猪苗代湖に向かって滑り下りる「リステルスキーファンタジア」

1月17日(日)
福島県猪苗代町「リステルスキーファンタジア」に行ってきました。
risuteru-suki2083.jpg
昨日の午後から曇って、小雪が降りましたが、今日は、風も雪も止まっています。
risuteru-suki2081.jpg
天気は、曇り、無風。
積雪は、80cm。
リフトは、2本動いています。
ダフィーコース、ガンホーコースは、クローズです。

9:50スタート
①第一ペアリフト→
②第二ペアリフト→チャイニーズダウンヒル→レイ&タックコース
risuteru-suki2082.jpg
日曜日ですが、人は少ないです。
昨日降った雪は、少しだけで、ゲレンデは、ほとんど変わっていませんが、木々の枝は、真っ白になっています。

③第二ペアリフト→チャイニーズダウンヒル→レイ&タックコース
risuteru-suki2084.jpg
磐梯山の上の方には、雲がかかっていますが、中腹、猪苗代スキー場は、よく見えています。

④第二ペアリフト→チャイニーズダウンヒル→レイ&タックコース
risuteru-suki2085.jpg
下の方、猪苗代湖は、全体が見えています。

⑤第二ペアリフト→チャイニーズダウンヒル→レイ&タックコース
risuteru-suki2086.jpg
雪質は、氷にはなっていませんが、固い圧雪です。
スピードが出ますが、エッジを効かせれば、コントロールできます。

⑥第二ペアリフト→チャイニーズダウンヒル→レイ&タックコース
risuteru-suki2087.jpg
猪苗代湖に向かって滑り下りるのは、爽快です。

⑦第二ペアリフト→チャイニーズダウンヒル→レイ&タックコース
risuteru-suki2088.jpg
未圧雪のガンホーコースで、ポールを立てる作業をしていました。
明日から平日休業になりますが、モーグルの競技会でもあるのでしょうか。

⑧第二ペアリフト→チャイニーズダウンヒル→パラダイスコース
risuteru-suki2090.jpg
固い雪で、スピードをコントロールには、筋力が必要です。
もう少しトレーニングしなくては。
risuteru-suki2091.jpg
風がなくて、コンディションはいいのですが、人は少ないです。
11:00終了

今シーズンは、雪が豊富で、12月のオープン初日から上のコースで滑れました。
ところが、緊急事態宣言のため?
1月18日から、平日休業になりました。
ちょっと残念。
リステルで滑れるのは、金・土・日曜日になります。
リステルの情報は、こちらから↓

よかったらこちらをクリック

スキーランキング

福島県ランキング

すっきりしたうまさの蕎麦焼酎「天鏡」

福島県猪苗代町 猪苗代町認定農業者会が企画した蕎麦焼酎「天鏡」を紹介します。

企画:猪苗代町認定農業者会
製造者:笹の川酒造(郡山市)
猪苗代蕎麦焼酎 天鏡 720ml
原材料:猪苗代産玄蕎麦(70%)米麹(国産ひとめぼれ)
アルコール度数:25%
tenkyou01.jpg
購入先:リステル猪苗代売店 1700円
感想:すっきりしたうまさで、甘味がある。
蕎麦の香りの中に、ほのかに米の香りも。
雑味がないおいしさで、水割り、お湯割り、ウーロン茶割りなど何でも合う。

猪苗代町認定農業者会は、町おこしとして、特産品などを開発している団体です。
この団体のホームページには、2004年に「英世の里」というブランドで、そば焼酎を造ったという説明があるのですが、その後、更新された様子がありません。
猪苗代町認定農業者会が企画した蕎麦焼酎「天鏡」は、ホームページ上には、説明がない状態です。
「英世の里」が「天鏡」に変わったのか。
2009年に「天鏡」のラベルが作られています。
tenkyou06.jpg
猪苗代町内の手打ち蕎麦工房「そば楽人」の店主が書いたと言うことです。
060105-5.jpg
「英世の里」に書いてある「猪苗代蕎麦の里」のロゴは、「天鏡」と同じです。
「英世の里」は、現存するのか、謎です。

現在販売されている「天鏡」は、猪苗代町内限定販売です。
生産量が少ないようで、幻の地焼酎とも言えると思います。
こんなおいしい焼酎が地元にあったとは。
もう少し調べてみます。

よかったらこちらをクリック

日本酒ランキング

福島県ランキング

積雪たっぷり、雪質も天気も良好「沼尻スキー場」

1月15日(金)
福島県猪苗代町「沼尻スキー場」に行ってきました。
numajiri2023.jpg
1月になってから、毎日のように雪が降り、積雪はたっぷりです。
今日は、3日ぶりに晴れたので、沼尻に行きました。
10:00駐車場に到着。
numajiri2021.jpg
駐まっている車は、20~30台でしょうか。
前から4列目です。
numajiri2022.jpg
天気は、晴れ、無風。
積雪は、140cm。
リフトは、4本動いています。
初心者用第3ペアリフトは、運休。
カラマツコースは、ジャンプ台を作っているので、クローズです。

10:10スタート
①一本松クワッドリフト→ポプラコース
numajiri2024.jpg
沼尻のメインのコースとも言える、ポプラコースです。
昨シーズンは、雪不足でクローズでした。
今シーズンは、快適に滑れます。

