猪苗代町のイチョウの巨木が黄葉「都沢の公孫樹」

福島県猪苗代町、都沢の公孫樹が黄葉しました。
tozawa01.jpg
JR磐越西線の関都駅の近く、都沢(みやこざわ)地区に、イチョウの巨木があります。
樹齢700年と言われるこの巨木全体が黄色く染まり、とてもきれいです。

イチョウの木は、地蔵堂の境内にあります。
tozawa02.jpg
イチョウの樹齢700年というのは、地蔵堂の創建時に植えられた木ではないかとされています。
つまり、地蔵堂ができたのが、700年前ではないかと言うことです。
tozawa04.jpg
地蔵堂の中には、六地蔵が祀ってあり、つるしびながあります。
tozawa05.jpg
地蔵さんは、等身大と言うことで、140cmぐらいの大きいものです。

イチョウの木や葉は、水分を多く含んでいます。
イチョウの落ち葉は、燃えにくく、落ち葉焚きには、使いません。
tozawa06.jpg
木造茅葺きの地蔵堂を火災から守るために、イチョウの木を植えたのではないでしょうか。

このイチョウの木には、たくさんの実(ぎんなん)が付いています。
tozawa07.jpg
この実は、村人に秋の恵みをもたらしたようです。
tozawa03.jpg
「公孫樹」とは、孫の代に実がなる樹という意味です。
公孫樹と書いて、イチョウと読むと言うことです。

「イチョウ」とは、
tozawa08.jpg
中国で、葉の形から鴨脚樹(ヤーチアオシユー)と呼んでいます。
これを日本でヤーチャオと聞き、さらにイーチャオと転訛(てんか)し、後にイチョウとなったと言われています。

都沢のイチョウの木は、猪苗代町内では最大と言われ、高さ25mあります。
tozawa09.jpg
幹周は、6.5mあり、太い枝がたくさんあります。
tozawa10.jpg
見上げると、その高さ、大きさに圧倒されます。
tozawa11.jpg
日光をさえぎるような黄色の葉が、落ち始めています。
tozawa12.jpg
木のまわりは、黄色いジュータンを広げたようになり、
tozawa13.jpg
陰を映しています。
tozawa14.jpg

黄金色のりっぱな実が、たくさん落ちています。
tozawa15.jpg
少し拾ってきたので、果肉をよけて、おいしくいただきます。

よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
リンク
QRコード
QR