鶴ヶ城天守閣 秋の企画展「1868年の会津藩」

福島県会津若松市の鶴ヶ城、その天守閣の中で開催中の企画展「1868年の会津藩」を紹介します。
turugajo01.jpg 
鶴ヶ城は、昭和の時代に天守閣が復元され、美しい城として、観光名所になっています。
外から眺めてもいいのですが、天守閣の中が、資料館として公開されていますので、ぜひ、入ってみてください。
入場料は、大人410円ですが、観光パンフレットなどに、割引クーポンが付いているので、探してみるといいです。
常設展では、葦名氏の時代から、幕末までの鶴ヶ城(若松城)の資料や映像を見ることができます。
今年は、戊辰戦争があった1868年から150年ということで、会津若松市内でいろいろなイベントをやっています。
鶴ヶ城でも、9月15日~11月6日、企画展として「1868年の会津藩」を開催しています。
turugajo02.jpg 
戊辰戦争は、当時の会津藩にとって、「義」を守る戦いでした。
その歴史を振り返る貴重な資料が展示されています。
turugajo03.jpg 

まず、城の外側と最上階からの景色を紹介します。
城の本丸に入る西側の門の前から見た天守閣です。
高い石垣の上に、白いきれいな天守閣が見えます。
turugajo05.jpg 
天守閣の最上階の五層から見える景色です。
天守閣から続いているのは、南走長屋と千飯櫓です。
turugajo06.jpg 
天守閣の下、本丸跡は、広場になっています。
turugajo07.jpg 
天守閣から北の方を見ると、門から続く追手通りが見えます。
ここは、戊辰戦争で会津藩の降伏式を行ったところです。
turugajo08.jpg 
北東の方には、会津のふるさとの山、磐梯山が見えます。
turugajo09.jpg 

天守閣の中は、五層になっています。
一層から四層までが、資料館になっていますが、撮影禁止です。
展示されている様子を紹介できません。
そこで、今回の企画展の資料集「一八六八年の会津藩」を買いました。
展示されていたものの写真と資料でボリュームがあります。
turugajo10.jpg 
いくつかの写真を紹介します。
当時の会津藩主松平容保の写真です。
turugajo11.jpg 
京都の戦争の絵図です。
turugajo12.jpg 
会津若松城下の絵図です。
turugajo13.jpg 
奥羽越列藩同盟の旗です。本物が展示されています。
turugajo14.jpg 
新政府軍が持ち込んだ錦旗です。
これにより新政府軍が官軍、会津藩が賊軍になりました。
turugajo15.jpg 

貴重な資料が展示されている天守閣の企画展に、行ってみてください。
福島県立博物館とは、内容が重ならないようになっています。

また、10月には、本丸などで、イベントが企画されていますし、紅葉がきれいになる時季です。
turugajo04.jpg 
会津においでください。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

コメントの投稿

非公開コメント