そば処・会津で通をうならせる格別の存在「高郷雷神そば」

福島県喜多方市高郷町、「高郷雷神そば」を紹介します。
raijinsoba02.jpg
高郷村(たかさとむら)は、平成の時代に、喜多方市と合併して、喜多方市高郷町になりました。
今は、「ふれあいランド高郷」として、わき水、温泉、漕艇場、カイギュウランド、雷神そばなどを宣伝しています。

今回は、「高郷雷神そば」を紹介します。
「雷神そば」は、かつて高郷にあった「雷神スキー場」の中にあった雷神様のほこらに由来しています。
雷神そばを作って提供しているのは、「ふれあいランド高郷」です。
raijinsoba04.jpg
ふれあいランド高郷は、日帰り入浴ができる温泉がメインの施設です。
その中に、「食堂雷神亭」があります。
raijinsoba06.jpg
そば、うどん、カレーなど、いろいろなメニューがあります。
一押しは、手打ちそば(雷神そば)です。
raijinsoba01.jpg
そばも、冷かけそば、ざるそば、温かいそばなど、いろいろなパターンがあります。
そばを味わうことと、夏限定ということで、高遠そばと、冷かき揚げそばを注文しました。

高遠そば 800円
raijinsoba02.jpg
そばつゆに、辛みだいこん(だいこんおろし)を入れて食べるのが、高遠そばです。
そばは、太めですが太さはそろっています。
かみ応えがあり、こしがあるけど、固すぎないちょうどよい固さです。
かむと甘味があり、そばの味が口の中に広がり、おいしいです。
つゆは、甘めで、だいこんおろしとよく合います。
会津のそばは、あちこちで食べましたが、別格のおいしさと言えます。

冷かき揚げそば 850円
raijinsoba03.jpg
そばは、ざるそばと同じです。
しょっぱくないつゆがかけてあり、ねぎとわびがのっています。
かき揚げは、揚げたてで温かく、冷たいそばといっしょに食べても合います。
そばの味をじゃましない、つゆとてんぷらです。

雷神亭のそばは、店から見えるところで、打っています。
raijinsoba05.jpg
これが高郷雷神そばで、ほかに雷神そばを提供している店は、ないということです。
雷神そば=雷神亭のそば、ということになります。
つなぎなしで手早く打ち上げる絶妙の技で、打ち立て、ゆでたてのおいしいそばを食べることができます。
わざわざ行く価値は、あります。
日帰り温泉もおすすめです。
よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

コメントの投稿

非公開コメント