可憐な黄色い花が見ごろ「福寿草まつり」

2022年4月6日
福島県喜多方市山都町沼ノ平の「福寿草まつり」に行ってきました。
hukujusou040601.jpg
喜多方市内から約20km、飯豊連峰の登山口に近い沼ノ平に、福寿草自生地があります。
この時期になると、福寿草まつりが開催されます。
今年の福寿草まつりは、3月26日から始まりました。
hukujusou040602.jpg
まつり期間は、4月10日まで、土・日は、そばや、物産販売があり、多くの見物客でにぎわいそうです。
今日は、10時に着きましたが、お客さんは、数人でした。
駐車場で、1人300円の協力金を払って、遊歩道に行きます。
hukujusou040603.jpg
初めは、細い道を下っていきます。
満開になった福寿草がきれいです。
hukujusou040604.jpg
福寿草は、朝に開花して、午後には、閉じるので、見に行くのは、晴れた日の午前中がいいです。

途中に、棚田があります。
hukujusou040605.jpg
以前は、田んぼだったようですが、今は、水がたまっているところに、水芭蕉が花を咲かせています。
hukujusou040606.jpg
水芭蕉も、ちょうど見ごろです。
hukujusou040607.jpg
別の田んぼには、オタマジャクシがいました。
卵から出たばかりのようです。
hukujusou040608.jpg
棚田を上っていくと、福寿草が群生しています。

福寿草は、雪が融けたところから咲き始めます。
hukujusou040609.jpg
今年は、雪が多かったので、咲き始めが遅かったようです。
今日も、雪の近くでは、つぼみでした。
hukujusou040610.jpg
棚田の上の斜面は、黄色いジュータンのようになっています。
ここには、100万株の福寿草があり、きちんと整備、管理されています。
hukujusou040611.jpg
棚田の上の方は、まだつぼみがありましたが、見ごろは、あと数日かなというところです。
hukujusou040612.jpg
福寿草まつりは、4月10日までです。

今回は、2019年3月以来、3年ぶりに行きました。
歩いたコースは、ゆきげの小径の半分ぐらいです。
途中には、休憩所、投句箱、トイレ等も設置されており、黄金色の花群を存分に楽しめます。
今週末は、天気がいいようなので、行ってみてはどうでしょうか。

よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

ランキング参加中
応援おねがいします
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
最新コメント
リンク
QRコード
QR