林の中に咲いている花が変わった 観音寺川上流の散策 初夏編

福島県猪苗代町、観音寺川上流の川桁山登山道を散策しました。
kannonji211.jpg
桜並木で有名な観音寺川に沿って、上流に向かっていくと、川桁山登山道があります。
道の両側は、林になっています。
6月に咲いていた花が終わって、初夏の花が咲き始めました。
林の中に咲く可憐な花を紹介します。

カラマツソウ
kannonji212.jpg
キンポウゲ科の多年草です。
神社の杉林の中に広がっています。
kannonji213.jpg
長い花柄の先に、細い花びらの花が集まって咲いています。
和名は花の形が、カラマツの葉を思わせることに由来しています。

ホタルブクロ
kannonji214.jpg
キキョウ科の多年草です。
林の中、日陰になっている所に、大きな釣り鐘型の花を咲かせています。
和名は、子どもが袋のような花にホタルを入れて遊んだことに由来しています。

シナノキ
kannonji215.jpg
シナノキ科の落葉樹です。
春に新芽が出て、葉を増やし、7月になって、黄色っぽい花を咲かせます。
小さい花ですが、房になってたくさん咲くので、遠くからでもよく見えます。
樹皮は「シナ皮」とよばれ、ロープの材料などに使われています。
最近では、布地にして、バッグなども作っています。

クマノミズキ
kannonji216.jpg
ミズキ科の落葉樹です。
これも、春に新芽が出て、葉を増やし、7月に房状の花を咲かせます。
上向きに花を咲かせるので、緑の葉の上の白い花が目立ちます。
6月に花を咲かせるミズキとは、葉の付き方が違います。

マタタビ
kannonji217.jpg
マタタビ科のつる性落葉樹です。
雄株、雌株、両性株があり、それぞれ形が違う花を咲かせます。
上の写真は、両性花で、おしべとめしべがあります。
下の写真は、雌花で、めしべだけです。
kannonji218.jpg
マタタビのつるは、ざるやかごを編むのに使われます。
実は、食べられますが、おいしくないようです。
ネコ科の動物は揮発性のマタタビラクトンと総称される臭気物質に、恍惚を感じることで知られており、ネコがマタタビに強い反応を示すさまから「猫にマタタビ」ということわざが生まれたようです。

林の中は、初夏の花に変わりました。
季節が進んでいることが、よく分かります。
近くのホテルリステル猪苗代では、ランチ、日帰り温泉営業中です↓

よかったらこちらをクリック

動物園・水族館・植物園ランキング

福島県ランキング

コメントの投稿

非公開コメント