会津藩その後⑩ 会津から皇族へ

1928年(昭和3年)9月28日、昭和天皇の弟・秩父宮雍仁親王と、松平節子(まつだいらせつこ)さんが、結婚しました。
kouzoku01.jpg 
松平節子さんは、戊辰戦争(会津戦争)の時の会津藩主・松平容保の六男で外交官の松平恆雄の長女です。
kouzoku03.jpg 
「逆賊」「朝敵」といわれ、会津戦争で降伏した1868年(明治元年)9月から、60年でした。
旧会津藩の士族の復権につながり、会津人は感激して、提灯行列でお祝いしたということです。
成婚に際し、皇族の「節子(さだこ)」の同字を避け、皇室ゆかりの伊勢と会津松平家ゆかりの会津から一字ずつ取り、同音異字の勢津子に改めました。
kouzoku02.jpg 

節子さんが、結婚する前に家族と宿泊したのが、東山温泉の新滝です。
新滝では、3階建ての別館を建ててお迎えしました。
昭和48年に、会津若松市内の御薬園に2、3階部分が移築されました。
kouzoku04.jpg 
勢津子さまの誕生日、9月9日にちなみ、「重陽閣」と命名されました。
kouzoku05.jpg 
室内が公開されることがあります。
kouzoku06.jpg 

1990年(平成2年)6月29日、秋篠宮文仁親王と、川嶋紀子(かわしまきこ)さんが結婚しました。
kouzoku07.jpg 
川嶋紀子さんは、会津藩士池上武輔の息子、池上四郎のひ孫に当たります。
池上四郎は、1857年(安政4年)、会津若松市で生まれ、11歳の時、会津戦争を経験し、父と共に斗南藩へ移住しています。
その後、1913年(大正2年)、57歳で大阪市長に就任しています。
kouzoku08.jpg 

会津戦争後の120年間に、会津人の子孫の2人が皇族に嫁いでいるというのは、会津人が誇りとするところです。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

コメントの投稿

非公開コメント