やわらかな口当たり「純米吟醸 會津 雄町」

福島県南会津町の、「純米吟醸 會津 雄町」を紹介します。

蔵元:会津酒造(南会津町)
純米吟醸 會津 雄町 
麹米:国産米(雄町)
掛米:国産米(雄町)
精米歩合:50%
アルコール度数:15%
junginomati11.jpg
購入先:福島県南酒販頒布会 価格:720ml 2本で3600円
感想:フルーティーな香り。
やわらかな口当たり。
すっきりしたのどごし。
酸味は弱く、ほんのり甘くてコクがある。
刺身などの魚料理に合う。

この酒は、6月に案内があった日本酒頒布会にあったものです。
omati12.jpg
福島県南酒販株式会社の企画の頒布会で、会津の酒蔵の酒を選んであります。
AコースとBコースがあって、どちらも2本ずつ3回、計6本の提供です。
今回は、飲んだことがない酒ばかりのBコースにしました。
9月の配付日に、酒屋から連絡があり、品物を取りに行って、支払いです。

「雄町」は、1859年(安政6年)に備前国上道郡高島村字雄町(現岡山市中区雄町)の農家が発見した酒造好適米で、生産量の約95%を岡山県産が占めています。
栽培が難しいことから一時は生産量が激減し‘幻の米’と呼ばれるようになりましたが、酒蔵の根強い要望により再び生産量が回復し、近年では広く全国の酒蔵に愛用されるようになりました。
栽培だけではなく酒造りも難しいといわれる雄町は大吟醸酒に用いられることが主流でしたが、最近では雄町特有のふくらみのある味わいを活かした柔らかな純米酒なども増えています。
また、「雄町」は、現在広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品種です。

この銘柄は、ネットで探しましたが、市販はされていないようです。
頒布会オリジナル商品のようです。
「雄町」で造った酒は、値段が高い物が多く、なかなか飲めない酒です。
今回、手頃な値段で飲むことができてよかったです。
よかったらこちらをクリック
日本酒ランキング
日本酒ランキング
福島県ランキング
福島県ランキング

もとは、沼尻のパン屋「nowhere」

福島県会津若松市
パン屋さん「nowhere」を紹介します。
nowhere092501.jpg
nowhereは、会津若松市天寧寺町に移転オープンしたパン屋です。
会津若松の新銘所〜Human hub Tenneiji soko〜『HHT』内で自家製パンを販売しています。
yamafesu08_20230925094113c58.jpg
どこから移転したかというと、沼尻温泉からです。
移転オープンの前は、芦ノ牧温泉の大川荘や、イベントの露店などで、売っていました。
yamafesu09_202309250941137b1.jpg
今回は、もともとのホームグラウンドの沼尻スキー場のイベント(ヤマフェス)に参加ということで、以前1回だけ買って食べたパンを、また食べようと思って、ヤマフェスに行きました。
テントの下には、たくさんのおいしそうなパンが並んでいます。

どれにしようか迷った結果、nowhereの特長が出ているパンを3点買いました。
沼尻温泉カレーチーズトースト 400円
nowhere092503.jpg
上にのっているチーズが焼けていて、おいしそう。
nowhere092505.jpg
6枚切りの厚さのトーストは、やや固めで歯ごたえがあります。
スパイシーな沼尻温泉カレーにチーズをたっぷりのせて、焼いてあります。
甘すぎないトーストと、スパイシーなカレーの味がよく合います。

クランベリーとくるみのベーグル 350円
nowhere092502.jpg
ベーグルが、いろいろあります。
nowhere092506.jpg
香ばしい全粒粉の味。
ごろごろ入っているくるみの歯ごたえ、味と、クランベリーの酸味がよく合います。

パンド・カンパーニュ(ハーフ) 500円
nowhere092504.jpg
切ってあるハーフサイズがあります。
nowhere092507.jpg
全粒粉、天日塩、はちみつなど、材料にこだわっています。
塩味が効いていて、固くてかみ応えがあります。
粘りがあって、かみしめると麦の味が口の中に広がります。

ベーグルやトーストなど、食べたいパンがいろいろありました。
沼尻に店があったときは、休日だけの営業でしたが、会津若松市の常設店では、いつでも買えるようです。
また食べてみたいパンです。
よかったらこちらをクリック
ご当地グルメランキング
ご当地グルメランキング
福島県ランキング
福島県ランキング

耶麻と山を楽しむ ヤマフェス

2023年9月24日、福島県猪苗代町
ヤマフェス に行ってきました。
yamafesu01_20230925094102a8a.jpg
沼尻スキー場の広いゲレンデで、4年ぶりにヤマフェスが開催されました。
前日までは、曇り空でしたが、当日は、2日間とも晴れていい天気でした。
yamafesu02_202309250941047ca.jpg
ステージイベントや、トヨタ車の試乗などもありましたが。
おめあては、露店とリフト券でした。
yamafesu03_202309250941065c5.jpg
広いゲレンデの周りには、露店のテントが並んでいます。
真ん中には、大きなテントがあって、飲食用のテーブルが置いてあります。
酒の提供、販売はなかったので、みなさん、食べ物でくつろいでいました。
yamafesu04_20230925094106d0f.jpg
耶麻郡のフェスということで、猪苗代町、磐梯町、北塩原村などの店、特産品が並んでいます。
yamafesu05_2023092509410834c.jpg
キッチンカーも何台かありました。
食べ物は、持ち帰るつもりだったので、その場では買って食べませんでした。
yamafesu06_20230925094109b41.jpg
トヨタのRV車の試乗をやっていました。
おもしろそうですが、見るだけにしました。

