フルーティーな香り、口当たり「風が吹く 福乃香 純米吟醸」

福島県会津美里町の、白井酒造「風が吹く 福乃香 純米吟醸」を紹介します。

蔵元:白井酒造店
風が吹く【黄】福乃香 純米吟醸生酒
麹米:国産米
掛米:会津産有機栽培福乃香(100%)
精米歩合:55%
アルコール度数:16%
日本酒度:+4
酸度:1.6
kazegahuku-hukunoka01.jpg
購入先:會津酒楽館(会津若松市) 720ml 1540円
感想:フルーティーな香り。
口当たりがよく、とろっとしていて、コクがある。
くだもののような甘味の中に、米の味、米の甘さ、ほのかな酸味を感じる。
食中酒というよりは、酒の味を楽しみたい。

白井酒造店は、伊佐須美神社がある会津美里町にある小さな蔵です。
「萬代芳(ばんだいほう)」と「風が吹く」の2つの銘柄の酒を造っています。

今季(2021年)からの新商品、風が吹く[黄色]ラベルです。
これまで「風が吹く」シリーズは全て五百万石米で醸造していましたが、今季初めて会津産有機栽培「福乃香」を使用しました。
定番純米吟醸の生の仕上げ、福島県オリジナル品種という事で福島県内限定で発売となっています。
福乃香らしい軽やかな酸味、綺麗な旨みを上手に引き出しつつ、ブランドらしさを上手に表現した1本です。

福乃香で造った酒をいろいろ飲みましたが、香りがよく、調和の取れた上品なうまさを引き出しています。
「はずれがないうまさ」と言えます。
福乃香の酒を制覇しなくては。
こちらで売っています↓


よかったらこちらをクリック

日本酒ランキング

福島県ランキング
プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

ランキング参加中
応援おねがいします
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
最新コメント
リンク
QRコード
QR