ハイキング日和 裏磐梯「レンゲ沼~中瀬沼探勝路」

福島県北塩原村(裏磐梯)
レンゲ沼探勝路と中瀬沼探勝路を紹介します。
nakasenuma02.jpg
1888年(明治21年)磐梯山頂北側、小磐梯を含む部分が水蒸気爆発によって山体崩壊を起こしました。
岩なだれが川をせき止め、数百もの湖沼がこの時に形成されました。
昭和40年代に、裏磐梯の観光開発が始まり、今は、福島県内で一番とも言える観光地になっています。
遊歩道や自然探勝路も整備されていて、手軽にハイキングが楽しめます。

今回は、レンゲ沼探勝路から中瀬沼探勝路を紹介します。
nakasenuma03.jpg
スタートは、裏磐梯サイトステーションです。
広い駐車場があり、このあたりの自然探勝路の説明を見ることができます。
nakasenuma04.jpg
サイトステーションの前から磐梯山が見えますが、スタート時点では、雲がかかっていました。
nakasenuma05.jpg
サイトステーションの前にあるのは、レンゲ沼です。
レンゲ沼を1周すると、700mぐらいです。
今回は、中瀬沼まで行きます。
nakasenuma01.jpg
レンゲ沼から中瀬沼展望台まで行って、戻ってくる周遊コースです。
1.8kmあります。
遊歩道は、連結しているので、いろいろなルートが選べます。

スタートしてすぐ、レンゲ沼が見えます。
nakasenuma06.jpg
湖面の半分ぐらいは、水草の葉でおおわれています。
レンゲ沼のまわりの探勝路は、2mぐらいの幅があり、平らで歩きやすいです。
nakasenuma07.jpg
しっかりした橋もあります。
途中から、中瀬沼に行く分かれ道があります。
nakasenuma08.jpg
歩く人が少ないのか、草がはえていますが、地図を見ながら進んでいきます。
nakasenuma09.jpg
間もなく見えてきたのは、姫沼です。
小さい沼ですが、ここも水草の葉がいっぱいです。
nakasenuma10.jpg
流れがある川が見えてきます。
この先の中瀬沼が高いので、川になって流れてくるようです。
水がきれいで、川底まで見えていましたが、魚はいませんでした。
このあたりから、道幅が広くなり、上り坂になります。
nakasenuma11.jpg
まわりの木は、けっこう太いです。
磐梯山が噴火してから120年たちますが、木が生えてきて、観光開発が始まったのが、昭和40年代なので、樹齢は50年ぐらいでしょうか。
nakasenuma12.jpg
紅葉が始まっている木もありました。

視界が開けたところに、中瀬沼展望台があります。
nakasenuma13.jpg
ここは、中瀬沼の湖面より高いので、沼の奥の方までよく見えます。
そして、その奥には磐梯山が見えます。
nakasenuma14.jpg
磐梯山の噴火の様子と、中瀬沼などの湖沼ができた過程が説明されています。
あずまやがあるので、ゆっくり休むことができます。
nakasenuma15.jpg
今は、えぐれて見えている磐梯山の上の方が、くずれて、土石がここまで流れてきたと思うと、火山のエネルギーは、すごいなと思います。

中瀬沼探勝路を進んでいくと、分かれ道があります。
nakasenuma16.jpg
案内の看板があるので、迷わず進むことができます。
nakasenuma17.jpg
レンゲ沼探勝路に戻ってきました。
このあたりは、湿地の上で木道になっています。

スタートしてから、川で水遊びをして、中瀬沼展望台で休憩して、スタート地点に戻りました。
1.8kmで、約1時間でした。
今日9月14日は、晴れていますが、暑くはなくハイキング日和でした。

よかったらこちらをクリック

写真(植物・花)ランキング

福島県ランキング

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

ランキング参加中
応援おねがいします
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
最新コメント
リンク
QRコード
QR