臨場感ある南会津の風景が楽しめる「会津鉄道 お座トロ展望列車」

2019年5月6日
会津鉄道「お座トロ展望列車」に乗りました。
ozatoro01.jpg 
会津若松から会津田島まで、会津鉄道では、イベント列車「お座トロ展望列車」を運行しています。
今回は、会津若松から往復乗車しました。
会津田島方面へ向かう列車は、先頭がトロッコ車両です。
ozatoro02.jpg 
車体の横には、かわいい絵がかいてあります。
ozatoro03.jpg 
9:30 会津若松を発車します。
先頭がトロッコ車両、後ろ2両目が、お座敷と展望席です。
この編成なので、「お座トロ展望列車」です。
観光用の列車ということで、乗車券のほかに、整理券310円を買う必要があります。
座席指定ではないので、混雑する時期は、早く行って、並んだ方がいいでしょう。
この日は、お客さんが少なかったです。
ozatoro04.jpg 
トロッコ車両は、4人対面シートで、間にテーブルがあります。
窓が広く、窓枠が外せるようになっています。
この日は、一部だけ窓枠なしの運転でした。

車内販売が充実しています。
ozatoro05.jpg 
売店があって、走行中、いつでも応対してくれます。さすが、私鉄です。
テーブルの上には、メニューが備え付けてあります。

会津若松市内を出ると、間もなく、芦ノ牧温泉駅です。
ozatoro06.jpg 
猫駅長で、有名な駅です。

芦ノ牧温泉を過ぎると、大川ダムがあります。
ダム湖にかかる鉄橋では、停止して、風景の説明があります。
ozatoro07.jpg 
新緑の山と、道路の橋がきれいに見えます。
ozatoro08.jpg 
列車の窓から見ると、手前に何もないので、湖が近く見え、臨場感があります。

ダム湖を過ぎると、トンネルが続きます。
トンネル内では、車内の灯りを暗くして、トンネルシアターを上映します。
車内のプロジェクターから、トンネルの壁面にアニメ番組を投影します。
珍しい企画で、おもしろいです。
間近で見るためには、トロッコ車両の真ん中の座席をおすすめします。


大川ダムを過ぎると、湯野上温泉駅です。
ここは、かやぶき屋根の駅です。
大内宿に行くバスが出ています。
ozatoro11.jpg 

会津若松から1時間30分で、会津田島に着きます。
ozatoro12.jpg 
ここから東武鉄道の列車に乗ると、鬼怒川、日光、浅草方面に行くことができます。
今回は、お昼ご飯を食べてから、折り返しの列車に乗ります。

会津田島駅の2階に気になるレストランがあったので、行ってみました。
「ヴォーノ」というおしゃれな店名です。
メニューを見ると、ちょっと変わった食べ物が・・・
ozatoro13.jpg 
この味は、パスタだろう、と思いながら、
「トマトラーメン」と「イタリアンラーメン」に挑戦。
ozatoro14.jpg 
「トマトラーメン」は、塩味スープに、トマトジュースがたっぷりかかっています。
あとは、メニューの説明の通りです。
一言、おいしいです。
ozatoro15.jpg 
「イタリアンラーメン」は、塩味スープとバジルソースが混ざっています。
これがまた、おいしいです。
ozatoro16.jpg 
2品とも、今までに見たことない、食べたことがない、おいしいラーメンでした。

11:54 会津田島を発車します。
お座敷車両は、くつを脱いで、ざぶとんの上に座ります。
背もたれはないですが、座面が広いので、ゆったり座れます。
テーブルは、トロッコ車両より広いです。
ozatoro17.jpg 
窓は開きませんが、窓枠が上下も左右も広いので、外の景色は、よく見えます。
ozatoro18.jpg 
外を見ながらゆったり気分になれるのは、トロッコよりも、お座敷車両です。
トンネルに入って暗くなると、ピンクの灯りが付きます。
ozatoro19.jpg 
芦ノ牧温泉駅には、猫駅長のぬいぐるみがありました。
ozatoro20.jpg 

会津田島駅で買ったのは、「おふくろ弁当」と「鴫山」です。
どちらも、会津田島限定販売です。
ozatoro21.jpg 
車内販売で買ったのは、「ポッポ豆」と「ほおずきアイス」です。
600円以上の買い物で、ストラップをもらいました。
ozatoro22.jpg 
ほおずきアイスは、ほおずきの香りで、甘くて、ほんのり酸っぱくておいしいです。
これは、「金子牧場」で作っているアイスで、車内販売限定です。

お座トロ展望列車は、主に土・日・祝日を中心に運行しています。
風を浴びながら臨場感ある南会津の風景を楽しんでみませんか。
会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング