こだわりのおいしい物がある「喜多方おはようマルシェ」

2019年8月24日、今年4回目の福島県喜多方市の「おはようマルシェ」に行ってきました。
kitakataoha61.jpg
喜多方おはようマルシェ(朝市)は、5月から10月まで、第4土曜日の朝8:00~10:00、喜多方市役所前駐車場で開催されています。
今回は、4回目です。

7:30に、朝ラー(朝ラーメン)を食べてから、7:55に会場に行くと、ほとんどの店が始まっていました。
kitakataoha62.jpg
両側にテントが並んでいます。
店の数は、7月と同じぐらいです。
kitakataoha63.jpg
それぞれの店で、車を乗り入れ、テントを張っていて、テントの下や車の荷台で、オリジナル商品を売っています。
7月と同様、野菜を売っている店が多いです。
無農薬や、自家製など、こだわりのある商品が多いです。
形や大きさは、不ぞろいですが、完熟でおいしい物を売っています。

今回、買った物を紹介します。
kitakataoha64.jpg
喜多方市熱塩加納の農家でしょうか。
自家製小麦粉(ゆきちから)を売っていました。
kitakataoha65.jpg
強力粉ということで、全粒粉400gで250円を買いました。
パンを作ります。
自家製小麦粉は、なかなか売ってないです。
この小麦粉で作ったドーナッツを買って食べました。
しっとり、サクサクでおいしいです。

喜多方市山都の大江ファーム
kitakataoha66.jpg
いろいろな野菜を少しずつ売っています。
kitakataoha67.jpg
枝豆を量り売りで買いました。
200gで200円です。
甘くておいしかったです。

会津坂下町のホームシェフ コンプリート
kitakataoha68.jpg
ちょっと変わった手作りパンが並んでいます。
kitakataoha69.jpg
どれもおいしそうです。
3品買いました。
kitakataoha70.jpg
パリパリチーズは、せんべいのように薄くて、くっついたチーズも焼けていておいしいです。
シナモンロールは、シナモンの香りのしっとりパンに、甘い砂糖がかかっています。
ハムオニオンブレットは、もっちりしたパンで、ボリュームがあります。重さによって値段が違います。

喜多方市内のnichi nichi coffee
kitakataoha71.jpg
その場でいれるドリップコーヒーは、おいしいです。
kitakataoha72.jpg
コーヒーのアレンジメニューがあります。
今回は、大人のジンジャーエールを飲んでみました。
kitakataoha73.jpg
自家製ジンジャーシロップを使っているということです。
ジンジャーエールの味とコーヒーの味は、よく合います。
意外なおいしさです。

作る人のこだわりがあるおいしい物が、たくさんあるマルシェです。
次回は、9月28日です。
よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

フレッシュでさわやかな口当たり「山の井あやめ60夏」

福島県南会津町の、「山の井あやめ60夏」を紹介します。

蔵元:会津酒造(南会津町)
山の井あやめ60純米吟醸 夏
麹米:国産米
掛米:南会津産夢の香
精米歩合:60%
アルコール度数:15%
yamanoinatu.jpg
購入先:渡辺宗太商店(会津若松市) 720ml 1404円
感想:ブドウのようなフルーティーな香り。
濃い味で、ほどよい酸味と甘さあり。
冷やして、食前酒として飲むといい。
魚料理にも合う。

会津酒造は、南会津町田島で、元禄年間に創業した古くからの酒蔵です。
「會津」、「金紋會津」などの酒を造っています。
「山の井」は、新しく造られたブランドです。
「あやめ60」は、蔵の敷地にアヤメの花があり、毎年綺麗に彩ってくれます。お酒も蔵を綺麗に彩れたら良いなと思い「あやめ」と名付けられました。
60は、精米歩合60%で、純米吟醸酒。
50は、雄町を50%精米した純米大吟醸酒です。
こちらで売っています↓

