辛口ながらも優しい口あたり「喜多方テロワール」

福島県喜多方市の、会津ほまれ酒造「喜多方テロワール」を紹介します。

蔵元:会津ほまれ酒造(喜多方市)
喜多方テロワール EPISODE Ⅱ(夢の香)純米無濾過生原酒
麹米:喜多方産 夢の香 100%
掛米:喜多方産 夢の香 100%
酵母:うつくしま夢酵母
精米歩合:70%
アルコール度数:16%
日本酒度:+5.0
酸度:1.6
アミノ酸度:1.05
homareterowa-ru01.jpg
購入先:やまや門田店(会津若松市)
720ml 1100円
感想:ほのかに香るフルーティーな香り。
すっきりしたのどごし。
甘味は少なく、辛口ながらも優しい口あたり。
口の中に米の味が広がる。

酒量販店のやまやの店頭で、見たことがないラベルの「ほまれ」を見つけました。
「喜多方テロワール」の文字の上は、喜多方市の形か。
値段が安いのは、ほまれのいい点なので、まずは飲んでみようと買ってみました。

テロワール(terroir)とはもともとワインの原料である葡萄に対して使われていた言葉です。
品種だけではなく気候や土壌、風土などの生育環境にも焦点を当て、土地の個性を生かした味わいを押し出す言葉として、コーヒーやお茶、農作物、肉など広く使われる様になりました。
日本酒の原材料は、米と水。
喜多方産夢の香(福島県で開発した品種)と、飯豊山の伏流水(超軟水)で造ったのが、喜多方テロワールです。

EPISODE Ⅱ(夢の香)は、今年2021年11月に新発売になったブランドです。
店頭で見つけたのは、発売直後でした。
5月には、喜多方テロワール EPISODE I(山田錦)純米吟醸が、発売になっていました。
純米吟醸も飲んでみたいですが、今年の分は、もう売り切れのようです。

よかったらこちらをクリック

日本酒ランキング

福島県ランキング

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

ランキング参加中
応援おねがいします
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
最新コメント
リンク
QRコード
QR