厄除長寿 ころり観音「西会津町 鳥追観音」

福島県西会津町、「鳥追観音」を紹介します。
torioi01.jpg
西会津町野沢、磐越自動車道西会津ICから車で5分ほど走ると、鳥追観音があります。
広い駐車場があり、大きな看板があって、わかりやすいです。
torioi02.jpg
今から1280年前、天平8年の春、行基菩薩が会津のこの地を訪れた際、貧しい農家に宿されました。
子に恵まれず、鳥獣害による不作の貧苦にくれる農夫に憐れみをかけ、正観音の御尊像をお授けになられました。
その霊験いちぢるしく「鳥追観音」と尊称されるようになりました。
torioi04.jpg
大同2年(807年)、徳一が会津に来ます。
会津に西方浄土の寺を建立しようと志し、金剛山如法寺を建立されました。
御本尊は、行基が開眼した正観音です。

駐車場から入ると、仁王門があります。
torioi05.jpg
仁王門の入口は、東側です。
torioi03.jpg
仁王門と観音堂は、慶長16年(1611年)の会津地震で倒壊し、その2年後に再建されたものです。
福島県重要文化財に指定されています。
torioi04.jpg
古いですが、しっかりした細工が見られます。
torioi07.jpg
金剛力士像は、平安初期の木彫です。
torioi08.jpg
寺の創建当時のものと思われます。
福島県重要文化財です。

観音堂は、東向きに建てられています。
torioi09.jpg
階段を上って、堂内に入ります。
torioi10.jpg
中に入ると、右側、つまり南の方を向いて、正観世音菩薩像があります。
1200年前のもので、福島県重要文化財です。
写真撮影OKです。
東から登って堂に入り、北の宮殿に向かって御本尊を拝し、西に出るようになります。
現世から来世に向かう世の中を示しています。

御本尊の左には、身代わりなで佛があります。
torioi12.jpg
これをなでると、病魔を除いて心身が軽くなると伝えられています。

大きな2本の柱は、福結びだきつき柱と言われています。
torioi13.jpg
男柱と女柱があり、抱きついて祈願すれば、福縁が結ばれ、願いが叶うと言われています。
torioi14.jpg
女柱の前が、お札受所になっていて、御朱印を受け付けています。
torioi18.jpg
なかなか味わいのある書です。

この鳥追観音は、会津のころり三観音の一つになっています。
三観音を巡拝し、念ずれば、苦しみを除き、現世に無比の幸福を得さしめ、寿命安楽、福寿円満にして悲願の大往生を遂げさせ給うと言われています。

今年の目標だった、ころり三観音巡りは、これで完了しました。
3月2日立木観音、4月25日中田観音、12月2日鳥追観音でした。

観音堂の入口には、もう一つ珍しい物があります。
torioi15.jpg
彫刻隠れ猿です。
慶長18年に観音堂を再建したときに、左甚五郎が、大悲に一生の安楽を念じて、3匹の猿に心をこめたと伝えられています。
torioi17.jpg
危難より隠れさる(鷹に襲われた猿)
torioi16.jpg
危難をのがれさる(鷹は猿を見失い難を逃れた猿)
三つ目の「安楽に暮らしさる」は、見つけられませんでした。
心に迷いがある人には、見えないということです。

山門のわきには、コウヤマキがあります。
torioi19.jpg
これも樹齢1200年と言うことなので、創建当時の木でしょうか。
torioi20.jpg
古い歴史を感じる寺です。

説明が詳しくて、御本尊を拝することができ、写真撮影がOKということで、参拝しやすいお寺です。
福島県内のテレビ番組にも、時々出てきます。
冬は、雪が多い所なので、春になったら行ってみませんか。

よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
リンク
QRコード
QR