よかったらこちらをクリック

日本酒ランキング

福島県ランキング

会津若松の洋菓子店「白亜館」クリームがおいしい

会津若松市の洋菓子店「白亜館」のお菓子を紹介します。
hakuakan01.jpg
白亜館は、会津若松市内の南の方にある洋菓子店です。
千石通り(県道64号線)から、ちょっと入った裏通りに面しているので、分かりにくいですが、店の前には、駐車場があります。
看板や、のぼりが立っているので、近くまで行けば分かります。
hakuakan02.jpg
ちょっと大きい住宅という雰囲気で、玄関から入った奥が店になっています。
店内には、いすやテーブルがありますが、あまり広くはなく、ケーキが入っているショーケースもあまり大きくないです。

夏は、ソフトクリームが売れ筋のようです。
今回は、この店の代表とも言える、3点を買うことにしました。

①山塩シュークリーム 260円
hakuakan03.jpg
北塩原村の山塩を使ったシュークリームです。
hakuakan04.jpg
ゆるいカスタードクリームがいっぱいに入っています。
クリームの塩味がきいていて、塩キャラメルのような味です。
hakuakan05.jpg
しょっぱいクリームと、甘いシューが合わさると、いい味になります。
塩パンは、ありますが、塩シュークリームは、ほかにはないかも。

②生パイ(ゆめごこちパイ) 180円
hakuakan06.jpg
何が生なのかと思ったら、生クリームが入ってるパイという意味でした。
hakuakan07.jpg
ゆるくて甘い生クリームと、サクサクで、ややしょっぱいパイが合わさると、いい感じのおいしさになります。

③キッシュ 330円
hakuakan08.jpg
店の人のすすめで、電子レンジで温めて食べました。
やや固いしっかりした生地が、いい食感です。
ジャガイモ、トマト、ベーコンなど、大きめの具が入っています。
間の卵がいい味になっていて、おかずとして、食べ応えがあります。

店は大きくないですが、冷凍通販などで、頑張っているようです。
こちらでも、売っています↓

よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

野口英世の恩師「小林栄」ふるさと記念館 開館しました

福島県猪苗代町、小林栄(こばやしさかえ)ふるさと記念館を紹介します。
kobayasi01.jpg
小林 栄(こばやし さかえ)は、幕末1860年に、猪苗代城下の武士の息子として生まれました。
1940年(昭和15年)に亡くなるまで、猪苗代の教育に携わった人です。
猪苗代小学校の教員時代に、猪苗代出身の野口英世と出会い、英世の恩師として研究を支援していきます。

小林栄の功績は、これまで、あまり紹介されていませんでした。
平成30年にからの小林栄顕彰会の活動により、ふるさと記念館を開館することになりました。
平成31年7月20日、小林栄の生家に、ふるさと記念館が開館しました。
kobayasi02.jpg
2階建ての蔵と、母屋の一部を改築して、公開しています。
kobayasi03.jpg
入館料は、無料です。
開館日は、10月中旬までの毎週日曜日です。
10:00~16:00で、受け付け案内の方がいます。
駐車場は、近くの亀ヶ城駐車場が使えます。

パンフレットを見ると、小林栄の功績がだいたい分かります。
kobayasi04.jpg

戊辰戦争からの復興には、教育がいちばんという信念で、猪苗代で学校の先生になります。
野口英世と出会い、その才能の素晴らしさを見いだし、支援します。
猪苗代日新館を創り、地域の青年の教育に当たります。
野口英世の功績を知らせるため、野口英世記念館をつくります。
kobayasi05.jpg
小林栄の功績と、野口英世にかかわる資料が、蔵の1階、2階、そして、母屋に展示してあります。

蔵の1階には、
kobayasi06.jpg
小林栄の年譜や、野口英世の書などがあります。
kobayasi07.jpg

蔵の2階には、
kobayasi08.jpg
小林栄が使っていた物や、写真などが展示されています。
kobayasi09.jpg
小林栄が教員時代に使った資料や、野口英世からの手紙などがあります。
kobayasi10.jpg
この蔵は、明治41年に建てられたようです。
kobayasi11.jpg
小林栄の肖像画は、野口英世がかいたものです。
kobayasi12.jpg
野口英世から小林栄に宛てた手紙です。
kobayasi13.jpg
猪苗代日新館は、私塾で、学校の校舎や寺を間借りしていたようです。
猪苗代の青年たちに学問を与えました。
kobayasi14.jpg
地方村是の歌の作成は、地方産業の振興を目指して全国的に行われたもので、猪苗代地方の歌は、小林栄が作りました。

