ながらチビチビやる時にお勧めする酒として造っています。
「飛露喜」は、お酒を味わって楽しんで呑んでほしいという私たち造り手のこだわりがぎっしり詰まっています。
というコンセプトの違いがあります。
izumikawa02.jpg 
蔵では、販売はしていません。
廣木酒造の酒は、会津坂下町内や、会津若松市内の酒販店で扱っていますが、「泉川」は、時々売っている酒。
「飛露喜」は、めったに出ない酒、です。
今回は、会津坂下町の五ノ井酒店に、純米吟醸があったので、ラッキーと思って、買いました。
泉川は、わりと安いですが、飛露喜は、値段が高いです。
「いつかは、飛露喜」をめざして、会津の酒屋をチェックします。

こちらで売っていますが、値段が高い↓

よかったらこちらをクリック

日本酒ランキング

福島県ランキング

猪苗代でサクラが開花? 猪苗代ハーブ園「雪見さくら祭り」

福島県猪苗代町の猪苗代ハーブ園が、冬季休園を終えて、開園しました。
habu-sakura01.jpg 
温室のみの開園で、入園無料です。
入口のまわりには、まだ雪があります。
habu-sakura02.jpg 
「第12回雪見さくら祭り」ということで、3月15日から3月31日まで、温室のみの無料開園です。
ホテルリステル猪苗代に併設していて、広い駐車場があります。
ハーブ園の中で、お花見団子や甘酒の販売がありますが、ホテルのレストランも近いです。
habu-sakura03.jpg 

温室に入ると、風船やプランターなどがあり、春のお花畑の雰囲気です。
habu-sakura04.jpg 
パンジーが、元気に花を咲かせています。
habu-sakura05.jpg 
足下に、きれいに並べてあります。
habu-sakura06.jpg 
手書きの案内板で、ほのぼのした雰囲気です。
habu-sakura07.jpg 

サクラは、大きな鉢植えになっていて、満開に近いです。
これは、「松前桜」です。
habu-sakura08.jpg 
八重咲きの大きな花です。
habu-sakura09.jpg 

これは、「啓翁桜」です。
habu-sakura10.jpg 
小さい可憐な花です。
habu-sakura11.jpg 

これは、「十月桜」です。
habu-sakura12.jpg 
つぼみは、ピンクですが、花が開くと白くなります。
habu-sakura13.jpg 

サクラの鉢植えがたくさんありますが、ほかにも春の花が咲いています。
プランターの菜の花は、お花畑のようです。
habu-sakura15.jpg 
東北最大のブーゲンビリアは、葉を落としていますが、新しい花がたくさん咲き始めています。
habu-sakura14.jpg 

ハーブや多肉植物の販売もしています。
室内なら、育てられる時季です。
habu-sakura16.jpg 
今年も、昨年と同じく、サクラの開花が早いようですが、福島県は、4月になってからのようです。
猪苗代ハーブ園で、一足早いサクラを楽しみませんか。
ランチ、日帰り入浴も営業中です↓

よかったらこちらをクリック

福島県ランキング