芳醇な香ばしさとリッチな甘さ「いし焼きいもを干し芋に・・・」

福島県喜多方市
月見橋いも庵の「いし焼きいもを干し芋に・・・」を紹介します。
imoan01.jpg
「月見橋いも庵」は、喜多方市内にあるさつま芋の店です。
石焼き芋、さつまいもチップス、やきいもシェイクなどを作って売っています。
この店には行ったことがありませんが、会津若松の十日市に出店していました。
tookaiti86.jpg
さつまいもチップスを試食した後に見つけたのが、「いし焼きいもを干し芋に・・・」です。
干し芋と言えば、普通は、蒸したさつまいもで作ります。
いも庵では、石焼き芋から作るというこだわりがあるようです。
imoan02.jpg
店のコメントによると、
数ある野菜の中でも私達が一番力を入れている商品が、名前のまんま「石やき芋を干し芋にしました。」です。
焼き芋にしてから干した、あまり例のない珍しい干し芋です。
時間をかけてじっくりと焼き上げた焼き芋。
それを丁寧に皮をむいて約2日間かけて乾燥させます。
この「焼く」「干す」の過程にしっかりと時間をかけないと、素材が持っている本来の旨さや魅力が引き出されないのです。
焼いたことにより香ばしい風味があり、甘味もより強く感じられます。
imoan03.jpg
1袋 100g 600円です。
袋から出すと、黄金色できれいな干し芋です。
じっくり焼いた焼き芋という色です。
imoan04.jpg
やわらかくて、モチモチしていて、ねっとりしています。
さつまいもの甘さ、焼き芋の風味が、濃縮され閉じ込められているような感じで、かむと、口の中に焼き芋のうまさがよみがえってきます。
焼き芋よりうまいかもしれない。

いも庵のメニューの中に、やきいもシェイクがありますが、十日市では、新メニューがありました。
tookaiti87.jpg
「石焼き芋のホットシェイク」です。
店の人のお勧めだったので、買って飲んでみました。
焼き芋を牛乳で溶かしたという感じです。
焼き芋を食べて、温かい牛乳を飲んだときのような味です。
焼き芋だけの上品な甘さで、飲みやすく、冷えた体が温まります。

月見橋いも庵で使っているさつまいもは、喜多方の「蔵のまち農園」で栽培している紅はるかです。
地元産の材料を使い、無添加でおいしいものを作っている店です。
喜多方の店に行ってみたいです。

よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング
プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

ランキング参加中
応援おねがいします
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
最新コメント
リンク
QRコード
QR