母屋は、古い建物の土台を上げ、まわりを改築しました。
kobayasi15.jpg
2部屋が公開されています。
kobayasi16.jpg
戸棚や、座卓などがあります。
kobayasi17.jpg
由緒ある家具が保存されていたようです。
kobayasi18.jpg
近衛文麿の書があります。
kobayasi19.jpg
野口英世像があります。
kobayasi20.jpg
野口英世の位牌です。
野口英世の研究成果を後世に伝えるため、野口英世記念館をつくりました。

猪苗代の教育と、野口英世に大きくかかわった小林栄。
貴重な資料が公開されている、ふるさと記念館に行ってみませんか。
猪苗代でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

野菜がおいしいビュッフェレストラン「カウリ・キッチン」

福島県福島市、野菜がおいしいビュッフェレストラン「カウリ・キッチン」を紹介します。
kauri01.jpg
「カウリ・キッチン」は、福島市の中心部、JR福島駅の北側、MAXふくしまの2階にあります。
大きな商業ビルのテナントです。
kauri02.jpg
入口から、奥に進むと、客席がたくさんあり、真ん中当たりに、料理が並んでいます。
メニューは、ビュッフェ形式のみで、ランチとディナーがあります。
料金は、
昼 60分 1280円  90分 1390円
夜 時間制限なし 1480円
です。
今回は、90分コースにしました。
11:00開店に合わせて行きましたが、並んでいる人はいなかったです。
12時を過ぎると、お客さんが増えました。

食べた順に紹介します。
kauri03.jpg
サラダ、和え物が数種類。
夏野菜を組み合わせて使っていて、いい味を出しています。
kauri01.jpg
この日のパスタは、ペペロンチーノ、日によって変わるようです。
煮物、大学芋、いい味です。
そばは、つゆをかけて食べます。
kauri04.jpg
天ぷらは、カボチャとサツマイモ、塩と天つゆがあります。
飲み物の種類が多いです。
果実酢が2種類、野菜ジュースもあります。
kauri05.jpg
五穀米でカレー、野菜の味でまろやかです。
kauri06.jpg
ナスの使い方がうまいです。
鶏唐揚げは、カリッとしてます。
kauri07.jpg
そうめんに、ねばねば野菜と、温泉卵、おいしい組み合わせです。
肉、魚料理は、少ないです。
多くの野菜を使って、料理の仕方を工夫していることが分かります。
ご飯と麺は、複数あるので、お腹いっぱい食べることもできます。

前半1時間で、ほとんどの料理を味見しました。
後半30分で、デザートです。
kauri08.jpg
おしるこは、さらさらしていますが、甘くておいしいです。
kauri09.jpg
ケーキには、きなこと枝豆が入っています。
アイスが6種類、器が冷えているので、溶けにくいです。
コーヒーゼリーは、ほんのり甘いです。

メニューは、20種類ぐらいで、多くはないですが、それぞれがしっかり作ってある料理で、おいしいです。
店のコメントは、
四季菜食カウリキッチンには本物の料理人がいます。経験豊富な職人が手作りにこだわり、旬の食材を使用して丁寧に心を込めて調理しております。
この通りなので、野菜が好きな人には、おすすめの店です。

ぐるなびの情報は、こちら↓
ジャンル:バイキング
アクセス:福島交通飯坂線曽根田駅 徒歩3分
住所:〒960-8051 福島県福島市曽根田町1-18 MAX福島2F(地図
周辺のお店のネット予約:
波平商店のコース一覧
やきとり 土竜のコース一覧
大衆魚太酒場のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 福島市×バイキング・ビュッフェ
情報掲載日:2019年8月20日
よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング
プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
リンク
QRコード
QR