猪苗代の初市 十三日市 商店街は大にぎわい

福島県猪苗代町の初市は、毎年、1月13日に行われる十三日市です。
商店街は大にぎわいでした。
juusanniti01.jpg 
会津地方では、400年以上前から、それぞれの町で、定期的な市が立っています。
猪苗代の市も古い歴史があり、1月の初市は、十三日市と呼ばれ、町の行事として盛大に行われています。
juusanniti03.jpg 
10時前に行ってみると、出店の準備をしている段階で、お客さんも少なかったです。
商店街の真ん中に、初市本部があり、祭壇もありました。
juusanniti04.jpg 
縁起物の店では、会津若松市の十日市と同じで、風車と起き上がり小坊師を売っています。
山田民芸店は、一番古い店と言うことで、手作り起き上がり小坊師を売っていました。
本物は、顔が違います。
juusanniti05.jpg 
他の店もありますが、扱っている物は、輸入品のようです。
juusanniti06.jpg 

10時から開会式が始まりました。
猪苗代町長などの挨拶があり、けっこう時間がかかりました。
最後は、鏡開きです。
地酒の「稲川」の樽が開けられました。
juusanniti07.jpg 
この酒は、飲み放題で、みなさん、ひしゃくでついで飲んでいました。
その後、祭り囃子が披露されました。


商店街の通りを歩行者天国にして、露天がたくさん出ていました。
juusanniti02.jpg 
おいしそうな物が、いろいろあります。
juusanniti08.jpg 
露天商の人たちの店が多いのですが、所々に、地元の人の出店があります。
「大判焼き」の店の前に行列ができていました。
店舗の前に、テントを張って店を出している状態です。
並んでいる人に聞くと、おいしい大判焼きで、十三日市の時しか売らない、ということで、みなさん10こぐらい買っていきます。
juusanniti09.jpg 
あんこ、チョコ、クリームの3種類で、どれも1こ120円です。
あんこと、クリームを買って食べました。
あんこも、皮もおいしいです。
juusanniti10.jpg 
店の名前は、「塩屋民芸酒店」です。
この日は、店の中にも、テントにも大判焼きの機械があり、大量に作っていましたが、ふだんは、店が開いているのかな?という感じで、大判焼きは売っていないようです。
sioya.jpg
1年に1回だけの製造販売なのか・・・謎です。
調べて分かったら、アップします。

出店する方も、お客さんも、この日を待っていたようでした。
寒い時季に、みんなで楽しむお祭りという雰囲気でした。
会津のお泊まりは、こちらへ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
リンク
QRコード
QR