火おこしつぼで、楽々バーベキュー

先日のキャンプで作って食べた、キャンプ飯を紹介します。
kyanpumesi070501.jpg
7月5日から1泊2日で、キャンプをしました。
今回の新兵器は、炭火でバーベキューを楽にするための、火おこしつぼです。

前回までは、たき火台の上でまきを燃やして、炭火をおこしていました。
うまくやったつもりですが、炭に火がつくまでに、50~60分かかりました。
何とかしようと思って、購入したのが火おこしつぼです。
kyanpumesi070502.jpg
メーカーは、GREEN LIFEです。
円筒形で、上下にふたが付いています。
火をおこすときは、ふたを開けて煙突効果にします。
ふたを閉めると火消しつぼになります。
折りたたみ式の角柱形の物もありましたが、すき間がない方がいいという意見があったので、持ち歩きには大きいですが、これにしました。

使い方と結果を説明します。
kyanpumesi070503.jpg
まず、上から炭を入れます。
今回は、成型炭3本と、普通の木炭を合わせて、バーベキューができる量を入れました。
kyanpumesi070504.jpg
下に新聞紙を丸めて入れて、火を付けましたが、くすぶっていたので、着火剤を1かけ入れて、火を付けました。
kyanpumesi070505.jpg
新聞紙と着火剤が燃えている間は、煙が出ていましたが、そのうち煙が出なくなります。
kyanpumesi070506.jpg
火を付けてから10分、炭が燃える炎が見えてきました。
しっかり火が付いています。
火を付けたら、何もしないで10分、すばらしい道具です。

取っ手を持って、火が付いた炭をたき火台に並べれば、炭火としてすぐ使えます。
kyanpumesi070507.jpg
細かい炭を入れて、網をのせて、バーベキューシートをのせて、料理開始です。

1日目 夕食
今回の材料は、家から持ち込んだ野菜と、スーパーで買った魚貝です。
kyanpumesi070501.jpg
エビは、刺身用です。
塩を付けて焼きました。
しっぽを食べて、残りの殻は、お湯の中で煮て、スープにしました。
kyanpumesi070508.jpg
ホタテのニンニクソテーは、たれごと、フライパンに入れて焼きました。
殻付きホタテよりも食べやすくておいしいです。
kyanpumesi070509.jpg
イカ1ぱいのしょうゆ漬けも、フライパンで焼きました。
kyanpumesi070510.jpg
食べるときに、まな板の上で包丁で切りましたが、キッチンばさみがあるとよかったです。
火おこしが早くできて、おいしい魚貝類が食べられて、満足の夕食でした。

2日目 朝食
エビの殻を煮たスープを使って、オートミールおかゆです。
kyanpumesi070511.jpg
アクを取って、塩を入れて、オートミールを入れて、煮ます。
kyanpumesi070512.jpg
5分ぐらい煮たら、卵を入れて、かき玉スープにします。
ekokyanpu070516.jpg
エビのだしが効いた、おいしいオートミールおかゆができました。
なべ1つで料理するときは、ガスバーナーが便利です。
そして、オートミールは、保存ができて、調理が簡単、おいしい食材です。

今回は、電源なしサイトだったので、電気炊飯器や電気ポットは使いませんでした。
道具を用意して、調理法を工夫すれば、電気なしでも、うまくできそうです。
火おこしつぼは、こちらで↓


よかったらこちらをクリック

オートキャンプランキング

東北地方ランキング
プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

ランキング参加中
応援おねがいします
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
最新コメント
リンク
QRコード
QR