裁ちそばと山人の手づくり料理「旅館ひのえまた」

福島県檜枝岐村(ひのえまたむら)、
「旅館ひのえまた」の、そばと山人料理を紹介します。
yamoudo10.jpg
南会津の最も奥に位置し、尾瀬の玄関口でもある檜枝岐村。
ここには、「まち」で感じることのできない空気と時間が流れています。
檜枝岐村には、民宿や旅館がたくさんあり、夏は、尾瀬のハイキングや、登山のお客さんでにぎわいます。
雪深い冬の檜枝岐村は、宿泊のお客さんは少なく、ひっそりとしています。
今年は、暖冬で雪が少ないし、冬こそ、保存食でつくる山人料理のシーズンではないかと思い、旅館ひのえまたに泊まることにしました。
yamoudo01.jpg
旅館ひのえまたは、5階建てで、檜枝岐村では、大きい建物です。
きれいな部屋で、ゆっくりくつろぎました。

夕食の料理を紹介します。
山人料理(やもーどりょうり)とは、
2000m級の山々に囲まれた檜枝岐村は、昔からそばを主食としてきました。
また林業が盛んで、山で働く人たちが家からそば粉・酒・みそ・塩を持って山に上がり、山で採れる食材を使って作った料理が、山人料理です。
yamoudo16.jpg
鍋と前菜の小鉢は、用意されていました。
yamoudo02.jpg
「はっとう」そば粉ともち米の粉をこね合わせ、じゅうねんと砂糖をまぶした物。
「山うどの酢の物」
「鹿の舌の炒め物」見た目が鹿の舌に似ているきのこ。
「ぜんまい煮」
yamoudo03.jpg
「山人鍋」舞茸・きくらげ・山菜がたっぷり。
鴨肉でだしを取り、そば粉のだんごが入っていて、みそ味です。
きのこがおいしいです。
yamoudo04.jpg
「尾瀬ごころ」南会津町の会津酒造で造っている本醸造の酒です。
冷やで、料理に合う味です。
yamoudo05.jpg
「岩魚酒」専用の器に岩魚1匹が入っている燗酒です。
飲んでいるうちに、岩魚の味がしみ出してきて、おいしい酒です。
魚の身もいただきました。

できたての料理が運ばれてきます。
yamoudo06.jpg
「岩魚刺身」岩魚は、マスの仲間、生で食べるとマスの味がします。
刺身は、なかなか食べられません。
yamoudo07.jpg
「岩魚塩焼き」ちょうどいい大きさで、頭もよく焼けています。
川魚の上品な味です。
yamoudo08.jpg
「蒸し物」野菜を使った鶏真薯の上に、そばの餡がかかっています。
yamoudo10.jpg
「サンショウウオの唐揚げ」サンショウウオが丸ごと一匹。
衣が付いていて、姿は見えません。
苦味や臭みはなく、卵が入っていて、おいしいです。
「そば田楽」そば粉とおかゆをこね合わせ、まわりに山椒みそを塗って焼いてあります。
「豆腐田楽」豆腐にニンニクみそが塗ってあります。
「またたびの蜂蜜漬け」また旅ができますように。

主食は、そばです。
yamoudo09.jpg
「裁ちそば」古くから檜枝岐に伝わり、布を裁つようにして切ることから、裁ちそば言われています。そば粉100%です。
つゆは、岩魚のだしです。
そばが光っているうちが、食べ頃。
細くはなくて、平たい形です。こしがあり、そばの味があって、おいしいです。
yamoudo11.jpg
「めぇだけ飯」舞茸が炒めてあるのでしょうか、香りが強くておいしいです。

肉などの高級食材は、なかったですが、山の食材の味をよく引き出した、おいしい料理でした。
yamoudo12.jpg
温泉も、いいですよ。

朝食も紹介します。
yamoudo13.jpg
納豆、温泉卵、おひたし、きのこは、普通の朝食にも出ます。
yamoudo14.jpg
「岩魚の甘露煮」味がよくしみていて、骨までやわらかく煮えていて、おいしい。
yamoudo15.jpg
みそ汁は、鍋で、できたて、おかわり自由。
ダイコンがシャキシャキしていて、なめこがいっぱい。

そば料理と山人料理は、素朴ながらも、深みのある味わいで、旅情と山に生きる人々の温もりを感じさせます。
会津若松市から、車で2時間以上かかり、近くはないですが、また訪れたい宿です。
夏になり、山菜が採れるようになると、さらにおいしい料理が食べられそうです。

よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング
プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
リンク
QRコード
QR