おいしいコーヒー飲み比べ「AIZU COFFEE TIME!」

2019年5月26日、福島県猪苗代町の「AIZU COFFEE TIME!」に行ってきました。
kohita07.jpg
猪苗代町のはじまりの美術館前で、福島県内及び、近県のコーヒー店が集まって、露天を開き、コーヒーの飲み比べができるようにしたイベントです。
はじまりの美術館や、webサイトで宣伝し、前売りチケットを販売しました。
当日の出店数は、コーヒーが12店、コーヒー以外の食べ物が6店です。
kohita14.jpg
道路から会場に入るところに、受け付けのテントがあります。
ここでは、当日売りのチケットや、コーヒー豆の詰め合わせが売っています。
kohita01.jpg
メインのイベントは、コーヒーの飲み比べです。
チケットは、5杯+豆100円割引券で1200円です。
kohita02.jpg
真ん中にテーブルといすがあり、まわりに店のテントがあります。
10時開始だったのですが、10:30に行ったときには、お客さんが多く、座れない状態でした。
kohita03.jpg
当日配布のパンフレットには、店の紹介と、飲み比べのコーヒーについての説明があります。
kohita16.jpg

説明をじっくり読んでから行ってもよかったのですが、暑かったことと、並んでいる人が多かったことで、早く出そうな店に行くことにしました。
飲み比べで提供されるのは、入れたてコーヒー70mlです。
紙コップなどは、ないので、事前にマイカップを用意していきました。
行った店と、その店のコメントを紹介します。

①FLAT WHITE COFFEE FACTORY 三春(三春町)
kohita05.jpg
kohita005.jpg

②bo-shi coffee(いわき市)
kohita10.jpg
kohita010.jpg

③Ordinary Coffee(須賀川市)
kohita09.jpg
kohita009.jpg

④SEKIYA COFFEE & GOOD TIMES(福島市)
kohita08.jpg
kohita008.jpg

⑤BLUE MUG COFFEE(いわき市)
kohita06.jpg
kohita011.jpg

⑥RIVER BEACH COFFEE(福島市)
kohita07.jpg
kohita007.jpg

少しずつですが、続けて飲むので、店による味の違いがよく分かります。
豆の違いは、もちろんですが、同じペーパードリップでも、入れ方が違うので、コーヒーの奥深さが分かりました。
さらに、会場の雰囲気を盛り上げていたのは、DJ ZAZZUのBGMです。
ジャズやラテン音楽などをレコードで再生していました。
kohita04.jpg

コーヒー以外の食べ物の店も出ていました。
kohita11.jpg
おいしそうな食べ物がいろいろありましたが、飲み物を買いました。
kohita12.jpg
喜多方市の「食堂つきとおひさま」の「れもんすかっしゅ」です。
kohita13.jpg
会津産の蜂蜜にレモンを漬けた物で、三島町の天然炭酸水で割ります。
500円。
レモンの酸っぱさはなく、蜂蜜でまろやかな味になっています。

猪苗代町の商店街にある、あまり広くない駐車場に、どこからこんなに人が集まってくるのだろう、と思うくらい、コーヒー好きのお客さんでいっぱいでした。
店主こだわりのコーヒーの入れ方で、時間がかかっても、暑い中、みなさん待っていました。
他の町では、やってないと思ういいイベントだと思います。
来年もやってほしいです。
猪苗代に来たら、こちらもどうぞ↓

よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

早起きは三文の得「喜多方おはようマルシェ」

2019年5月25日、福島県喜多方市の「おはようマルシェ」に行ってきました。
kitakataoha01.jpg
今年も、喜多方おはようマルシェ(朝市)がスタートしました。
5月から10月まで、第4土曜日の朝8:00~10:00、喜多方市役所前駐車場で開催されます。
kitakataoha02.jpg
今回は、8:45に現地に着きました。
駐車場は、市役所の前です。まだ、空きがある状態でした。

