さわやかな香り こくがあってすっきり「百十五 純米吟醸」

福島県猪苗代町の、「百十五 生純米吟醸」を紹介します。

蔵元:稲川酒造店(猪苗代町)
百十五生純米吟醸 720ml
麹米:猪苗代町産米
掛米:猪苗代町産 夢の香
精米歩合:50%
アルコール度数:16%
日本酒度:+4
酸度:1.4
hyakujuugo01.jpg 
購入先:蔵で 1840円
感想:果物のような香りがよく、フルーティー。
米の味がして、酸味、甘味がある。
こくがあって、濃い味だが、すっきりしている。
百十五は、猪苗代町を通っている国道115号線に由来します。
115号線沿いの猪苗代町で丹精込めて栽培した酒造好適米「夢の香」を用いて醸造した、こだわりの純米吟醸酒です。

稲川酒造店の蔵は、猪苗代町の商店街にあります。
hyakujuugo02.jpg 
かつては5、6社とあった猪苗代町の酒蔵も、次々にのれんを下ろし、今は、稲川1軒になりました。
それでも、嘉永元年創業以来の町の地酒としての使命を胸に、地域密着の味を守り続けています。
hyakujuugo03.jpg 
代表的な銘柄は、「七重郎」と「百十五」。
七重郎は、純米無濾過に特化したハイスペックなシリーズです。さまざまなコンクールで好成績を収めている稲川酒造店の看板です。
百十五は、杜氏自らが酒米の栽培を手がけたという、こだわりの逸品です。
こちらで売っています↓

よかったらこちらをクリック

日本酒ランキング

福島県ランキング
プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
リンク
QRコード
QR