酒蔵復活 男山酒造「純米酒-わ-」

福島県会津美里町、男山酒造「会津男山 -わ- 純米酒 夢の香」を紹介します。

蔵元:男山酒造(会津美里町)
会津男山 -わ- 純米酒 夢の香 うすにごり生
麹米:国産米
掛米:会津産 夢の香
アルコール度数:16%
精米歩合:60%
日本酒度:-2
酸度:1.4
otokoyama-wa01.jpg
購入先:會津酒楽館(会津若松市)
販売価格:720ml 1562円
感想:やや発泡していて、にごりがある。
とろっとしていて、米の味、米の甘味がある。
濃い味だが、すっきり感があり、純米酒らしい味。
甘口なので、酒だけで楽しむ味。

会津美里町の男山酒造店は、1865年創業で、最盛期にはメイン商品「会津男山」をはじめ、
年間36万リットルの日本酒を生産していた老舗の酒蔵です。
1998年に杜氏の体調不良を期に生産を休止していましたが、先代の甥である小林靖が会津の他の酒蔵や福島県清酒アカデミーにおいて酒造りを一から学び、この度、歴史ある蔵の新しい一滴を搾り出すことになりました。

そんな再生する蔵が目指すのは、〈みんなが「わ」になれるお酒〉です。
よそ者で、素人で、やがてライバルになるかもしれない者に対して、酒づくリの技術を隠すことなく教えてくれた方々のやさしさ。
このように人々を包み込むような会津気質をお酒で表したいと、吟味を重ねて誕生したのが、会津男山 純米酒-わ-です。

純米酒-わ-は、会津産の福島県オリジナル酒造好適米「夢の香」を使用しています。
昨年秋に仕込み、香り高く、甘みや酸味などのバランスが整った酒に仕上げました。
1月30日に出荷が始まり、生酒として3月中旬まで販売されます。
さらに、2月上旬には会津産「福乃香」で醸し出した純米大吟醸も販売する予定です。

コロナ禍で、日本酒の需要が低迷しているという話も聞きますが、会津の酒蔵が復活して新酒を出すのは、うれしいことです。
純米大吟醸も飲んでみたいです。

よかったらこちらをクリック

日本酒ランキング

福島県ランキング
プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

ランキング参加中
応援おねがいします
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
最新コメント
リンク
QRコード
QR