昭和の風合いを残した木造校舎 旧喰丸小学校

福島県昭和村にある、旧喰丸小学校を紹介します。
kuimarusyo01.jpg
昭和村は、福島県会津地方の山間部にあります。
只見川の支流の野尻川沿いで、狭い平地に1300人ほどが暮らしています。
昭和2年に、野尻村と大芦村が合併して、昭和村になりました。

明治6年に造られた喰丸小学校(くいまる)は、昭和12年に2階建ての木造校舎に改築されました。
kuimarusyo02.jpg
昭和55年に廃校になるまで、この小さな学校で、子供たちが生活していました。

廃校になった後は、幾度かの解体の危機がありました。
kuimarusyo04.jpg
喰丸小に思いを寄せる人々の思いと、当時の趣をそのままに、改修工事が行われました。
そして、平成30年4月に、交流・観光拠点施設「喰丸小」として生まれ変わりました。
現在は、無料で一般公開しています。
kuimarusyo03.jpg
玄関を入ると、昭和55年にタイムスリップしたようです。

当時は、複式学級でしたので、教室は、3つです。
kuimarusyo05.jpg
1・2年の教室の壁には、共同製作の絵が掲示されています。

廊下は、きれいな床や壁が再現されています。
kuimarusyo06.jpg
教室表示も、当時のままのようです。

当時の便所は、それなりのつくりだったようですが、
kuimarusyo07.jpg
今は、観光客が使えるように、きれいなトイレになっています。

廊下の窓からは、
kuimarusyo08.jpg
神社の鳥居と、大きな屋根の家が見えます。
当時も、同じ風景だったのでは、ないでしょうか。

廊下の掲示板に、初雪の観測日が記録されています。
kuimarusyo09.jpg
昭和43年から昭和54年まで、ほとんどが11月です。
このあたりは、雪の降り始めが早く、積雪は、2mほどになります。

2階の教室も公開されています。
kuimarusyo12.jpg
階段の雰囲気も、当時のままです。

2階には、5・6年の教室があります。
kuimarusyo10.jpg
当時の机が並べてあり、机の上には、教科書が置いてあります。
kuimarusyo11.jpg
今は、使われていない木製の机といす。
そして、教科書をめくってみると、なつかしい文章を見ることができました。
窓の外には、イチョウの大木が。
kuimarusyo14.jpg
当時の小学生も、イチョウの大木を見ていたのかなと思いましたが、
イチョウの樹齢は、100年ぐらいのようです。
kuimarusyo15.jpg
ということは、50年前のイチョウの木は、こんなに大きくなかったのかもしれません。

2階の図書室だった部屋には、雪ぐつや、農具などが展示されています。
kuimarusyo16.jpg
音楽室だった部屋は、会議に使われていました。
kuimarusyo13.jpg

すてきな雰囲気の喰丸小学校。
kuimarusyo17.jpg
これからは、観光施設として、お客さんの気持ちを和ませてくれると思います。
kuimarusyo18.jpg
校庭のイチョウの木は、2本。
kuimarusyo19.jpg
早く黄色くなっているのが、雄です。
まだ、緑の葉の間には、銀杏の実がなっていました。

イチョウが黄色くなるこの季節は、ライトアップも行われています。
2019年10月31日で、この色です。
2本の木が黄色くなるのは、もう少し先のようです。

よかったらこちらをクリック

福島県ランキング
プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
リンク
QRコード
QR