夏の終わり 小さい秋見つけた「猪苗代ハーブ園」

福島県猪苗代町、「猪苗代ハーブ園」では、夏のイベントが終わり、小さい秋がやってきました。
habuen441.jpg
ひさしぶりの日差しは、暑さを感じますが、さわやかな風が吹き、秋の気配を感じます。
猪苗代ハーブ園は、ヒマワリの花が終わり、夏のイベントも終わりました。
農場は、大きくなったコキアと、花が咲き始めたコスモスで、緑のジュータンを広げたように見えます。
habuen442.jpg
コキアは、伸びるのが止まって、これからだんだんに、赤く色づいていきます。

曇りの日が続いていましたが、今日は朝から晴れて、ひさしぶりに、磐梯山が山頂まで見えました。
空に広がる雲も、秋の雰囲気です。
habuen443.jpg
今日は、視界がよくて、農場の向こうに猪苗代湖がきれいに見えています。
habuen444.jpg
猪苗代湖の対岸に見える山は、会津若松市湊地区で、直線距離は、15kmぐらいです。
さらに、その奥には、会津美里町の山も見えます。距離35km。

目の前のコスモスは、丈が伸び、つぼみがたくさんついています。
habuen445.jpg
花は、あちこち咲き始めという段階で、咲きそろうのは、もう少しかかりそうです。
ハーブ園のイベントは、9月1日から秋バージョンになります。
コスモスナイトや、キャンドルナイトなど、夜のイベントが始まります。
夜のコスモス畑は、きれいですよ。

夏の終わりを見つけました。
habuen446.jpg
朝露で濡れた芝生に、黄色い落ち葉。
遠くには、最終日になった夏のイベントのテント。

植物も、秋の準備。
habuen447.jpg
カエデの実に、朝露が。

ホテルリステル猪苗代でも、秋のイベントがあります↓

よかったらこちらをクリック

動物園・水族館・植物園ランキング

福島県ランキング

かんたんでおいしい ジンジャーエール

新ショウガで、ジンジャーエールを作りました。
jinja01.jpg
ジンジャーエールが好きで、時々買って飲むのですが、ドリンクバーのジンジャーエールは、味が薄いです。
先日、自家製ジンジャーエールとコーヒーを合わせた、ジンジャーエールコーヒーを飲む機会がありました。
衝撃的なおいしさです。
コーヒーの苦味と、ショウガの辛味が混ざり合っておいしいです。
ジンジャーエールの材料は、ショウガだろうと思って、ちょっと調べて、作ってみました。
ちょうど新ショウガの季節で、新鮮なショウガも手に入りました。

材料
ショウガ  200g
水  200ml
砂糖  100g
はちみつ  大さじ4
レモン汁  小さじ2
シナモン粉  少々

作り方
①新ショウガがあれば、古い物より風味があって、おいしいです。
jinja02.jpg
②ショウガをよく洗います。
jinja03.jpg
③皮をつけたまま、薄切りにします。
煮出すので、大きさはそろわなくても大丈夫です。
jinja04.jpg
④ショウガと砂糖をなべに入れ、10分ぐらいおく。
jinja05.jpg
⑤水が出てきた物をそのままにして、水とはちみつを入れて、中火で煮る。
jinja06.jpg
⑥アクが出たら、取る。
jinja07.jpg
⑦アクが出なくなったら、火を止める。
レモン汁とシナモンを入れ、もう一度、中火で10分ぐらい煮る。
jinja08.jpg
⑧見た目はあまり変わりないが、完成。
jinja09.jpg
⑨ざるで、こす。
jinja10.jpg
⑩できあがりの量は、150mlぐらい。
びんなどに入れて、冷蔵庫で保存する。
jinja01.jpg
薄切りショウガは、そのまま酢を入れて、漬けておくと、紅ショウガと同じ甘酢漬けとして食べられます。

炭酸水で割れば、ショウガの風味で、辛味があるジンジャーエールです。
原液ジンジャーエールを20mlぐらい入れて、アイスコーヒーを入れると、ジンジャーエールコーヒーになります。
jinja11.jpg
写真では分かりませんが、辛味、甘味、苦味のバランスがいい、大人の味です。
暑いときには、涼しくなるおいしさです。
意外な組み合わせで、おいしい物があるものです。
よかったらこちらをクリック

手作りお菓子ランキング

福島県ランキング

会津のお菓子屋さん 太郎庵 夏から秋へ

会津のお菓子屋さん「太郎庵」の、夏のスイーツと秋の人気商品を紹介します。
taroan-aki31.jpg
夏の終わりに太郎庵に行ってきました。
もうすぐ終わりかなという「サマースイーツコレクション2019」から、2点紹介します。
taroan-aki32.jpg

①チョコミントモンブラン 378円
taroan-aki33.jpg
青いクリームは、イメージ通りミントの味です。
青いクリームの中にチョコスポンジがあります。
その中にも生クリームが入っています。
生クリーム時々チョコという食感で、口の中で溶け合い涼しいおいしさです。

②サバランパッションオレンジ 500円
taroan-aki31.jpg
サバランは、ブリオッシュにシロップを染み込ませたケーキです。
太郎庵のサバランも、たっぷりシロップが入っています。
オレンジの甘さと酸味がちょうどよく、別添えのラム酒をかけると大人の味になります。
生クリームもオレンジ味です。