お目当ての一つは、これです。
yamafesu07_2023092509411154e.jpg
沼尻スキー場の売店です。
小さな紙の看板ですが、超早割のリフト券販売です。
リフト1日券が、1000円(シニア)です。
案内チラシで見ていたので、本当かと思いましたが、本当でした。
10枚買いました。

もう一つは、nowhereです。
yamafesu08_20230925094113c58.jpg
元々は、沼尻温泉の店で、パンを作って売っていました。
そこで買って食べたことがありましたが、今は、会津若松市内の店で売っています。
yamafesu09_202309250941137b1.jpg
今回は、ヤマフェスに出店していると言うことで、のぞいてみたら、たくさんのパンが並んでいました。
こだわりのおいしそうなパンが、いろいろあります。
買って食べた報告は、また後日に。

この夏は、沼尻スキー場は、開いていませんでした。
イベントは、このファスだけだったようです。
あとは、12月のスキー場オープンまで、静かな日々が続きそうです。
よかったらこちらをクリック
ご当地グルメランキング
ご当地グルメランキング
福島県ランキング
福島県ランキング

放射冷却、寒い朝 猪苗代町

2023年9月24日 福島県猪苗代町
晴れた朝、冷え込みました。
asasanpo092401.jpg
朝5:30の磐梯山です。
昨日の日中までは、雲が多かったのですが、昨夜からよく晴れています。
蒸し暑かった夜が終わり、寒いと感じる朝です。
asasanpo092402.jpg
猪苗代の今朝の最低気温は、9.7度でした。
10度を下回っていたので、寒く感じるはずです。
よく晴れて、放射冷却による冷え込みでしょう、今季初めてです。
asasanpo092403.jpg
暑さ寒さも彼岸まで、やっと秋の涼しさです。
植物は、季節を先取りしているようで、このイチョウは、葉が黄色くなっています。
asasanpo092405.jpg
栗は、実が熟して、落ち始めました。
asasanpo092404.jpg
ソバは、白い花が少なくなり、実が成り始まっています。

このまま秋になるのかと思ったら、そうも行かないようで、この先も、日中は、30度近くまで上がるようです。
ひとまず、夜は、涼しく寝られそうなので、キャンプにも行きたいなと思っているところです。
よかったらこちらをクリック
福島県ランキング
福島県ランキング

列車旅で楽しむお菓子 峠駅「峠の力餅」

山形県米沢市
峠駅「峠の力餅」を紹介します。
tougenotikaramoti01.jpg
この夏は、列車旅を楽しんでいます。
列車旅のお供と言えば、駅弁、今回は、積極的に買って食べることにしました。

今回は、駅弁ではないのですが、ホームで立ち売りをしていた力餅を買いました。
tougenotikaramoti02.jpg
場所は、JR奥羽本線(山形線)峠駅です。
昔は、スイッチバックの駅でしたが、山形新幹線の開業でスイッチバックはなくなり、急勾配の途中駅になりました。
しかし、新幹線は停車しないので、停車するのは、1日6往復の普通列車です。
tougenotikaramoti03.jpg
米沢行きの列車から降りると、売り子さんが声をかけます。
お客さんも途中下車して、急いで買います。
これは、買わなくてはと思って、列車が発車した後に、ゆっくり買いました。
その後、福島行きの列車に乗りました。

峠の力餅 1000円
tougenotikaramoti04.jpg
衝動的に買ったので、どんな餅か、分かりません。
家に帰ってから開けてみると、昔ながらの大福餅でした。
tougenotikaramoti05.jpg
まんじゅうぐらいの大きさで8個入りです。
峠の茶屋 創業明治27(1894)年
奥羽南線〔福島⇔米沢間〕開業及び、国鉄峠駅開業 明治32(1899)年
力餅の峠駅立ち売り 明治34(1901)年
と言うことで、峠駅の前に店舗がありますが、駅の立ち売りを続けて123年になるようです。
tougenotikaramoti06.jpg
だんごではなく、餅なので、歯ごたえがあります。
中のこしあんは、塩味がきいています。
昔ながらの素朴な味の大福餅です。

新幹線が停まらないし、車で行くのも大変な場所なので、買うのは難しいです。
今回は、事前に調べていなかったのですが、買うことができてよかったです。
旅のお供に、甘い物もいいですね。
よかったらこちらをクリック
ご当地グルメランキング
ご当地グルメランキング
プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

ランキング参加中
応援おねがいします
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
最新コメント
リンク
QRコード
QR