マルシェの会場は、市役所から道路を横断した所です。
お客さんは、けっこういますが、混み合うというほどではありません。
店の様子を見ながら、一番奥まで行くと、ちらしが置いてある主催者のテントがあります。
kitakataoha03.jpg
チラシには、マルシェの予定日が書いてあって、「おはまるスタンプカード」が付いています。
10月までの6回のマルシェに行くと、スタンプがもらえ、スタンプ3こで、10月に抽選ができるというスタンプカードです。
まず、3回を目標に頑張ります。

出店しているのは、小物、食べ物、コーヒーなどで20店ぐらいです。
kitakataoha04.jpg
それぞれの店でテントを張っていて、その下に、オリジナル商品を並べているという状態です。
kitakataoha05.jpg
店舗を持っている店もありますが、個人で作った物を売っているフリーマーケットのような店もあります。
kitakataoha06.jpg
みそ、プリン、山菜などの食べ物の店もあります。
kitakataoha07.jpg
ラーメンの河京では、プリンを売っています。
kitakataoha08.jpg
喜多方市内の小さな店が多いようです。

kitakataoha09.jpg
喜多方市高郷の「とうふ屋おはら」をのぞきました。
kitakataoha10.jpg
こだわりの豆腐を作っている店です。
「白よせどうふ」324円と、「まるでプリン」270円を買いました。
「白よせどうふ」は、ねっとり油っぽい食感で、濃い豆の味で、おいしいです。
kitakataoha11.jpg
「まるでプリン」は、見た目は、プリンです。
カップに入っていて、カップのデザインがかわいいです。
黒蜜が付いています。
kitakataoha12.jpg
なめらかな食感で、まるでプリンのような絹ごし豆腐です。
スプーンで食べるものです。
kitakataoha13.jpg
黒蜜をかけると、その甘さと、あおばた豆の味がよく合います。
プリンの食感で、甘さが加わった豆の味。
新感覚デザート(スイーツ)と言えるでしょう。

マルシェへの出店は、随時募集しているようです。
季節が変わると、出てくる店や品物が変わるようなので、楽しみです。
喜多方ラーメン(朝ラー)を食べてから、マルシェに行くのもいいですね。
早起きは、三文の得、喜多方おはようマルシェへ、どうぞ。
次回は、6月22日です。
よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

安くておいしいランチバイキング「大江戸温泉物語あいづ」

福島県会津若松市、ランチバイキングと温泉が楽しめる「大江戸温泉物語あいづ」を紹介します。
ooedo06.jpg
「大江戸温泉物語あいづ」は、福島県会津若松市の郊外にあります。
温泉保養施設だった所を買い取って、大江戸温泉物語が、宿泊施設として運営しています。
田んぼの中に、広い駐車場があり、温泉旅館とは、違う雰囲気です。
ooedo01.jpg
宿泊とは別に、日帰り温泉と、ランチバイキングの受け付けがあります。
ooedo02.jpg
料金は、バイキングのみで、1080円。
温泉とバイキングのセットで、1400円です。
料理を食べてから、温泉に行くことにしました。
ooedo03.jpg
お食事処は、入口が一つで、バイキング専用の部屋になっています。

取った料理で、紹介します。
ooedo04.jpg
5月のおすすめメニューは【ご当地フェア】です。
ということで、ニシンや、しんごろうがあります。
ooedo05.jpg
カレー、ラーメンがあって、少しずつですが、いろいろ食べられて、いいです。
ooedo06.jpg
サラダ、煮物、チャーハン、おかずよりは、主食が多いという感じです。
ooedo07.jpg
山菜おろしそばは、自分でトッピングします。
みそ汁もちゃんとあります。
ooedo08.jpg
デザートに、果物が多いのが、うれしい。
コーヒーゼリー、桜もち、ケーキ。
ooedo09.jpg
スムージーも、いいですね。
ooedo10_201905241946071e4.jpg
ジュース、お茶、コーヒーも、飲み放題です。
アイス、シャーベットもあります。

メニューは、30種類で、多くはないですが、値段が安いので、満足できます。
1080円なら、普通の一品料理と、あまり変わりないでしょう。
一人で、山盛り取って、さっさと食べて帰る人もいました。
そんな食べ方も、ありですね。
食後は、のんびり温泉に入りました。
安くて、おなかいっぱいになるバイキングは、おすすめです。

よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

もうすぐ始まる初夏のイベント「猪苗代ハーブ園」

福島県猪苗代町、初夏の花が咲き始めた「猪苗代ハーブ園」を紹介します。
habuen251.jpg
標高が高い猪苗代町でも、春の花が散り始め、初夏の花が咲き始めました。
猪苗代ハーブ園では、6月1日から「ラベンダー&フラワーズフェス」が、始まります。
habuen252.jpg

菜の花が咲いていた広い畑は、夏の花の準備の時季です。
磐梯山の眺めは、いいですが、花は咲いていません。
habuen253.jpg

花壇の花を紹介します。
habuen254.jpg
ヒナギクは、満開です。
habuen255.jpg
見る角度によって、雰囲気が変わります。

ボタンは、咲き始めです。
habuen256.jpg
これから次々に、大きな花を咲かせそうです。
habuen257.jpg

ふじ棚は、大きくはないですが、花のつきは、いいです。
habuen258.jpg
八部咲きぐらいで、葉が少なく、花がきれいに見えます。
habuen259.jpg
磐梯山に下り藤。
habuen260.jpg

6月になると、花摘みが楽しめます。
ポピーは、咲き始めです。
habuen261.jpg
カモマイルも、咲き始め。
habuen262.jpg
ラベンダーは、まだつぼみが出ていません。
habuen263.jpg

地味に咲いているのは、モミジの花です。
habuen264.jpg

温室にある植物は、長い期間楽しめます。
ブーゲンビリアは、春よりは、花が減りましたが、元気です。
habuen265.jpg
日差しが強くなって、花の色は、鮮やかになったようです。
habuen266.jpg
洋ランも、長い間楽しめます。
habuen267.jpg
目立たないけど、たくさんあるのが、多肉植物です。
habuen268.jpg
植え方、置き場所、見せ方に工夫があります。
habuen269.jpg

すてきな花摘み、おいしい物、楽しいイベントいっぱいの猪苗代ハーブ園に、行ってみませんか。
ランチ、日帰り温泉営業中です↓

よかったらこちらをクリック

動物園・水族館・植物園ランキング

福島県ランキング

しっとり、ふわふわ、大人の味 コーヒーとクルミのケーキ

ほどよい苦味が大人の味、コーヒーとクルミのケーキを作りました。
kohikeki01.jpg
材料
薄力粉  110g
卵  2個
砂糖  100g
バター  110g
ベーキングパウダー  2g
インスタントコーヒー  8g
コーヒーリキュール  15g
クルミ  30g

作り方
①ボールに卵と砂糖を入れ、湯せんしながら混ぜて溶かす。
kohikeki02.jpg
②薄力粉とベーキングパウダーを混ぜる。
kohikeki04.jpg
③薄力粉と卵液を混ぜる。
kohikeki05.jpg
④バターを湯せんで溶かす。
kohikeki06.jpg
⑤薄力粉に、バターを混ぜる。
kohikeki07.jpg
⑥インスタントコーヒーをコーヒーリキュールに入れて溶かす。
kohikeki08.jpg
⑦生地を少量取り、コーヒーと混ぜてから生地に戻し、だまにならないように全体を混ぜる。
kohikeki10.jpg
⑧クルミをきざんで、フライパンで煎る。
kohikeki09.jpg
⑨生地にクルミを加え、混ぜてから冷蔵庫で、1時間冷やす。

⑩生地を型に流す。
3枚100円の紙製型のLサイズでちょうどいい大きさです。
kohikeki11.jpg
⑪オーブン予熱ありで、170度40分焼く。
kohikeki12.jpg
完成
kohikeki13.jpg
1~2cmに切って食べるといいです。
焼いてすぐは、表面が固くて、味がなじんでいない感じでした。

翌日になると、コーヒーリキュールの味が全体に広がっておいしくなりました。
全体が、しっとりしていて、ふわふわで、口の中で溶けます。
甘さ、苦さがちょうどよい大人の味です。
よかったらこちらをクリック

手作りお菓子ランキング