③麩まんじゅう
taroan-aki34.jpg
生麩の中にあんこが入っているのが、麩まんじゅうです。
taroan-aki35.jpg
やわらかくて、粘りがある生麩は、笹の香りがついています。
ややゆるくて甘いこしあんは、ねっとり生麩とよく合います。

④太郎いも 172円
taroan-aki36.jpg
太郎庵の秋の人気商品「太郎いも」が、8月23日発売です。
taroan-aki37.jpg
鳴門金時さつま芋の焼き芋を、そのままお菓子にしたようです。
taroan-aki38.jpg
薄くやわらかい皮の中に、甘いさつま芋が、つまっています。
taroan-aki39.jpg
ほくほくしていて、焼き芋のようですが、焼き芋よりおいしいかも。

これから秋のお菓子が、次々に出てきます。
おいしい秋が楽しみです。

よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

甘さひかえめ、サクサク スコーン

サクサク スコーンを作りました。
sukon01.jpg

材料
薄力粉  150g
ベーキングパウダー  5g
砂糖  25g
バター  30g
オリーブオイル  15g
牛乳  70ml
はちみつ  大さじ1

作り方
①薄力粉、砂糖、ベーキングパウダーを混ぜる。
sukon02.jpg
②バターは、湯せんで溶かす。
sukon03.jpg
③粉にバターを入れて混ぜる。
sukon04.jpg
④オリーブオイルと、はちみつを入れて混ぜる。
sukon05.jpg
⑤牛乳を少しずつ加えながら混ぜる。
sukon06.jpg
⑥かたまりをくっつけながら、ひとまとめにする。
sukon07.jpg
⑦まとめた生地をラップで包んで、冷蔵庫で30分休ませる。
sukon08.jpg
⑧1.5~2cmの厚さにのばし、切り分ける。
sukon09.jpg
⑨1個ずつ形(丸でも四角でもよい)を作って、クッキングシートをしいた天板に並べる。
クルミなどを混ぜてもよい。
sukon10.jpg
⑩オーブン予熱あり、180度で15・16分焼く。
sukon11.jpg
完成
材料を混ぜて、焼くだけなので、作り方は簡単です。
甘さひかえめですが、砂糖を増やして甘くしてもいいです。
下面は、茶色になったが、こげてはいないです。
上面は、よくふくらんで、サクサクして軽い食感です。
クルミ、レーズン、チョコなどを混ぜてもいいです。
よかったらこちらをクリック

手作りお菓子ランキング

福島県ランキング

喜多方朝ラーの穴場「たんぽぽ亭」

福島県喜多方市、朝ラー(朝ラーメン)のおいしい店「たんぽぽ亭」を紹介します。
tanpopotei05.jpg
喜多方市と言えば、喜多方ラーメンが有名です。
昼食では、何度か食べたことがありました。
この喜多方ラーメンの店で、早朝から営業している店があって、朝からラーメンを食べるという意味で、「朝ラー」という食べ方が広がっています。
喜多方市でも宣伝していて、朝ラー実施店リストが公開されています。

以前から食べてみたいと思っていました。
先日、喜多方おはようマルシェがあったので、その時に朝ラーの店に行ってみることにしました。

たくさんあるラーメン店の、どこに行こうかと考えた結果、人気店をさけて、「たんぽぽ亭」にしました。
tanpopotei02.jpg
おはようマルシェの会場の向かい側、ラーメン博物館と駐車場が共用です。
7時開店で、7時30分に入ると、一番乗りでした。
tanpopotei03.jpg
テーブルとカウンター席があって、普通のラーメン店の雰囲気です。
この店は、土、日、祝日に朝営業をしています。
この日、土曜日の朝は、ご主人一人で店番のようでした。
tanpopotei04.jpg
朝は、ラーメンだけです、と言われました。
餃子やチャーハンは出さないと言うことですね。
朝メニューとして、半ラーメン500円があると言うことでした。
「喜多方ラーメン」650円と、「塩ラーメン半」500円を注文しました。
待っている間に、2人、1人、とお客さんが入ってきました。

10分ほどで、ラーメン到着。
tanpopotei05.jpg
喜多方ラーメンらしい、あっさりしていて、こくがあるスープで、おいしいです。
豚肉と魚のだしが、合わさっています。
油が少なくて、上品な味です。
麺は、中太ちじれ麺で、もちもちしていて、食べ応えがあり、あっさりスープと合います。
バラ肉チャーシューも、いい味出しています。

塩ラーメンは、
tanpopotei06.jpg
しょうゆ味の喜多方ラーメンよりは、魚のだしがやや強いです。
あっさりスープなので、すいすい食べられます。
麺の量は、1人前の5・6割ぐらいです。
朝なので、軽くと言う人には、ちょうどいい量でしょう。

たんぽぽ亭は、昼食時には、行列ができる人気店だそうです。
そのおいしいラーメンが、朝だとゆっくり食べられます。
朝ラーの穴場と言えるでしょう。
ちなみに、この日の8時30分ごろ、喜多方市役所の近くの人気店には、十数人が並んでいました。
来月は、どこの店に行こうかと、調査中です。
よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング