安くて新鮮、野菜産直販売所「くろぼ子」

福島県猪苗代町、
野菜産直販売所「くろぼ子」を紹介します。
kuroboko02.jpg
猪苗代町川桁、ホテルリステル猪苗代の入口近くの県道沿いに、「くろぼ子会」という看板がかかった小さな建物があります。
冬の間は、無人で閉まっているので、何をしている建物なのかは、分かりません。

今年は、7月1日から、開店しました。
kuroboko01.jpg
その名は、「くろぼ子」という野菜直売所です。
毎年、7月上旬から11月下旬まで、週に3日、土・日・水曜日に開店します。
開店しているときは、駐車場の入口に、営業中ののぼりが立っています。

午前10時に開店しますが、開店10分前ぐらいから、行列ができます。(数人ですが)
徒歩や自転車で来る人もいますが、福島や郡山ナンバーの車も来ています。
遠くから、わざわざ買いに来るようです。

店内の様子は、
kuroboko03.jpg
真ん中とまわりに2段の棚があり、品物が多いときは、いっぱいになります。
きちんと袋詰めされた野菜が、コンテナの中に並べてあります。
kuroboko04.jpg
地元、白津地区の農家が共同で出店しているようで、数人の生産者が、それぞれ自慢の野菜を出しています。
各自のコンテナが決まっているので、野菜は、種類別ではなく、生産者別に並んでいます。
同じ野菜でも、作る人によって状態が違うので、買う方は、見比べてから好みの物を選びます。

10時の開店時に行けば、見比べて選ぶことができますが、お客さんが多いと、たちまち品物がなくなってしまします。
午後2~3時で、品物がなくなると閉店です。

売れる秘密は、安くて新鮮だからです。
kuroboko05.jpg
袋詰めの仕方や、テープの貼り方は、市場などに出荷するのと同じやり方ですが、直売と言うことで、値段の付け方が、安い。
ほとんどの物が、1個または、1袋100円です。
スーパーだと、150~200円の物が、100円か150円で出ています。
消費税もかかりません。
この安さなんですが、2000~3000円と大量に買っていく人もいます。
kuroboko06.jpg
このキャベツは、直径25cmの大玉サイズです。
安いだけではなく、新鮮です。
10時開店の直前に納品するので、畑から採るのは、その日の朝なのでしょう。
採れたてで、みずみずしいです。

難点としては、虫食いがあったり、土が付いていたりします。
虫が食うほどうまい野菜と言うことで、農薬も少ないのでしょう、家庭菜園で自分が作る野菜に近い状態です。
それから、ビニールハウスではなく、露地で作った物が多いので、旬の物しか買えません。
季節外れの野菜は、並んでいません。
買う方が、野菜の旬を知っておいた方がいいと言うことです。

季節の新鮮な野菜を安く買うなら、くろぼ子へ。
場所は、ホテルリステル猪苗代を目指して行くと、分かります↓

よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング
プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

ランキング参加中
応援おねがいします
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
最新コメント
リンク
QRコード
QR