②一本松クワッドリフト→しらかばコース
numajiri2025.jpg
一本松クワッドを降りて、右側に行くコースです。
平らで緩急があるコースです。
凍っていない圧雪で、滑りやすい雪です。

③一本松クワッドリフト→
④第1ペアリフト→
⑤第2ペアリフト→カモシカコース
numajiri2026.jpg
リフトを乗り継いで、山頂へ。
カモシカコースは、圧雪してあり、急斜面ですが、コントロールできます。
晴れていて磐梯山が見えるはずなんですが、かすんでいて見えないのは、黄砂のせいでしょうか。

⑥第2ペアリフト→白糸コース
numajiri2027.jpg
最大30度、非圧雪コースです。
柔らかい雪で、固いコブには、なっていませんが、難しいコースです。

⑦第2ペアリフト→カモシカコース→アカマツコース→ポプラコース
numajiri2028.jpg
山頂から下までのロングコース。
numajiri2029.jpg
中間地点が緩斜面ですが、上と下が急なので、楽しめます。

⑧一本松クワッドリフト→しゃくなげコース
numajiri2030.jpg
下の方の5コースあるうちの一つ。
中級程度で楽しめます。
今日は、人が少ないので、圧雪が削れていなくて、いい感じです。
11:05終了

積雪が多くなって、滑りやすくなりました。
ボーダー用の設備がたくさんあって、ボーダー率が高いです。
今日は、全体の人数が少なかったですが、ボーダーとスキーヤーが同じぐらいでしょうか。
土・日の混み具合が気になるところです。

よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

薄力粉で、昔ながらの「ホットケーキ」

薄力粉を使って、昔ながらのホットケーキを作りました。
hotokeki09.jpg
テフロン加工のフライパンで、きれいに焼けます。

材料
薄力粉  100g
ベーキングパウダー  小さじ1
卵  1個
牛乳  100ml
砂糖  30g
サラダ油  大さじ1

道具
テフロン加工のフライパン または、ホットプレート

作り方
①卵、牛乳、砂糖、サラダ油をボールに入れる。
hotokeki01.jpg
②泡立て器で混ぜる。
hotokeki02.jpg
③薄力粉とベーキングパウダーをふるって入れる。
hotokeki03.jpg
④粉っぽくなくなるように混ぜる。
hotokeki04.jpg
⑤ざっくり切るように混ぜる。
hotokeki05.jpg
⑥テフロン加工のフライパンを弱火~中火で温める。
油は、ひかない。
生地をおたまで1杯、15cmぐらいの高さから入れる。
hotokeki06.jpg
⑦2分ぐらい焼くと、表面に泡が見えてくる。
hotokeki07.jpg
⑧フライ返しで裏返す。
hotokeki08.jpg
⑨焼き色がきれい。
2分焼いて、串をさして、生地が付かなくなくなればよい。
hotokeki09.jpg
完成
同じように、おたま1杯で焼くと、3枚できます。
重ねて皿に盛り付け、バターをのせ、メイプルシロップか、ハチミツをかけて食べます。

今回は、厚くふくらみませんでしたが、もちもちしておいしかったです。
ふくらみが弱いのは、生地がややゆるかったのかもしれません。
テフロン加工のフライパンをうまく使うと、こげないで、きれいに焼けます。

よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

ほのかな香りと、やわらかな口あたり「榮川 特別純米酒」

福島県磐梯町の榮川酒造「特別純米酒 榮川」を紹介します。

蔵元:榮川酒造(磐梯町)
特別純米酒 榮川
麹米:会津産 美山錦
掛米:会津産 美山錦
アルコール度数:15%
精米歩合:60%
日本酒度:+3.0~+4.0
酸度:1.2~1.3
アミノ酸度:1.4~1.5
tokubetujunmai01.jpg
購入先:やまや門田店(会津若松市)
販売価格:720ml 1239円
感想:ほのかな米の香りがあって、すっきりした飲み口。
やわらかな口あたりで、甘味、酸味が少なく、きりっとした辛口。
料理に合う食中酒。

原料米は地元会津の契約栽培の酒造好適米「美山錦」を全量使用しています。
米、水、すべて「会津」にこだわった特別純米酒は、ほのかな香りと柔らかな口あたりの中にも芯の通った深みのある旨み、綺麗な酸が見事に調和したバランスの良い仕上がりです。

会津は地名からして水の豊かな大地。
周囲の山々に降り積もった雪が解けて、地下に浸透し、伏流水となって会津盆地を縦横に走ります。
榮川の仕込み水は、日本名水百選のひとつ、磐梯西山麓湧水群の清冽な水を使用しています。

榮川酒造は、会津の酒蔵としては、大きな工場の一つです。
いろいろなブランドの酒を造り、スーパーや量販店など、多くの店で販売しています。
今までに何本か飲みましたが、大工場だからこそ、うまさが変わらないというか、外れがないという感じです。
その中で、この特別純米酒は、値段も手頃で、安心して飲める酒の一つです。
こちらで売っています↓

よかったらこちらをクリック

日本酒ランキング

福島県ランキング
プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

ランキング参加中
応援おねがいします
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
最新コメント
リンク
QRコード
QR