廃線50周年「沼尻軽便鉄道」記念事業があります

50年前に廃線になった、福島県猪苗代町の「沼尻軽便鉄道」を紹介します。
keiben01.jpg 
大正2年(1913年)、川桁・大原間に鉄道が開通しました。
それから、57年間走り続けた沼尻軽便鉄道は、昭和43年(1968年)10月、廃線になりました。
当時の車両が、猪苗代町の「アクアマリンいなわしろカワセミ水族館」に、保存されています。
keiben02.jpg 
機関車に連結された2両の客車の中に、入れるようになっています。
keiben03.jpg 
当時の運行の様子が、説明されています。
keiben04.jpg 

廃線から50年の今年2018年、記念事業が行われています。
猪苗代町図書館「和みいな」では、9月11日から9月24日まで、「軽便鉄道モジュール展」を開催中です。
keiben05.jpg 
2014年までは、カワセミ水族館に、軽便鉄道の資料や模型の展示がありました。
しかし、水族館のリニューアルによって、展示スペースがなくなり、屋外の車両のみの展示になりました。
今回、図書館での展示のために、保管してあった資料を出してきたようです。
keiben06.jpg 
この沼尻軽便鉄道は、古関裕而作曲の「高原列車は行く」のモデルになっています。
展示は、動画や写真、
keiben08.jpg 
車両の模型、
keiben07.jpg 
すてきなイラスト、
keiben10.jpg 
本、
keiben11.jpg 
昔の駅の様子、
keiben12.jpg 
昭和の時代なので、写真は、多いです。
keiben13.jpg 
そして、部屋いっぱいの鉄道模型、
keiben14.jpg 
Nゲージの模型、ジオラマで、駅や沿線の様子が再現されています。
keiben15.jpg 
機関車、客車、貨車、ガソリンカーなどの車両も再現されて、動くようになっています。
この模型セットは、かつては、カワセミ水族館に展示されていました。
今は、沼尻軽便鉄道の会津下館駅・村の停車場の2階の沼尻軽便資料展示室に保管してありますが、建物の耐久性などの問題で、一般公開は、していないということです。
今回、図書館に特別展示になったということです。
よく作ってあるのに、常設公開されないのは、もったいない話です。
資料展示室整備には、200万円ほどかかるという話です。
なんとかなりませんかねえ。

沼尻軽便鉄道は、安達太良山の西側、沼尻温泉近くでとれる硫黄を運ぶ路線でした。
昭和の時代には、沼尻温泉やスキー場への観光客を乗せる鉄道でもありました。
keiben16.jpg 
keiben17.jpg 
すてきな駅名スタンプもあります。
keiben18.jpg 

9月29日には、カワセミ水族館にある車両を使って、50周年記念事業が行われます。
車両は、走りませんが、警笛とライトが稼働するということです。
keiben19.jpg 

昭和の雰囲気にふれてみませんか。
会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

コメントの投稿

非公開コメント