サクラが満開です「蛇の鼻」

福島県本宮市、蛇の鼻のサクラを紹介します。
janohana42.jpg
本宮市蛇ノ鼻は、平安時代から伝わる地名です。
現在は、四季折々の花が楽しめる庭園になっています。

駐車場からチケット売り場、そして、庭園の入口まで、ソメイヨシノの大木が並木になっています。
janohana31.jpg
入園料は、700円ですが、各種割引があります。
700円で買ったチケットは、1年間(11月まで)有効で、年間パスポートになっています。
例年通り4月1日から冬季休業開けのオープンでしたが、すでにサクラは、満開です。
janohana32.jpg
例年より2週間ぐらい早いようです。
もたもたしていると、見ごろを逃してしまうと思って、4月2日に行きました。

2年前2019年に行った時は、フジの季節でした。
サクラは、どこにあったのかなと思っていたら、入口に並木、そして、池のそばにも大木がありました。
janohana33.jpg
ほぼ満開で、ちょうど見ごろです。
花が咲いているのが、サクラとレンギョウぐらいなので、サクラのピンク色が目立ちます。
janohana34.jpg
歩道を上っていくと、違う種類のサクラもあります。
janohana35.jpg
サクラの本数は、多くはありませんが、遠くから見たり、近くで見たり、いろいろ楽しめます。
janohana36.jpg
山の上の方のレンギョウは、まだ小さい木です。
janohana37.jpg

「蛇の鼻御殿」にも行きました。
janohana38.jpg
明治末期の本宮町の豪農伊藤弥氏の別荘として造られた邸宅です。
建物の彫刻がみごとで、国の登録有形文化財になっています。
当時の庭木として植えられたのでしょうか、ベニシダレザクラの大木がみごとです。
janohana39.jpg
シダレザクラは、咲くのが遅いですが、今年は、もう満開に近いです。
janohana40.jpg
三春滝桜の子孫かもしれません。
janohana41.jpg
御殿の玄関前は、そんなに広くはありませんが、今の蛇の鼻全体が庭だとすれば、広々として贅沢な庭です。

すりばち池のまわりには、花壇がありチューリップが植えてありますが、
janohana43.jpg
まだ咲き始めでした。
見ごろまであと1週間ぐらいでしょうか。

蛇の鼻と言えば、フジの大木がみごとです。
今年は、サクラが早かったので、フジが咲くのも早くなりそうです。
今日の段階でも、フジのつぼみはふくらんでいました。
4月中旬には、咲きそうです。

よかったらこちらをクリック

福島県ランキング
プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

ランキング参加中
応援おねがいします
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
最新コメント
リンク
QRコード
QR