浄土平で売っている、和菓子屋「かぎや」の山菜おこわ

福島県福島市、浄土平レストハウスで売っている「かぎや」の、おこわと、どら焼きを紹介します。
kagiya01.jpg
福島市の磐梯吾妻スカイラインは、標高1600mの高原地帯を走る山岳道路です。
最高地点に近い浄土平は、広い駐車場があり、多くの観光客でにぎわっています。
しかし、昨年から、噴火警戒地域に指定され、レストハウスの営業などが休止中です。
今年、令和元年6月から、噴火警戒レベルが1に下げられたため、スカイラインの通行が可能になり、浄土平の散策もできるようになっています。

10月2日、浄土平に行きました。
レストハウスは、開いていて、2階が無料休憩室になっています。
1階の常設店舗は、なくなっていましたが、通路で開いている店がありました。
和菓子屋「かぎや」です。
kagiya02.jpg
午前10時に行ったときには、山菜おこわが、たくさんありました。
栗おこわと、2色セットもあります。
kagiya03.jpg
昼過ぎには、売り切れるということで、1パック 450円を買いました。
これを持って、鎌沼まで、ハイキングです。

紅葉を見ながら、鎌沼まで歩いて、昼食タイムです。
kagiya01.jpg
山菜おこわは、もち米の炊き加減がよく、わらびなどの山菜の味が、ご飯にしみていて、おいしいです。
栗おこわは、甘くない栗の味と、白ごまの味がマッチして、おいしいです。
kagiya04.jpg
一緒に買った、燻製たまご 150円は、塩味がしみこんでいて、燻製の味は、強すぎずおいしいです。
おこわと、卵で、いいお昼ご飯になりました。

「かぎや」は、福島県鏡石町の和菓子屋です。
おいしい和菓子を作っていますが、おこわのおいしさが評判になり、売り始めたそうです。
ハイキングの後、浄土平に戻ったら、どら焼きを買おうと思って、再びレストハウスに行きました。
kagiya05.jpg
午後1時頃、おこわは、売り切れでした。
どら焼き2つ買います。

あんバターどら焼き 160円
kagiya06.jpg
いいデザインの紙袋に入っています。
kagiya07.jpg
材料は、シンプルです。
kagiya08.jpg
どら焼きとしては、小さめのサイズです。
kagiya09.jpg
つぶあんと、皮の間に、バターが入っています。
甘すぎず、バターくささもなく、あんことバターが、合わさっていい味です。
皮の塩分が、ちょうどいいです。

さくらどら焼き 160円
kagiya10.jpg
無地の袋に、さくらのシールです。
kagiya11.jpg
あんバターと同じ、小さめのサイズです。
kagiya12.jpg
白いんげんのあんのまわりに、白手亡のあんが付いています。
塩味がきいた、2種の白あんを使っているのは、手の込んだおいしさです。

「かぎや」は、鏡石町に店舗がある和菓子屋ですが、毎日、浄土平まで来て、おこわや、和菓子を売っているようです。
ブドウのお菓子も、おいしそうです。
おいしいおこわと、お菓子、食べてみませんか。
よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング
プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
リンク
QRコード
QR